子育て支援センターわたぼうしのブログ

社会福祉法人ゆうゆう すみよし愛児園に併設されています。リンクフリーです。

今日のもも組さん、お外に出て水遊びを楽しみました!
木陰に水の張ったタライをおくとバシャバシャと水に触れています。
スコップやおたまを持って水をすくったり、砂を入れようとしたり
水遊びにもだいぶ慣れ、楽しめられるようになって来ました
お外遊びのあとはシャワーを浴びてキレイさっぱり!!
子どもたちも気持ちよくて笑顔で応えてくれるんですよ
また、園庭をベビーカーで散歩するJくん、Kちゃん
葉っぱが揺れるのをジーと見つめたり笑ったり
お友達の姿を見たり声やプールの水の音を感じたりと、
周りをよく観察しニコニコ
お部屋に入った後も、「あー」「んー」などとお外で見たことを
教えてくれるかのようにとたくさんお話をしてくれました

暑さでなかなかお外に出られない日もありますが、
やはりお外は楽しさがいっぱい!!
光を浴びて、目で見て手で触って、音を聞いて、匂いを感じて、発見をして
たくさんの刺激を受けますね!

そういったたくさん事象が五感を刺激し
子どもたちの脳を活性化!言葉や感性が豊かになっていきます

これからも子どもたちの好きなこと、楽しいこと、
お部屋の中だけでなく、気温や体調を見ながら
お外に出てたくさん汗をかいて
楽しんでいきたいと思います


K.S

この記事に

開く コメント(0)

みんなでご飯!

今日は、一時預かり‘すずらん’のお昼ごはんの様子を紹介したいと思います

お昼ごはんの時間帯に‘すずらん’をご利用される場合は、家庭からご持参いただくお弁当か、園児と同じ給食のどちらかを選んでいただくことができます。

いつも食べ慣れている味のお弁当を用意するご家庭もあれば、「家では野菜を全然食べないので、お友達と一緒の空間で苦手なものにも興味を持ってほしい!」との想いで給食を選ばれる方もいます。

実際、園の給食には旬の野菜がたっぷり入ったおいしいおかずや汁物が出ます。

初めは、たっぷり野菜にちょっぴり戸惑い気味だった子も、お友達や先生がパクパクおいしそうに食べている姿を見て‘あれ?野菜ってそんなにおいしいの?’と一口パクッ一口食べてみておいしいとわかると、あっという間にピカピカに食べてしまう子もいるのです!お友達パワー、恐るべし
イメージ 2

イメージ 3
でも中には、それでもやっぱり食べられなーいという子ももちろんいます。そんな時は決して無理強いせず、まずは‘みんなで食べるご飯ておいしいね!楽しいね!’というところを感じてもらうことを大切にしています。

お母さんと離れる時に涙だった子もおいしいご飯でお腹と心が満たされればこの笑顔
イメージ 1
ごちそうさまでした

U.H

この記事に

開く コメント(0)

 園庭になぞの棒が3本・・・
園庭にいた子ども達は興味津々!!!

 棒にスプリンクラーが付いていた為
先生が蛇口をひねると、
水がシャワーのようにたくさん出てきました。

 最初はなかなか近付かず
先生や友達の様子をうかがっている子もいれば
シャワーの中を走り回り全身で水の気持ちよさを感じる子も。
「一緒に行ってみる?」と誘うと自信がなさそうにコクッとうなずくYちゃん。
行ってみると楽しくて、水のシャワーの中を行ったり来たり。

 又、ひまわりさんの中には手を合わせて合掌。
どうやら滝修行をしていたようです。


 身近な大人が遊びの楽しさを伝えたり、一緒に楽しんだりすることで
子どもの遊びが広がっていくという事を改めて実感します。

イメージ 1


 一方、こちらはお風呂屋さん!

イメージ 2

 「あぁ〜気持ちがいい!」
そんな声が聴こえてきそうなたんぽぽ組さん。
服を着たままお尻からジャボン!!

 プールの日以外にも水に触れて夏ならではの遊びを楽しんでいます。
夏はまだまだ続きます。
たくさん動いた後はしっかりと休息したり、食事をして
健康な体で夏を過ごしていきましょう!!!

