日常と風景と

すべて表示

800-BYLED6BK ロービームライトのレビュー

ライト沼にハマってしまったのかもしれない。この夏にamazonで、やっすい爆光中華ライトを買い、
工夫してあれこれ使ってみたものの満足できず、表題の800-BYLED6BKを買ってしまったのだ。

まずは問題の中華ライトから。メーカーはGKMであっという間に終売になったので情報もない。
ジェネリックというかパチもんというか、細部が変わっただけの類似品がたくさん並んでいるので、
大体の性能は分かる人には分かるかもしれない。
・光量1000ルーメン!>明るいけどこれが1000かと言えるのか‥うーん?
・マウントはシリコンゴム!>スイッチ操作でお辞儀する貧弱ボーヤなので、C社のマウントを接着。
・総重量300g!>我慢した。
・防水ダヨ!>雨中の使用はせず。マウント移植の際に裏のネジを取ったらすぐ基板だったのでお察し。
・大容量4400mAh!>Lowで9h使えるんだからMidで4hかと思いきや2.3h。Highは1.5h。だら下がらず消灯。

肝心の配光はコリメーターで二灯が中央に重なる感じ。驚いたことに、このレベルのLEDだとLowでも
眩しいのね。特にサイクリングロードのような暗所だと、眩しいというか眩しすぎて悪感情が湧くほど。
こらあかんとプラダンとアルミホイルとガラクタを寄せ集めて、ヒサシを作ってみた。
イメージ 1

結局、レンズ口径の二倍の長さのヒサシを作り、中央近くまでアルミでカットしないとダメだった。
ここまでやっても水平に近づけると眩しくて、スポットは手前になってしまう。更にこのヒサシを
しっかりしたものに作り変えるとなると大変だ。

そこでセール中の800-BYLED6BKを買ってみた。これ、ぐぐったら中身はBENEXのET-3150だよね。
本体にも型番書いてあるしさ‥以降、ET-3150として扱います。装着しちゃったので写真は
省くけど、このET-3150は中々に質がいい。負荷のかかるアームや筐体は金属で、ネジは
ゴムを挟み込んでいる。このお陰でライトの操作や振動などの遊びを逃してるし、ネジがスッポ抜けない。
更に挟み込むシムがプラ製でC字の底にポッチが付いている。何の意味があるのか首を傾げたが、
これをカマせてやると仮組みの時にポッチで上下パーツがくっついて落っこちないのだ。

そして配光。
イメージ 2

イメージ 3

色温度のせいで暗く見えるけど、実はET-3150の方が見やすい。単純な明るさで言えばGKMの方が
上なのだけれど、強すぎるスポットに目が引っ張られてしまうし、そのスポットも水平に近づけられないので
遠くの視界が悪いのだ。ET-3150はムラの少ない光が水平近くまで飛んでいてGood。

まぁぶっちゃけカバーを取っ払って水平照射するのが一番見やすいんだけどね。それができるのは
里山ライドなどのガチ勢で、そういうヒトはもっと信頼性のあるライトを選ぶでしょう。私はヘルメット
ライトで補うことにします。

イメージ 4

配光でどこまで人間の視認性が変化するかという比較がこちら。いや〜タイツやジャケットの黒い部分は
しっかりと暗闇に溶け込んでて怖いですね〜。後頭部のヘルメットの反射板は小さいながらも仕事してます。
奥のポールの光具合からも、ロービームライトの飛び具合が分かるはず。

でもね、ロービームのET-3150の方がヘルメットの反射板光ってんじゃね?と思った方は鋭い。
実はGKMで完全にヒサシを作ると、格段に被視認性は落ちてしまうのだ。眩しい光源は見えず、
下半分と照り返しが見えるだけ。ET-3150は上方へと光を散らす部分が用意されていて、
眩しい・眩しくないのカットライン以外に、不快にならない程度の明かりを上に飛ばしている。
お陰で正面から見た際にリフレクター全体が光って見えて、被視認性は高くなっている。

バッテリーはカタログ値でHighが3.5h、Midが4.5hだが実測では5hと6h点灯し続けた。
その数字だけ見れば万々歳なのだが‥実際はHighはダラ下がりでどんどん暗くなっていき、
2hでHighとMidが同じ明るさになってしまう。2hで消えるGKMに嫌気が差して交換したのに、
結局2hでチャージが必要ってのは皮肉なものだ。逆にMidの方は一定の明るさで光り続けて、
3h粘った後にブツっと切れる。まぁ5h使えれば十分かな。

初めて手にしたロービームライトの使い勝手にウハウハしているけど、多少はネガな事も書いておこう。
・MTBでハンドルを切り詰めてるとワイヤーが干渉して取付角度に影響があるかもしれない。
・バッテリーは専用品なのでオシャカになったらどうしようもない。
・端子はむき出しなので屋外放置はまずそう。その際の着脱がスライド式のライトに比べたら手間。
・数字上は重い。
・サイコン妨害電波が酷い。Highは100%駆動なので動くが、Mid・Lowにするとダメ。ハンドル上で取りうる位置で
動かしてみたけれどダメだった。昼間のLow点灯ができないのは痛い。
・空気抵抗(笑)
・照射範囲が縦に長く横に狭いので、カーブなどの旋回中は怖い。近距離用のサブが有ったほうが良い。

そして欲を言えば後少し明るければ良いんだけどなぁ。
路面の障害物を照らすライト、相手から見てもらう被視認性のライト、加えて路面や壁面を
照らして死角に居る人や車に自分の存在を知らせる第三のライト的なことを考えた場合、
街頭の明かりでかき消されちゃうからちょっと弱いのよね。
幹線道路を走っていて側道からの飛び出しを抑制したいようなローディさんには向かないかもね。

もしこのライト沼に飲み込まれていたら、次はハブダイナモにドイツ製のお高いライトが待っていることでしょう。
そうならないためにもバッテリー革命、早く来てくれ〜

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事