かまたきごはん

むささび農園〜農的暮らしと有機農業 東広島より〜

全体表示

[ リスト ]

トキ一歳の時

一期一会。
この瞬間は2度と来ない一度きりのもの。だからこの時を大切に過ごしましょう。

この言葉の意味が、意味以上のものが感じられる一年だったです。

イメージ 1去年。トキの心臓手術の後。文字通り彼女は生死の境に居ました。

苦しそうな彼女を見て
「がんばれ」
とか
「絶対死ぬな」
なーんて声掛けはできませんせんでした。

だって、すでに文字どおり一生懸命で。生きようとしていて。これ以上彼女にどうしろって望むものはありませんでした。

だから決めました。一緒にいようと。一緒にいて一緒に苦しもうと。
トキに出会えたことを感謝して、今出会えているこの瞬間に感謝して。

で、ぼくとカヨさんは、「そばにいるからね。」「一緒だからね。」と声をかけ続けました。トキの全てを受け入れたいと思っていました。トキの全ての中にはトキの死も含まれていました。

死を受け入れることで、トキへの感謝、この一瞬への感謝みたいなものが・・・なんて言いうのがいいのか分かりませんが、色濃くとか、色鮮やかにというか・・・。言葉の意味が分かるとか気づくとかに近い様な、それでいてそれ以上というか、それとはまったく違うというか・・・。感謝の意味が僕の中で以前のそれとは違くなっった気がします。

ありがたい。とは、有り難しと聞いたことがあります。今この状態にあることは当たり前のことではない。むしろ、奇跡的なことで・・・。貴重なことで・・・。そう言うことなんだと思います。

トキへの感謝は、トキに出会えているこの瞬間への感謝につながり、この瞬間があるのは、歩んできたじぶんの人生全体であったり。カヨさんの存在であったり。カヨさんの人生であったり。子供たちであり。両親。兄弟。祖父母。家族であり。友達。ご近所さん。知人。先祖。歴史。自然。神。善も悪も。正も負も。生も死も。すべて。
たくさんの有り難しが集まって今があるのだと。

そしてそれを気づかせて、感じさせてくれたトキに「ありがとう」で。
すると、またこの出会いへの感謝は増し・・・・・切りがない。
イメージ 2イメージ 3イメージ 4












閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事