かまたきごはん

むささび農園〜農的暮らしと有機農業 東広島より〜

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1
田植えの時期になってしまいました。
ここら地域で最も遅い田植えです。
畑の作業との兼ね合いと、田んぼの草取り期間の短縮を狙っていつも6月の10日前後で田植えスタートです。
苗の仕上がりは上々です。苗の長さは20センチから25センチ。
これなら草抑えに水田の水を深水にしてもなかなか水没しないのです。
ヨツバもニンマリ。前歯生え変わり中です。

イメージ 2田んぼでカメを捕まえたヨツバさん。ニンマリです。これはたぶん日本古来からの在来種、日本イシガメと思われます。
「放してやってよ」と言う父や母の声を聞かず家に持って帰ったヨツバ。傍らにカメを置きつつ洗濯物を取り込んでいたヨツバを横目に、どうやらイシガメさん見事に脱走。気づいたときにはカメの姿なく大泣きに泣いたヨツバでした。
今年、一枚の田んぼにカブトエビが発生。カブトエビが大発生し活発に動いてくれれば、常に田んぼの表面をかきまぜ、濁らせ、草を抑えてくれるはず。新しい希望の星になったくれるのか?それともなってくれないのか?
カメでもエビでもいいですから草を草を抑えてください。
イメージ 3田植えは半分終了。残りの半分は6月19日の予定です。その間に麦刈りをしました。仕事に切れ目なしです。ヤレヤレです。
しかし毎年のことながら麦の収量が良くないです。まだ乾燥が終わっていないので何とも言えないのですが、1200㎡ほど作って150キロほどの小麦。倍くらいほしいです。これじゃ利益なんてレベルの話じゃないです。なんて愚痴りたくもなります。
でもこれは、利益がいくらとか費用対効果とか赤字とか黒字とか、そんなことではなく、これは生き方の問題なのだ。麦、米、大豆、野菜作ります。そんなことが好きでやっているのだから、そこに損得は関係ないのだ。僕らの楽しみ、僕らの価値は,作るプロセスそれ自体。それと結果としての収穫物を美味しく食べて生きること。そう自分に言い聞かせて、言い聞かせながらも来年はもうちょっと収量が上がるように頑張ろうって小さく誓いました。
現在、収穫した麦を乾燥中の乾燥機が調子悪い。なので明日、修理が必要で、まったくヤレヤレな気分です。機械を直せるのか直せないのか、こんなことも僕が楽しむべきプロセスの一部なのだ。きっと。イメージ 4

友人の手作りワンピース。まみちゃんありがとねー。三人とも喜んで着てます。サイズもいいみたい。

ヨツバ、ナナホ、イチエ、元気です。
ヤオキ、カヨ、ロク、みんな元気で生きてます。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事