ここから本文です
空路 〜My way〜
Sometimes by Step

書庫全体表示

鶴見緑地キャンプ。

イメージ 1
金曜日、急いで家に帰って、キャンプ道具を持って鶴見緑地キャンプ場へ。
受付でキャンプの注意事項を確認。まずテントを組み立ててくれとのことだった。
自分の場所でテントを組み立てる。他にも5組ぐらいテントを張っていた。
「そのテントで寝るん?やねだけやでー」と疑問があったが聞く事はできない。
イメージ 2
みんなはバーベキューの準備をしていた。
「ここでバーベキューできるんやー」と1つ勉強。
今回は夜ごはんにお弁当持参。次回があるなら炭を持ってこよう思う。
すぐに8時になる。いつも子供たちは寝る時間。
テントに入る。周りはまだまだ騒いでいる。しかしいつの間にかお休み…。

久しぶりのテント。寝袋はあるが地面は堅い。当たり前か…。
よく寝たのか分からないが、5時前に目が覚める。
もう鶴見緑地の歩道を歩く人が。早いなぁ。
イメージ 3
一度、外に出てみる。
そしたら、昨日はたくさん人がいたのに、
朝になればキャンプ場内は
うちの家族とあと1人だけ…。
「えっ、みんな帰るんや」
キャンプじゃなくバーベキューがメイン??
ここにホンマに泊まるんやーと思われたのかな…。
でも一度、みんなでテントで寝た事はよかった。
ひとつ分かった事。
これからキャンプを続けるなら、
あまちゃんかもしれないが
エアーベッドが必要である。
これは次回までに購入しよう。
快適な睡眠の為に…。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事