過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

バックマン家の人々

  
イメージ 1
<ストーリー>
バックマン家の長男、ギル(スティーヴ・マーティン)は、3人の子供を持つ父親だが、長男の教育に悩んでいた。ギルの姉のヘレン(ダイアン・ウィースト)は、夫と離婚し、二人の子どもを女手ひとつで育てていたが、下の男の子の反抗的態度が悩みの種。ギルの妹のスーザン(ハーレイ・ジェーン・コザック)は、娘を英才教育していた・・・。

<感想>
バックマン家のおばあちゃんから、ひ孫まで、総勢何人出てきたでしょう。
14人ぐらいかな。
それに、恋人も絡んだりするわけで、何しろ、登場人物が多いです。

昔見たときは、キアヌ・リーブスぐらいしかわからなくて、面白かったけど誰が誰だか分からなくなって、大変だったように記憶しています。

今では、ほとんどの人を知っているので、なんと豪華なキャストの映画なんだろう!と、びっくりですね〜。

その大勢のバックマン一族の、すったもんだのドラマが描かれています。
子どもが、幼児から高校生ぐらい。
この頃が、やっぱり、人生で、一番大変な頃なんでしょうね。

冒頭の、野球場から家に帰って、子どもたちを寝かしつけるまでの、膨大な労力!
見ているだけで、こちらまで、ほとほと疲れてしまいました。
世のお父さん、お母さん方の大変さが、よ〜〜く分かる映画です(^^)。

その他にも、反抗期あり、子どもの恋愛あり、教育あり・・・。
それぞれが、本当に良く描かれています。
大変な時期だけど、愛情にあふれた、すばらしい日常。
いろいろな事情に、正面から向き合って、折り合いながら、生活することで、新たに生まれる喜び・・・。
こういう騒動は、古今東西、あんまり変わらないんでしょうね。

キャストは、それぞれ魅力的ですが、
中でも驚いたのは、子役のホアキン・フェニックスが、キアヌ・リーブスと、共演していることです。
まだ、この頃は、リーフ・フェニックスという名前だったんですね、ホアキン(^^)。
この映画が縁で、キアヌとリヴァーは、知り合ったのかな??
マーサ・プリンプトンも出てるし、どんな撮影風景だったのかしら・・・と、想像するだけでも楽しいです(^^)。(2012,02,26)


1989年 アメリカ (PARENTHOOD)
コメディー

<監督>ロン・ハワード
<キャスト>スティーヴ・マーティン  ,メアリー・スティーンバージェン, ダイアン・ウィースト, トム・ハルス, マーサ・プリンプトン, キアヌ・リーブス, デニス・デューガン, リック・モラニス 、 リーフ・フェニックス

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事