オセロ挑戦日記

自分に打ち克つためのオセロブログです。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

終盤問題−解答−

回答が出たようなので解答を書きます。
 
\ABCDEFGH
1+●●●●●●+
2++○○○●++
3○○○●●●●●
4●●●●●●●◆
5+●●○○○●○
6●●●○○●○○
7++○●●○++
8+○○○○○○+
 
Knitzさんの言うように、「下辺を確定させて白a7黒a8白b7でa5を余裕手にする」ということが実現するようならば、それはそれでよくある勝ちパターンの1つだと思います。
 
ただこの場合は白が下辺を確定させる となると 白はここでh2と右辺をとらなくてはならず、白h2のあと黒g7ときた場合に白が下辺を確定させるためには白はh8と打たなくてはならず、黒にh7にもぐられて右辺を失うことになります。
 
そうなった場合、黒h1のあとは白g2は必然なので、その後 たとえば黒b2とかに打たれると、2列まで一気に真っ黒にされてしまうため、仮にもし白がa7に打てて、a5を白の余裕手にするという構想が実現したとしても、恐らく白が足りないのではないか という 雰囲気がします。
 
 
白h2→黒g7→白a5という展開を考えてみましょう。 
\ABCDEFGH
1+●●●●●●+
2++○○○●+○
3○○○●●●○○
4○○●●●○●○
5◇○○○○○●○
6●○●○○●●○
7 4+○●●●●+
8+○○○○○○+
 
ここで、黒がa2と左辺をとってくれれば、白b7で偶数形に持ち込むことができるのですが、実は左上が白から打てない奇数空きになってしまっているため、ここで黒にはa7という切り返し技があります。そうなると逆偶数が成立してしまい、白は勝てません。
 
よって、正解は「白h2と打ってはいけない」ということでした。
 
ではどこに打つのか というと Knitzさんの言う通り、初手白g7です。この手は下辺を黒にとられるので、打ちにくい人もいるかと思います・・。しかし、白g7→黒h8→白h7→黒a8→白g2と進んだ後
\ABCDEFGH
1+●●●●●●+
2++○○○○◇+
3○○○●●○○●
4●●●●○●○●
5+●●○●○○○
6●●●○○●○○
7++○●●○○○
8●●●●●●●●

この盤面の左下の3個空きは、黒がb7と打っても「黒から打てない2個空き」として扱う事はできず、逆に白が2回連打できる2個空きとして処理できるということで、白にとって大きなメリットのある形だということです。これで無事偶数形になり、白が8石勝ちします。
 

終盤問題

たまには終盤問題でも書いてみます
 
 
<局面図1>
\ABCDEFGH
1+●●●●●●+
2++○○○●++
3○○○●●●●●
4●●●●●●●◆
5+●●○○○●○
6●●●○○●○○
7++○●●○++
8+○○○○○○+
 
【白番】
※黒がh4とアテてきたところです。
白はh2と辺をとってもいいでしょうか。それともダメでしょうか。
 
【ヒント】 偶数理論

オセロにゅぅす100

今日届きました(遅いような・・
とりやえず、100号おめでとうございます
 
約一名、発掘作業をしている方がいらっしゃったみたいですが・・・気にしないでおこう・・・
 
 
それにしましても、オセロというゲームもついに100歳になったわけですか・・
 
8×8ではそろそろ寿命が近いということかもしれません(謎)
 
 
 
いつかはまた出たいと思っている北海道オープン大会!
7−0 +252 って・・・(~ o~)  驚愕・・・(震)
 
優勝者であるK六段とは、一度だけ対戦があるのですが。それはもう2年半も前のことです。
その時は私が勝ったのですが、終始ずっとリードされっぱなしのゲーム展開で、終盤、最後の最後のところでミス。
その時、負けたK田少年の悔し涙が今でも忘れられません。この時近い将来絶対に強くなると確信しました(当時も十分強かったですが・・)
 
