かまたきごはん

むささび農園〜農的暮らしと有機農業 東広島より〜

全体表示

[ リスト ]

十希が旅立ちました。



イメージ 1
十希(とき)が息を引き取りました。
2019年2月18日。夜明け前の2時15分。母に抱かれて、やおき、よつば、ななほ、いちえ、父に囲まれて、安らかに眠りの中でその小さな心臓を休ませました。3月5日の誕生日に3歳になる前でした。

これまで多くの方々に応援とご心配、温かな言葉、支えをいただきました。皆さんに支えられてこれまで頑張ることができました。ありがとうございました。

 約3年の十希のその命は、短くも長くもなく、十希に与えられた丁度よい時間だったのだと思います。その体もおよそ4キログラムと最後まで小さなものでしたが、その体も、またその心臓も、十希がこの世でその人生を味わうために必要な丁度いいものだったのだと思います。
 そして、その小さな器の中に、その短い時間に、いっぱいの愛をたくさんの方々に詰め込んで頂きました。僕は常に十希の隣で目の当たりに見させてもらい、世界がこんなに暖かだったんと気づかされました。

 十希と十希の生涯をとおして、僕ら家族はそれぞれ体験し、学び、成長させてもらいました。それは必ずしも楽な道ではなく、苦しさもありました。そしてその同じ道のりの中に、喜びがあり、出会いがあり、思いやりがあり、感謝がありました。
 その道の延長上に、肉体としての十希のとの別れがありました。その別れの時、十希の旅立ちの時、家族が揃い最高の時間を味わうことができました。それは、我々家族にとって、それ以上もそれ以下もないといえるほど、我々にとって完璧な丁度よい時間でした。そこには後悔も不満もなく、未来に対する不安も期待もなく、ただただ、ここに一緒にいられるこの瞬間への感謝「ありがとう」、そう思える時間でした。
 苦悩を含めてすべての道のりが、その最高の時間を味わうために必要だったのだと思います。それなら僕は、これまでの苦しい事柄や悩みや苦しみにも感謝しようと思うのです。そう思える自分があるのは、十希を授かってからの日々があるからだと思います。十希と、十希を支えてくれた多くの人たち、我々家族を支えてくれた多くの人たち、そしてこの世界に感謝です。
十希、生まれてきてくれてありがとう。一緒にいてくれてありがとう。

 十希がすごした最後の場所、その部屋は、「病院」と「我が家」という十希にとって2つの家がひとつに融合した素晴らしい場所でした。その時間と空間を用意するために、たくさんの方々の想いと行動があったことを僕らは感謝せざる負えません。ありがとうございました。
 あのフロアーで働くすべての人にありがとうございました。あの病院で働き、あの病院を支えるすべての人にありがとうございました。あの病院を外から支えるすべての関係者にありがとうございました。
 多くの方からたくさんの差し入れ頂きました、どれも美味しく幸せでした。ありがとうございました。
 近くから、遠くから、温かな言葉やお祈りありがとうございました。
 不在の間、我が家の鶏の世話とえさの準備、ありがとうございました。
 子供たちの送り迎え、ありがとうございました。
 地域や、学校や保育所の行事等に参加できない僕らにご理解、ご協力頂きありがとうございました。
 むささび農園のお米や野菜をご利用頂いている方々、ご迷惑をおかけしました。ご理解ありがとうございました。
 病気を通して出会えた病気を抱えた子たちと、それを支えるお母さん、お父さん、支えをいただきました。ありがとうございました。
 言い尽くせないほどの多くの方々に支えられてきました。ありがとうございました。
イメージ 2

感謝。






閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事