K.K

この記事に

開く コメント(0)

どろんこ どろだらけ

暑さが続き、水や氷など夏らしいものを感じる季節となってきました!
子どもたちは毎日こんな暑さに負けじと園庭に出て遊んでいます

特に盛り上がっているのが、どろんこあそび
シャワーの準備からはじまって、はだしになる頃にはウズウズして、
なんだか落ち着かない様子。
帽子をかぶってはだしになったら、スイッチON!!
一目散にシャワーの方へ向かっていき、走り出します
「うわー」「気持ちいぃぃい」「雨だぁ」と言いながら、水へ向かっていきます。

そんなときに子どもたちはどんなことを感じているのでしょうか..


なかなかその場から離れようとしない子どもたちは、
なんだかなんともいえない水の感触が心地よいようです

そして水たまりができると、足をいれてみたり、顔だけ出してゴローンと寝転がってみたり、
体中に泥をくっつけてパックのようにしてみたりとダイナミックかつ、自然と近いような感じがしています

水や泥、砂などは様々に形を変化させながら、
子どもたちのとっても大好きな遊びとなっています
これからも子どもたちのはまっている遊びを私達も一緒に楽しみ、
夏ならではの楽しみなども味わっていけたらと思います!

O・Y

この記事に

開く コメント(0)

かわいいね

わたぼうしでみんなで育てましょうとMさん親子のお家から頂いた二十日大根の種。
牛乳パックでプランターを作り、大切に育てています
そんな中先日たくさん出た芽を間引きしました。
その間引いた小さな芽を見てSくんが一言。
「かわいいね
その時よく言っている言葉をたまたま口にしたのか、本当に芽に対して出た言葉なのかその真意はわかりません。
が、Mさんは植物を大切にしていて、お家でも家庭菜園をしたり、わたぼうしの畑を家が近所だからとお休みの日も気にかけてお散歩がてら様子を見に来てくれている方です。
その様子を間近で見て一緒に栽培したり、水やりをして植物の生長を共に喜び、収穫の嬉しさを体験しているSくんから出た言葉です。
素直に、頑張って生長している芽が愛おしく自然と出てきた言葉だとわたしは思っています

子どもたちにとって動植物に触れたり、お世話をすることは興味関心を広げ、探究心を育てます。
また、生と死を知り、喜びや悲しみたくさんの感情体験をし、思いやりの心を育てます。
子どもたちにはたくさんの自然に触れながら、感じ、学び、成長していけるよう関わっていきたいなと思っています。

ちなみに間引いた芽ですが、試しに他のプランターに植えてみることに
最初はしなっとしていた芽ですが、数日後大きな根を張り、青々とした立派な葉をつけてくれました。
イメージ 1

一度抜かれてももう一度懸命に生きようとするその生命力の強さに感動を覚えているところです。
二十日大根の収穫、そして間引きした芽の今後の変化が楽しみです

M・I

この記事に

開く コメント(0)


最近暑い日が続いていますね!!
梅雨明けはもう少しかな!?

先週からプールが始まり、水の気持ちよさを
味わっている子どもたちです

今日も、もも、たんぽぽ、すみれさんが入るプールからは
きゃっきゃきゃっきゃと楽しそうな声が聞こえてきていました

砂場では じゃぼん!と大きな音が!
子どもたちと作った大きな砂山に
ブルーシートをかけて、水を流せば・・・
手作りウォータースライダーの完成!!
(毎年この時期人気の遊びなのです

水が苦手な子も泥に抵抗がある子もいますが、
楽しい遊びを通して、お友達との関わりを通して
少しずつ慣れていけたらいいなと思います

今日、ひまわりさんのシャワーを
何人かやらせてもらっていたのですが・・・
すみれ組の頃は顔に水が少しでもかかると大泣きだった子が
今では頭からシャワーをかけても全く動じず!
「大きくなったなぁ・・・」と
しみじみ感じました

今年の夏も子どもたちの発見や成長を
見られることがとっても楽しみです♪

夏ならではの遊びをいっぱい楽しむぞ〜!

A.T

この記事に

開く コメント(0)

レッツ!エンジョイ!



暑さが本格的になってきました!
園庭では毎日、水遊びや虫探しなど、
夏ならではの遊びが繰り広げられています
早速、シャワーを浴びて「気持ちいい!」「もっともっとかけて!」と、
大はしゃぎのばらちゃん
イメージ 1
シャワーの向きが変わるたびに「まってよ〜!」と
走ってついて行く、元気いっぱいな姿に、
まるで暑さなんて感じていないようです



テラスには、仲良さそうに虫の観察をしている3人組を発見!