今ではもう、日本ランキングもナンバー1。あっという間に日本を代表するほどの強さになってしまいましたね・・
今 対戦したら、もうほとんど勝てる気がしませんです(××)
 
100才にもなったことですし、K田君には是非、オセロというゲームの寿命をとことん縮めて、引導を渡して欲しいと思います{嘘です、これ以上寿命を縮めないでください・}
 
 
>>くるさん さん
コメントありがとうございます。チャンピオンの方に直接コメントを頂けるなんて恐縮です。いずれまた、北海道の大会に行き、胸を貸して頂きたいと思います。今度はチャンピオンになったくるさんに勝てるよう、精進したいと思います。
 
>>misa さん
これまたチャンピオンの方にコメントを頂けるなんて恐縮です・・。もはや完全に立場が入れ替わってしまいましたね。。今度また東京に行った際には、チャレンジャーのつもりで、ぶつからせて頂きます。伏せ石の方も是非よろしくお願いします。
 
 
 
おはようございます。
投稿が遅くなりました。
 
さて 今回は女子の部門。 3月に開催された名人戦に引き続き、女子の部門を制覇したのは谷澤五段。 
今一番ノリにノッてるプレイヤーな気がしてます。
 
 
今からちょうど 1年前ぐらいにさかのぼります。 このとき、実は谷澤五段はオセロの大会にすら一度も出場したことがないまったくの無名な方でした。 当時、私はよくハンゲームでオセロをしていたのですが、そこで初めて谷澤五段と出くわすことになります。 そのときはブランク明けだと言っていましたが、インターネットオセロ暦はそこそこ長いらしく、ハンゲームでは神様になるほどの腕でした。 で、何度か連戦をさせて頂きました。
 
その連戦がとても楽しく自然と話もはずみ、オセロの大会の話を振ってみたところ・・・なんと!興味を示してくれました! その時受けた印象から 「きっとこいつは何かもってるな」 と。 そう思ってましたw
 
私がそのように誘ったことがきっかけで、いよいよ品川の大会に出てくれるようになりました。 最初のうちは、当然ながら負けがこんでいたようでしたが、次第に本領を発揮し始め ついには無差別の部門でも普通に勝ち越すほどの強さになってしまいました。そもそも、初めてビギナー部門に出た時に、いきなり6−0で優勝を飾っています。
 
そんな谷澤五段とは、名人戦の舞台で初めて顔を合わせたのですが、なんといきなりそこでブレイクして初優勝を果たしてしまいました・・・。 品川で、普通の男子の無差別プレイヤーと互角以上に渡り合ってきた勢いそのままに、名人戦でも優勝してしまった。 そんな感じでした。 谷澤五段にとっては女子の部門はぬるかったのかもしれません・・
 
 
そして 今回の全日本選手権当日。私が寝ていると一本の電話が鳴ります
(プルルルル・・・)
 
「はい、もしもし・・」
「準決勝勝ちました」
「え?」
「次決勝です」
「どうしたんですか?」
「・・・」
「一体何の話?というか、どちらさまなんでしょ・・・」
「あぁーーー!もしかして! オセロの大会?」
「そうですよー! アナタは本当に応援してくれてるんですか?」
「・・・(汗)^^;;;」
「来るとか言っておいて来ないし〜」
「。。。」
「え、、、、てかまた決勝まで行ったんですか?決勝これから?」
「すごいですね・・・・・・・」
 
決勝戦の前だというにも関わらず、こんな感じの不甲斐ないやりとりになってしまい、すみませんでした・・・
エールを送って勇気づけるどころか、逆に不安を与えまくってしまいましたWWW
 
 
しかし、決勝を前に余裕すら感じとれました。 勝てば世界という重圧が、決してなかったわけではないでしょう。
それでも守りに回らず平常心を保ち、最後まで自分のオセロを打ち切って、勝ち取った優勝は本当にすばらしいと思います。
 
