全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

北限に分布するヒョウの亜種アムールヒョウは、ユキヒョウよりも一回りも大きい。 ヘミングウェイの「キリマンジャロの雪」に登場する伝説のヒョウのように、雪の上を歩く。 ロシア アムール、ウスリー地域、中国、北朝鮮北部等寒冷な山間地に生息。冬毛は厚く、長く、大きな斑点が美しい。雄の体長は100〜190cm、体重30〜70kg。夜行性で単独で狩りを行い小型のほ乳類や小鳥を捕らえる。木登りが得意で、捕らえた獲物を仲間に横取りされないように木の上に引き上げ、独り占めにする習性がある。毛皮が珍重され、また、えさを求めて家畜を襲うことから乱獲され、絶滅の危機に瀕している。アムールヒョウは、ロシア国内では”極東のヒョウ”と呼ばれるが、僅か20−30頭が棲息するのみだ。 雄雌を比較すると、雄の頭の方が雌のものよりも大きいので、容易に区別できる。雄の首にたてがみ状の長い毛がある。妊娠期間は90〜105日、1産2〜4子。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事