くずはアートギャラリースタッフブログ

くずはアートギャラリーの情報をお届けします

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 5月30日(金)〜6月4日(水)開催中の展覧会のご案内です。


 現在、くずはアートギャラリーでは「感謝の植物画遺作展」と「第6回 北表会作品展」を同時開催しております。


 
 第1展示室の「感謝の植物画遺作展」は、主催者のK氏が昨年64歳で亡くなられた奥様のために供養と感謝を込め、企画された植物画の遺作展です。
 K氏の奥様は生前、草花などを植物学的見地に基づき、細密に描写する「ボタニカル・アート」に魅せられ、5年間京都の文化教室で学び、80点余りの植物画を描き残されました。
 本展では、その中からK氏が厳選したシクラメン・コスモス・アジサイ・ツバキなどの植物画約24点を展示しております。ありし日の故人との想い出を振り返りながら、水彩絵具により丹念に描き込まれた植物画の世界をじっくりとご堪能ください。

 
 
 第2展示室の「第6回 北表会作品展」は北河内・北摂の若手、中堅の表具師11名による作品展です。
 今回の展覧会では、前回(※平成18年6月に当ギャラリーにて開催。)に引き続き、既存のイメージにとらわれない、斬新なデザインの施された創作表具約40点がご鑑賞頂けます。
 近代以降、日本人の生活様式は欧米諸国の影響を受け、大きく変貌を遂げてきました。そして現在、私たちの暮らす住空間を見渡してみても、一昔前まで眼にすることできた襖や障子で囲まれた床の間などが姿を消しつつあります。北表会では、そんな日本人の生活スタイルの移り変わりに着目し、いわゆる“和室”とは異なる空間に、インテリアとして気軽に飾ることのできる掛軸や屏風などを発表し、あらためて表具の魅力を知ってもらおう、と活動されています。
 本展を通じて、「表具」という嘗(かつ)ては日本人の生活様式に根づいていた文化について一度考え直してみてはいかがでしょうか。

 
 ぜひ皆様お誘い合わせの上、くずはアートギャラリーへお越し下さい。
 
 ★ギャラリーへのお問い合わせ:TEL&FAX072-866-3490

この記事に


.


みんなの更新記事