名人戦では勢いのまま優勝しちゃった感が多少ありましたが、今回の全日本選手権も獲ったということで、これはもう文句なしに実力でしょう・・。 その実力を私も認めると同時に称えたいと思います。
 
たった一年たらずで、大した奴だ・・・
これで世界戦行きの切符も獲得ですね。おめでとうございます。
 
 
今回の全日本選手権。出られなかったわけですが、2人の優勝には大変刺激を受けると同時に、感動すら覚えました。今更ながら、いけなかった自分にちょっと後悔。もらった刺激は、必ずどこかで発散させたいと思っております。
 
やはりオセロ大会には熱いドラマがある!!!
みなさんももっと熱くなりましょう!
 
・・と、「オセロ挑戦日記」とか書いておきながら、全日本に挑戦すらできなかった奴が言うのもおこがましい・・
全日本選手権の速報見ました
佐々木四段が優勝されたようですね・・・すごい!
 
思えば、自分がオセロをはじめてから大会に出始めた頃、もともとは北海道ブロック所属でした。
佐々木四段は、今は北海道ブロックの所属ですが、もともとは東京ブロックの所属だったようです。
 
そんな佐々木四段と、初めて公式戦で対戦したのは 名人戦の翌日に行われた 関東オープンという大会でした。佐々木四段(当時三段)は、東京ブロックに所属していて、北海道からはるばる名人戦に参加しにやってきた私に、胸を貸してくださいました。
 
その頃は私もまだヒヨっ子で、にっちもさっちもいかない未熟なオセラーでしたので、軽くひねられて終わってしまったわけですが・・・ 局後、検討して頂き 佐々木四段の終盤の読みの深さにとても感動したことを今でもよく覚えています。 そして「今後は北海道ブロックに所属することになるので、よろしくお願いします」と言ってくださいました。
 
そのことがきっかけで、佐々木四段(通称くるさん)に勝つということが、私の中で1つの大きな目標となりました。
そして、時は流れ・・2005年北海道ブロック名人戦の舞台で佐々木三段と(4度目の?)対戦をすることになりました。この日、私も佐々木三段も序盤から3−0で来ていて、勝った方が優勝に大きく近づくというプレッシャーのかかる場面を迎えました。 ここまで過去3回の対戦では0−3で、すべて圧倒されて負けてしまっていたので、今日の自分は一味違うんだということを佐々木四段に示したいという一心で、うまい具合に集中することができたのでした。
 
そして結果は・・なんと、当時の自分にはこれ以上はないというくらいの打ち回しができて、それでもなんとかギリギリだったのですが 32−32でドロー・・・かと思いきや、引き分け勝ち! 対局に夢中で、自分が分勝ちの権利を持っていることさえ忘れ去ってしまっていたのでした・・
 
続いて5回戦もなんとか勝ち・・佐々木三段も勝って4−1となりました。 全勝は自分だけになり、最終戦はN三段。 優勝なら四段ということで、これまたプレッシャーのかかる場面を迎えました。 しかし、ここでのプレッシャーに打ち克つだけの器量が 当時の自分にはまだ備わっておらず、結局無残な試合内容で最終戦を落としてしまい、最終的には石数で佐々木三段にまくられてしまい、2位という結果に終わりました。そのときに優勝した佐々木三段が四段に昇段したことを記憶しています。
 
そのときはとても悔しかったのですが、佐々木四段を相手にいい試合ができたことが、とても満足でした。このときに、ますますオセロが楽しくなりました。
 
 
そんなわけで、自分にとって強くなるための1つのきっかけを与えて下さった佐々木四段が、この度全日本選手権の舞台で優勝されたことに 心より祝福したいと思います。 おめでとうございます。
 
世界戦の舞台でも活躍されることを期待しています。
 
 
明日は女子の部についても書いてみようかなと思っていまっす。
 
 
最後に・・
>>ないつさん・・
出れなくて本当にすいませんでした・・・ 全日本の結果はどーでしたか!? 暇なとき連絡ください!!
 
 
 

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事