ここから本文です
くだらない全く役に立たないブログです。読む価値も有りません。時代遅れになります。時間の無駄です。利益にも成りません。全く下らん。

書庫全体表示

1929年ですか。ハップルが望遠鏡で調べると遠くの銀河ほど赤方偏移してるのは宇宙が膨張してるからだと勝手に言ったら世界中のバカ科学者がそうだそうだ。

そして未だに宇宙は膨張してるそれから夢物語がビックバンです。

なにもないところから宇宙が膨張というのですバカか。

もう理屈に合わなくなれば何でもするのが科学者なんです。温暖化など全くしてないのに温暖化だーーと大騒ぎなんです。

インフレーションだのダークマターだのダークエレルギーだのわけのわからない証拠もないことを大騒ぎです。

遠くの銀河が赤いのは。ですねえ。止ってるところにあるカセットデッキで音楽をかけて遠くに行けばどんどん低音になるのです。何故だろうか簡単です。高音が先に弱まるからです。

光も同じです。長い距離を行くと青いほうが先に弱まるのです。光がどんどん弱まるのです。青系からだから赤が残るのです。

そしてですねえ。スペクトルもずれるのだろうと思います。光が老化するんですよ何億光年も走ってる限りです。

良いですか。ハッブルのバカのために世界中のバカ学者が腐ったことを1世紀も言ってるのです。其の証拠は何でしょうか。

地球から全方位に赤方偏移が均一だからです。ということは地球が宇宙の中心の場合しか無いのです。わかりますねえ。宇宙の直径が300億光年(球体)で其の中心に地球がある可能性はないのです。つまり全方位の一部に絶対に宇宙の端が有るはずなんです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事