アクアリウムとグライダー

ドラゴン系を中心としたベタの飼育日記です。

全体表示

[ リスト ]

グリーンイーグル ロングフィン ショートフィンに引き続き、3ペアのショートフィンを我が家に迎えました。
今回もバンコクのブリーダーからの個人輸入です。

工程を書きますと以下の通りです。
11月22日Aquabid.comで、タイのブリーダーから落札
11月26日15:15(タイ時刻) タイから送付
11月27日12:25(タイ時刻) タイの国際交換局から発送
11月28日14:54 東京国際郵便局 国際交換局に到着
11月28日15:15 通関手続中
11月29日11:42 東京国際郵便局 国際交換局から発送
11月30日7:26 自宅最寄の郵便局に到着
11月30日8:00 自宅最寄の郵便局で直接受取
11月30日8:13 自宅に到着

前回は3日で自宅に到着しましたが、今回は4日かかりました。
少々あせりましたがベタはやっぱり強いすね。
とは言えこれだけ時間がかかるとなると、真冬や真夏の海外からの購入はちょっと危険な気がします。
春と秋が良いですね。



イメージ 1




イメージ 2

前回は発泡スチロールの箱が二重になっていましたが、今回は違いました。


イメージ 3

しかし、梱包は非常に丁寧です。
ビニールもちゃんと二重になっていました。


イメージ 4

プラチウムブラックドラゴン ショートフィンのオスです。
今回オークションで落札したのはプラチウムブラックドラゴンのみで、他の2ペアは「この個体と同等のカッパーゴールド、マスタードゴールドドラゴン、マスクグリーン、カッパーレッドドラゴンはある?」と聞いたところ「マスクグリーン以外はハイクオリティーなのがいるよ。私を信じなさい。」と言うので購入したものです。
しかし、この個体も落札したのとは別の個体でした。
この個体もプラチウムブラックドラゴンとしてはかなり良い個体だと思いますが、落札したのは尾びれがもっと黒くてシャープな細い銀糸が入ったような個体でした。
まぁ悪意はないと思うので良しとしましょう。



イメージ 5

プラチウムブラックドラゴン ショートフィンのメスです。
このメスはかなり良いですね。
尾びれの開きも良いし、エッジも利いています。



イメージ 6

ゴールド ショートフィンのオスです。
注文したのは マスタードゴールドドラゴンなんですが・・・。
まぁ悪い個体じゃないから良いですが、ちょっと残念です。
写真で確認できなかったのが痛いところです。
しかし、まぁこの個体もなかなかキレイですよ。



イメージ 7

ゴールド ショートフィンのメスです。
腹水病の持病があるようですね。
調子の良い時は元気に泳ぎ回りますが、自宅に着たばかりの頃は水面近くで横になってました。
とは言うものの、このメスは先日ちゃんと産卵してくれましたから、結果オーライです。



イメージ 8

マスクカッパーゴールド ショートフィンのオスです。
若いです。
多分3ヶ月ギリギリ行ってるかどうかではないでしょうか。
最初見たときは、間違ってロングフィンのメスが来たのかと思いました。
しかし、こんなに若くても繁殖可能なんですねぇ。



イメージ 9

マスクカッパーゴールド ショートフィンのメスです。
若いです。
しかしメスはこのくらい若い方が繁殖しやすいですね。



紹介しました3ペアは既に繁殖に成功し、12月7日から8日に稚魚が孵っています。
オスメスともにダメージはほとんどありません。
ロングフィンでは、特にオスのダメージが大きく、ひれが裂けたり欠損したりかなり痛みますが、ショートフィンは繁殖後でも鑑賞に堪えることが多いようです。
そういう意味でもプラッカットは良いと思います。

それにタイでも新しいカラーは先ずショートフィンから創られ、その後にロングフィンに展開されるようです。
遺伝子的にはロングの優性遺伝とされていますが、ニューカラーではロングフィンとショートフィンの中間の様な個体も生まれますから、実際は不完全優性遺伝かもしれません。
我が家でも、いずれは今回のショートフィンからロングフィンも創りたいと思っています。






ランキングに参加しています。
帰りがけにポチッとお願いします。
     ↓

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事