魅せられて

神社仏閣のコーナーです

全体表示

[ リスト ]

2016年3月21日参拝

「與止日女神社(よどひめじんじゃ、与止日女神社)」
佐賀市大和町川上に御鎮座する、永い歴史ある神社で
欽明天皇25年(西暦564年)創祀

式内社、肥前国一宮で、旧社格は県社

別名河上神社、俗に「淀姫さん」とも呼ばれています。

イメージ 1

川上川のほとりにある神社で、肥前国一の宮なのですが
それほど大きな神社ではありません。

昔は横の川で泳げたので、何度か泳ぎに来たことがあります。
夏のシーズンには出店もたくさんありましたが
今は川の汚れもあるでしょうし、周囲にきれいなプールもたくさんあるので
誰も泳がないでしょうね(たぶん)











イメージ 12

イメージ 2

大きな楠ですね〜 

佐賀県を中心とする北九州地方には、與止日女神(淀姫神)を祀る神社が多数あり、そのうち六社が嘉瀬川流域にあるそうです。







イメージ 3

祭神、與止日女命 (よどひめのみこと) はどちらかわからないそうです
・神功皇后の妹
・豊玉姫(神武天皇の祖母)

『肥前国風土記』逸文(神名帳頭注)には、「與止姫神」のまたの名を「豊姫」「淀姫」というとある。また、同書佐嘉郡条には「世田姫」の説話が載り、同一神と見られている。

世田姫といえばこちら
悩みましたね〜
しかし、気になるのは、昔は本殿がなくて
北にそびえる、金敷城山の巨石パークが
ご神体ではなかっただろうかという点です。

いつか詳しく調べてみたいです!






イメージ 4

イメージ 5

金精さん









イメージ 6

由緒
欽明天皇二十五年(564年)甲申冬11月朔日創祀され、朝廷の御崇敬篤く
貞観二年(860年)従五位上に、同十五年正五位下に進められ
延喜の制小社に列して祈年の国幣に預かりました。

のち二条天皇應保の頃(1161年)には肥前国一の宮とされ、
亀山朝の弘長元年(1261年)正一位を授けられました。
(神社HP)












イメージ 7

イメージ 8

狛犬がたくさんいますね〜











イメージ 9

イメージ 10


延長5年(927年)の『延喜式』神名帳では、肥前国佐嘉郡「與止日女神社」と記載され、式内社に列した。
弘長元年(1260年)には最高位の正一位の神階を授けられた。
平安時代、肥前国では田島坐神社(現 田島神社 唐津市加部島)が安全航海の神として崇敬され、神階も当社より上で『神名帳』では肥前国唯一の大社に列していた。しかし、
遣唐使の廃止もあってその地位は低下し、代わって中世以降は国衙に近い当社の地位が高まり、肥前国一宮として崇敬されたという。
(ウィキペディア)












イメージ 11

こいのぼりがたくさんですね〜

鯉ではないですが、この地域に伝わる話を

口碑・伝説 神のお使い「なまず」
当地では、なまずを淀姫さんの御眷族(お使い)といって食べません。
肥前風土記の川上の神の条に「或は人其の魚を畏むものは殃無く、
或は人捕り食へば死ぬこと有り」とある。







イメージ 13

御朱印





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事