アクアリウムとグライダー

ドラゴン系を中心としたベタの飼育日記です。

全体表示

[ リスト ]

S系キングコブラF2 101106

2010年11月6日生まれのS系キングコブラのF2です。
生後121日になります。
この個体たちの兄弟は58匹(オス20匹メス38匹)いましたが、生後105日の2月19日にオス1匹メス2匹を残し、ペットショップに引き取ってもらいました。
残したオスは、尾筒が太いなかなか良い個体だと思います。




イメージ 1





イメージ 2





イメージ 3





イメージ 4




大きくなる個体は性ホルモンの発現が遅いと聞きますが、このオスも生後4ヶ月にもかかわらずかなりの幼児体型です。
だからと言って小さい訳ではなく、大きさなら兄弟の中で一番でした。

前回の記事でも書きましたが、この系統はヘテロモルファの影響が強く出ています。
胴筒から胸にかけて青黒い帯が入っているのがそれです。
ヘテロモルファとゼブリナスはスネークスキンの発現を邪魔するようですが、この三つの遺伝子がどのように影響しあっているのかは未だわかりません。
ただ、ヘテロモルファもゼブリナスも、ヘテロとホモで発現の強さがちがうようですから、美しいスネークスキンを持った一昔前の専門書などに載っているようなキングコブラを得るためには、やはりhehezezeにしないとならないように感じます。







ランキングに参加しています。
帰りがけにポチッとお願いします。
     ↓

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事