自分旅と家族のアーカイブ【ツーリングと家族の記録】

Blog引越します。以後更新はこちら→ http://bstouring.com/ です!!

MYアウトドア アイテム

[ リスト | 詳細 ]

キャンプグッズのコーナーです!
記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

騙し騙し、オイルを塗りたくって使い続けたポンプカップが流石に機能しなくなってきたので交換しました。
Amazonで491円でした。

イメージ 1


古いポンプカップを外します

イメージ 2

左側が外した古いポンプカップ

イメージ 3


柔軟性が無くなってきて、硬くて一回り小さくなっているような状態

イメージ 4


これでは効率良くポンピングできません

イメージ 5


新しいポンプカップを取り付けました

イメージ 6


オイルを塗ります

イメージ 7


本体に取り付けます

イメージ 13


取り付け完了

イメージ 8

イメージ 9


前回の野辺山キャプションツーリング時に、中津川林道走行などで3つも破れてしまったマントルの予備も取り寄せました。

イメージ 10


ケースに入れて出番を待ちます

イメージ 11


再来週の東北ツーリングの準備を進めます^ ^

イメージ 12

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

ツーリング動画の撮影用のアクションカムの外部マイク(シート下に設置)を、Panasonic製からSONY製に交換したため、余ったPanasonic製の有効活用をしました。

イメージ 1


愛用のNikon D7000は動画も綺麗に撮影出来るのですが、内蔵マイクがモノラルのうえ、レンズのズーミング音がかなり大きく入るため外部マイクをいつか付けたいと思っていました。

先ずはベース作り

イメージ 10


SONYのアクション用のスケルトンフレームのパーツをカットして、ゴム板とマジックテープを貼り付け


予め取り寄せておいた、ホットシューのアダプタ

イメージ 9


これに、ベースとマイクをマジックテープで固定

イメージ 2


取り付けは上手くいきましたが、長いコードが邪魔です

イメージ 3


そこでカットして

イメージ 4


半田づけして、ビニールテープで保護

イメージ 5

ちょいと不格好に成りましたが完成(笑)

カメラに取り付け

イメージ 6

イメージ 7


撮影テストを行い、ステレオでしっかり録音されている事を確認

余っていた100均のケースに収納し、カメラバッグに入れました。

イメージ 8



各種バッテリーを充電したらGWの東北ツーリングのカメラ類の準備は完了です^ ^

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

愛機D7000のイメージセンサーにゴミが目立ってきたのでニコンにクリーニングをお願いしました。

延長保証を付けていたので無料です。

サービスセンターに持ち込みも考えていましたが、ピックアップサービスが便利のようなので初めて利用です。

Webで申し込むと、2日後に梱包用のダンボールが届きました

イメージ 7




開封しました

イメージ 8



中は緩衝材で満載です

イメージ 1


送り状、送付要領説明書、カメラを包むビニール袋、そして梱包用のガムテープ^ ^

イメージ 9



カメラを

イメージ 2


ビニール袋に入れて

イメージ 3


緩衝材の中にセット

イメージ 4


隙間なく♪

イメージ 5


ふた閉めて、送り状を貼って完了

イメージ 6




本日の夕方に受け取り(ヤマト)にきました。

10日位かかるのかな?

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

キャンプツーリング用のホムセン箱の中を上手く整理するため、ちょいと工夫してみました。

イメージ 1

まずは、ファミリーキャンプ用に使っていた「レジカゴ」にストーブやランタン、食器類、調味料などを入れて、

キャンプ場では、ホムセン箱からこの状態で取り出して地面の上に置いて使う事を考えると、底の汚れなどが気になるため

イメージ 3

イメージ 2

レジカゴバッグを買って

イメージ 4

下から被せて

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

ホムセン箱に入れます。
たまたまですが、アクションパッカーの奥行き、高さにピッタリです。

反対側の空いたスペースに

イメージ 8

寝袋、エアマット、炭、B6君、ポールなどを入れて

イメージ 9

アルミマットを最後に入れて

イメージ 10

蓋を閉めて完了。

アルミマットのおかげで、中のがたつきも無くなり、良い感じです。

これをGIVIのリアキャリア上に載せ、テント、タープなどは別途防水バッグに入れて、リアシートを外したキャリア上に載せます。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)


イメージ 1
イメージ 2

■Chinook(チヌーク) キャニオン ハードアノダイズド フライパン 8.5インチ(21.5cm)
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
久々にフライパンを買いました。
かなり悩んだ末に、こちらを選びました。
条件として、取っ手が格納出来る事とサイズが20cm以上ある事の2点。
探すと、この商品の他は見当たりませんでした。
レビューを見ると、「取っ手が緩くて直ぐに動く」と言うもの。
そこで、傷付かないようにダンボールを挟んでペンチでかしめました。
イメージ 8
イメージ 6
イメージ 7
これで、緩さ解消です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 抗菌伸縮ウォータージャグ 3L
イメージ 9

これまで、ファミリーでも、ソロでも10Lの蛇腹を使っていましたが、ソロではオーバースペックでした。
イメージ 10

比較です。こんなにちがいます(笑)
ロゴス(LOGOS) 着火剤 防水ファイヤーライターこれも、最近愛用の着火剤です。チャコスと合わせて、オガ備長炭が綺麗に着火します。
レジカゴバッグ×2種
これは、ホムセン箱の中の整理用です。

さて、週末キャンプの準備が揃いました。
楽しみです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事