全体表示

[ リスト ]

除霊と浄化の祈り


竹下雅敏氏が「ガヤトリーマントラの除霊と浄化の祈り」を公開してくださっていますが、私は公開された時からこの祈りを実践しています。現在の祈りになる前は、もう少し短かったのですが、それでも最初にその祈りを見た時は、「長い!舌を噛みそう。難しくて覚えられない!」と内心思ったものです。その後、さらにバージョンアップして現在の形になりました。

私は、結構疑い深いところもあり、人が言うことをそのまま信じることはありません。そんな私が、この祈りを長きに渡って実践しているのは、何よりもこの祈りの効果に納得するしかなかったからです。決して妄信しているわけではありません。

どれほど疑り深いかというと、敢えてこの祈りをしない期間を定期的に設けて、している時としない時の変化を自ら何度も確認してみるほどです。
祈りをしなくても何も変わらないのなら、何もこんな面倒臭いことを毎日行わなくてもいいのではないかと。
ところが、1週間もすると、必ず大変なことになってくるのです。
体だけでなく心も重くなり、なんとなく荒んできます。思いがけないアクシデントやトラブルに巻き込まれたり、何かがうまく行かなくなってきたり、風邪を引いたり微熱が出たりする時もあります。

最も嫌なのは、家族がギクシャクしてくることです。
私は、家族一人一人の許可をもらって、毎日家族の分の祈りをしているのですが、祈りをしないと、家族の雰囲気がささくれだってきます。そして、家族に、学校や職場で何か問題が発生したりすることもあります。

今、この記事を書いている最中に、娘が部屋に入ってきました。
そして「私、とうとう、除霊と浄化の祈りを15分間でできるようになったの」と言うではありませんか!すごいタイミングです。
「自分でするようになったの?」と訊くと「最近、重くて仕方ないから自分でやるようにした」というのです。「なんで重くなったかわかる?」と訊くと「もしかして、ママが家族の分をやってくれてないから?」と。「ビンゴ!」と言って笑いましたが、これくらいはっきり結果がでるのです。

うちの家族は、私がここ数年ずっと毎日やっていたので、その状態が当たり前になっているのですが、私が時々祈りをしないと「あれ?なんか重いぞ、上手く行かないぞ」とすぐに気がつくようになりました。そして、長女に至っては、とうとう自分から祈るようになったのです。

除霊と浄化の祈りを、数日さぼって、その後、祈りを唱えると、その直後からじわじわと身体と心から何かが抜けていくような穏やかな爽快感が起こります。毎日やっていると気がつかないかも知れませんが、数日さぼった後だとこれはとてもクリアな感覚でわかります。それから波動が上がっていくので、さっきまでの心の重さとか理由のない不安感も嘘みたいに消えていきます。そして思うのです「やっぱりこの祈りは効果がある」と。

こんなに効果がある祈りを知っていて、実践しないのは、ものすごくもったいない事です。長いし、難しいし、面倒!と思ってなかなか続かないのもわかりますが、この祈りによって得られる恩恵が、もしはっきり目に見えたら、きっと誰でも喜んで実践するのではないかと思います。

たとえば、邪気が黒い煙となって身体から抜けていく様子とか、祈りとともに身体から白い光が溢れ出すとか、そんな風に見えたら誰でも喜んで行うでしょう。目には見えないけど、身体でははっきりと感じ取れます。

私が、ここで書いているのは、本当にやらないのは勿体ないと思うからです。しかもこれは無料で公開されているのです!
うちの家族も男性3人はしません。効果はわかっているようですが、私がやっているので安心しているのでしょう。だけど、そのうち、きっと長女のように、自分でやるしかないと思う日が来る気がします。






著書もお薦めです!
イメージ 1

            購入はこじかブックス
電子書籍でも購入できます。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事