鳥獣戯語

[散歩道]を新設。俳句のネタにと思いながら果たせなかった写真をどうぞ・・・

『破戒』に出てくる人々

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ ]

敬之進の後妻の巻

 小説は丑松が蓮華寺に引っ越すところから始まります。丑松が急に引越しを思い立ったのにはわけがあります。それまで下宿していた宿に逗留していた大日向という資産家が、部落民だということがばれて、その宿を追い出されたのです。降って沸いたようなこの暴虐に、丑松は身の危険を感じ取ったのでした。

 放逐された大日向のことを思い、その運命に引き映されてくる自分の将来への憂いに打ちのめされているそのときに、丑松は敬之進の後妻が野良で働く姿に行き会うのです。
 まつわりつく5人の子どもたちをけんか腰で叱りつけながら、彼女は一刻を惜しんでせっせと稲こきをしています。烈しく照りつける秋の陽の中で、丑松は藁によの蔭から「この労働の光景(ありさま)」を眺めたのでした。藤村は次のように書いています。
「図らず丑松は敬之進の家族を見たのである。あの可憐な少年も、お志保も、細君の本当の子ではないということが解った。夫の貧を養うという心から、こうして細君が苦労しているということも解った。五人の子の重荷と、不幸な夫の境遇とは、細君の心を怒りやすく感じやすくさせたということも解った。こう解ってみると、猶々丑松は敬之進を憐れむという心を起こしたのである。」
ここに現われた「憐れみ」は、もう同情以上の「親近感」というべきものです。

 哀れみの情がそれほど近しいものとなったとき、丑松の心に変化が起きます。
「今はすこし勇気を回復した。明らかに見、明らかに考えることができるようになった。」と、藤村は書いています。そして、丑松の内部から「鬱勃たる精神」が頭をもたげてきて、敬之進とその家族をそういう状態に押し込めている外部の何者かに対して、また、大日向や蓮太郎(彼については別に触れます)や丑松自身を押しつぶそうとする外部の何者かに対し、立ち向かって行こうとします。

 藤村は書いています。
「『しかし、それがどうした』と丑松は豆畠の間の細道へさしかかった時、自分で自分を激励ます(はげます)ように言った。『自分だって社会の一員(ひとり)だ。自分だって他の人と同じように生きている権利があるのだ』
この考えに力を得て、やがて帰りかけて振り返ってみた時は、まだ敬之進の家族が働いていた。」

 悄然としていた丑松にこのように勇気を回復させ、「自分だって同じように生きている権利があるのだ」という考えを蘇らせたのは、ほかならぬ敬之進の細君の姿でした。「気が狂いそうになる」生活の中で、一家7人の命を支えるために死に物狂いで働く姿でした。
 しかもその労働の上がりはといえば、収穫の7割近くも小作料として地主に収めなければならなかったのです。藤村が『破戒』にとらえた「労働」とは、実にこうした厳しい現実生活を支えるものでした。

開く コメント(0)

風間敬之進の巻

島崎藤村の『破戒』は暗いとよく言われますが、人間に光と影があるとすれば、藤村は「影を描く天才」だからだと思います。

『破戒』の主人公は被差別部落出身の青年教師・瀬川丑松ですが、彼についてはすでにいろんな人が言及していて、もう言い尽くされていますので、ここでは丑松を取り巻く一人一人について採りあげていきたいと思います。

さて、誰から採りあげましょうか。まずは、藤村が心血を注いで描いた風間敬之進にしましょう。

敬之進は武士の出です。明治時代は士族といいました。武士とはいっても、下級武士です。
明治維新で武士は特権を剥ぎ取られましたが、手に職を持たなかった武士は、とりわけ下級武士はことごとく落ちぶれてしまいます。「まあ、士族ほど役に立たないものはない」と敬之進が述懐する通りです。
実際、敬之進は「だって我輩は何にも知らないんだもの」と力なく手を振りながら、いつも呑んだくれています。
彼は定年間際の古参教師なのに、子どもたちに何をどう教えたらよいのか、さっぱりわからないのです。そのくせ、武士のプライドだけは人一倍強いのです。当然、子どもたちからバカにされるし、校長や同僚からも虫けらのように無視されています。

ところが、丑松はこの敬之進に親近感を持つのです。なぜでしょうか?
呑んだくれで、ぐうたらで、優柔不断で、人の言うなりの彼を、丑松は哀れに思います。が、それと親近感とは別物です。丑松が親しみを覚えたのは、そういう敬之進の無為徒食にではなく、永年の教師としての功績も紙切れ同然に扱われて、あとわずか半年辛抱すれば恩給がつくというのに、ひたすら邪魔者として社会から葬り去られていく敬之進の姿に、自分と同じ虐げられた無力な存在を見出したからです。

けれども、この虐げられた無力な二つの存在は、互いに心を寄せ合いながらも、お互いのために何ひとつ力を貸すことができませんでした。丑松は敬之進のために恩給をつけてくれるようにと、郡視学(今なら教育委員会のえらいさん)と談判しはしましたが、結局は規則の前にすごすご引きさがらざるをえませんでした。彼にできたことといえば、敬之進の退職後、奉公に出されようとする省吾(教え子であり、敬之進の長男)のために授業料を立て替えようとしたに過ぎません。そのお金とて、敬之進の酒代に変わらない保障はなかったのです。
一方、敬之進も丑松のために何ひとつしてやることはできませんでした。彼が丑松のためにしたことといえば、他の人のようには「えた」を攻撃しなかったことだけでしょうか。数々の主要な登場人物の中で「えた」についての自分の意見を一言も口にしないのは敬之進ただ一人です。けれども、それは彼が細君やその子どもたちの生活のことで身も心も疲労困憊しきっていて、ほかの事まで考える余裕がなかったからというのが実際のところなのです。そして今日も彼は年がら年中同じ「黒木綿の紋付羽織、垢染みた着物、粗末な小倉の袴」の出で立ちで、自分の代わりにあくせく働く細君に「すまない」と思いながら、ごろ寝を決め込んでいるのです。

開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事