アクアリウムとグライダー

ドラゴン系を中心としたベタの飼育日記です。

全体表示

[ リスト ]

2年半ぶりにベタ生活を再開し、3年ぶりに繁殖出来ました。
ロングフィンと同時にショートフィンも仕掛けましたが、なんとビン内見合いの最中にメスが体調を壊し死亡。
ペアリング水槽に放したメスがオスの攻撃で死んだことは1度ありましたが、見合い中に瀕死の状態になり死亡したのは初めてです。
やはりショートフィンのペアリング相手もロングフィンのメスということになりました。
そろそろ2週間が経ちますから、近日中に仕掛けるつもりです。

以下は繁殖記録です。
因みに我が家では物置を熱帯魚部屋にして、朝晩を逆転しています。



イメージ 1

11月22日23:20 60cmロータンクで見合いを始める。水温28℃。
11月23日7:46 オスが泡巣を造り、メスに婚姻色が出ているのでメスをビンから放し照明を消す。
11月23日20:00 点灯。メスがオスにアプローチをはかる。
11月24日8:00 8:00〜20:00消灯時にも繁殖行動が出来るように弱いLEDライトを設置
11月24日20:00 泡巣がかなり大きくなっているが、メスの婚姻色が出たままなので、未だ産卵はしていないようだ。
11月25日6:40 産卵を確認。
11月25日19:10 泡巣内に卵を確認 オスが守っている。メスは未だ隠れていないが、繁殖色は出ていない。
11月25日19:40 メスを水温27℃の個別水槽に移す。
11月25日22:00 オスは卵を絶えず移動させながら世話をしている。恐らくカビ対策だろう。このオスは子育てが上手い。

イメージ 2

11月27日5:20 孵化を確認。オスが下に落ちた稚魚を一生懸命上に上げている。
11月27日6:10 オスの体力が心配なので、個別の30cm水槽に移す。体力は未だ残っているようだが、尾びれと胸びれに赤チリが出ている。孵化した稚魚は100匹以上。未だ増えるようだ。弱いエアレーションをはじめる。
11月27日23:00 稚魚は200匹以上いるようだ。1/3は水面やガラス壁に引っ付き、2/3は水槽の底に沈んでいる。蛍光灯20Wをつける。
11月28日7:00 稚魚の餌になる微生物を増やすため、エンドラーズ水槽の外付スポンジフィルターを入れる。
11月28日23:00 稚魚水槽の設定温度は25℃。水平に泳ぐ個体が出始める。
11月29日6:00 水平に泳ぐ個体が増え、ガラス壁や素面にへばりついている個体がほとんどいなくなった。
11月29日23:00 稚魚の中にガラスに張り付いた微生物を食べる個体が出始める。
11月30日7:00 ほとんどの個体が水平に泳ぎ、ガラスに張り付いた微生物を食べる個体が増える。
11月30日22:00 稚魚間の大きさの差が顕著になる。今ブラインを入れても、かなりの個体が食べると思われるが、ブラインエッグが届いたのが今日だったため、稚魚に与えられるのは明日以降になる。
12月2日7:00 初めてブラインを与える。予想通りほとんどの稚魚がブラインを食べるようだ。やはり3日目に最初のブラインを与える必要がある。
12月2日22:00 水深12cmを7cmまで捨て、メス水槽の水を16cmまで入れる。



ブラインエッグは、産卵後直ぐに注文しましたが、届いたのが若干遅く少々あせりましたが、今のところ順調に育っているようです。


ランキングに参加しています。
帰りがけにポチッとお願いします。
     ↓

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事