魅せられて

神社仏閣のコーナーです

全体表示

[ リスト ]

2016年7月10日参拝

浦姫神社」にお参りした後、「桜井神社」に向かいました





イメージ 1

イメージ 2

梅雨時ということもあり、うっそうとした中から蚊が現れ
攻撃を受けましたが、くじけずに階段を上っていきます







イメージ 3

イメージ 4

階段を上ってびっくり!
こんなに大きな神社だったんだ







イメージ 5

イメージ 6

慶長15年(1610)の出来事は浦姫様のことです









イメージ 7

イメージ 8

現在地はこちら











イメージ 9

与止妃大明神=浦姫様ですから、
浦姫様の御神託によって大神宮が建立されたのです









イメージ 10


イメージ 11

太鼓橋を渡ると










イメージ 12

石畳が









イメージ 13

御手水









イメージ 14

門が立派なのにまたびっくり!
神額は「與止姫大明神」となっています









イメージ 15

イメージ 34

拝殿、本殿はそれ程大きくはありませんでした









イメージ 16

イメージ 17

拝殿の上にかけてある神社の説明板です。
浦姫様の所で説明したのとあまり変わりませんので、書き出しはありません<(_ _)>










イメージ 18

本来の神社名は「與止姫大明神」だったのですが、
明治二年に周辺町村の八社を合祀し「櫻井神社」となります。


八神殿(はっしんでん)・須賀神社(すがじんじゃ) 
  【国家守護・悪疫を退ける神】









イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

日子(ひこ)・楠(くすのき)神社 
  【農業・山の神】
春日神社(かすがじんじゃ) 
  【藤原氏守護・厄除の神】










イメージ 22

そして、「浦姫神社」から何度も話題に出てくる、
1610年の雷雨の日に出現したとされる古墳入り口(たぶん)
それが本殿の後方にあります。









イメージ 23

暗くて手ぶれしていてすみません

ある意味では、こちらがこの神社で一番神聖な場所と言えます
全てはここから始まったのです(はい)

毎年、7月2日(旧暦6月2日)に誰でも入れるそうです
一度来てみたいですね










イメージ 24

イメージ 25

反対側の境内です


八幡宮(はちまんぐう) 
  【武運・必勝の神】







イメージ 26

イメージ 27

金比羅神社(ことひらじんじゃ) 
  【航海・金運の神】









イメージ 28

二見が浦遥拝所(ふたみがうらようはいしょ) 
  【縁結・夫婦円満の神】









イメージ 29

イメージ 30

櫻井猿田彦神社(さくらいさるたひこじんじゃ) 
  【導き・災い除けの神】









イメージ 35

猿田彦関係の石碑もたくさんあります









イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

塞の神(さいのかみ) 
  【病や怪我を治す病気平癒の神】

参拝順序がよく分からなかったので、何となく回りましたが
全くずれていました


さあ、次は桜井大神宮に行きましょうか








この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事