遠くから耳を澄ませてみると、
T:「これね、飛べるんだよ!」 H:「お空飛ぶの?」と、
カブトムシの話で盛り上がっていました
さすが、男の子は虫が大好きですね♪



すみれちゃんが育てている、
カブが植えてあるプランターの前には、
ペットボトルに入れた水をあげているRくん!
イメージ 2
毎日すみれちゃんが水をあげて、
大切に育てているのを見て、自然とこのような姿に
つながったのだと思います
そんなRくんは、お家でもお母さんと一緒に、
花の水やりを楽しんでいるそうです
植物を大切に育てる姿が素敵ですね!

まだまだ、夏は始まったばかり!
夏にしか味わえない経験を、
一緒に楽しんでいきたいと思います

     H★Y

この記事に

開く コメント(0)

小さな生き物

 「家にバッタがいたんだよー」と虫かごにバッタを入れて連れてきてくれたのはYちゃん。
蓋を開けると元気に出てくるバッタ達に「学校にも持っていったの?」「どこに居たの?」みんなから聞かれると
家の庭にいたんだ。調べたらショウリョウバッタだった!」と教えてくれたYちゃんでした。

 数日経ち、Rちゃん達3人組が学校から帰ってくると「先生!なんか入れるものない?」「小さいバッタがいた
虫かごに入れると「すっごい小さい」「どこにいたの」と興味津々の子ども達。ダンゴムシを捕まえた時に霧吹きで水をあげていたので、とりあえず水だけでも先にあげようと思ったのか、「先生霧吹き借りるよ」と水を入れてあげていました。ちょうどYちゃんはその日お休みだったので、「え〜Yちゃん休みなの?バッタの飼い方聞こうと思ったのに」と残念そうなRちゃん。たくさんとっていたYちゃんならきっと知ってると思ったんでしょうね

 そして更に翌日。「先生バッタの仲間連れてきた」とRちゃん達が更に二匹バッタを連れてきてくれました。スイカの切れ端もいれ「食べるかな・・・」と興味津々。バッタがスイカに登ると「食べてる」とじっくり観察していました。「他に何食べるのか調べないとだね」「また図書館で調べて見ようかな」「キュウリとか食べそう」「あ〜確かに」と子ども達。図書館で調べたり、知っていそうな人に聞きに行ったりしながら身近な生き物もみんなで親しんでいきたいと思います


S.T

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

雲が・・・

先日、子どもと帰りながら

「おつきさまがうごいてる〜」と子どもが言いました。

私も空を見ると、その日は風が強く確かに雲の動きがよく分かりました。

私は雲が動いていると思ってしまいます。子どもの感覚というか感じ方に驚くのと一緒に

「くもがうごいているんだよ」と言わなくて良かったなと・・・。


たまたま今日、年長さんのある家庭と話をする中で、どうしても大人は枠に入れたがったり、

こうなって欲しいというのが先にきちゃうよね〜なんていう話をしました。

(このきっかけはオモチャのトラブルについて年長さんの家庭に配布した資料からだったのですが)

ふと、このときの子どもの言葉を思い出し、ついつい親になると自分の感覚・経験・知識が先にきてしまうことも

多いな〜と。

子どもの目線で物事を見ることができたら、新しい感覚でわくわくするような気がします。

正しいことを教えることが大切なときももちろんあると思います。悩むときもあります。

でも、子どもたちにとって何を大切にするのか、その部分を大切に子ども達と関わっていけたらなと思います。





                                                           M・N








この記事に

開く コメント(0)

プール大好き!


昨日は今年初めての未満児さんのプールの日!
朝からプールが気になるようで、見に行くすみれちゃん。
「プールまだ?」「プール入る〜!」と
ドキドキ、わくわく!!
水着にお着替えしよう!と言うと嬉しそうにプールバックを
持ってきて、お着替えも自分からします!
自分でやろうという想いが素敵ですね!
水着に着替えると嬉しかったみたいで、みんなで見せ合いっこ。
プールへの期待がどんどん高まります!
さあ、待ちに待ったすみれちゃんの番。
「わーい!ぷーるだあ!!」
嬉しそうに笑うすみれちゃんたち。
子どもたちの嬉しそうな顔を見るとこちらまで嬉しくなります
亀さんやワニさん泳ぎをしたり、お友達と水の掛け合いをしたり、
水の感触や冷たさを感じながら楽しんでいました
イメージ 1
わたしも油断していたら・・・
ジャバーっと水を掛けられましたその後は水の掛け合い・・
こうして友達や先生と一緒に楽しむことが子どもたちにとって
大切な事なのだと感じました!
まだまだプールは始まったばっかり!
これからも楽しみながら夏を感じていけたらと思います!!

M・W

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事