全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

セロ・カリペウモのヴィルコ・モンスターSanta Filomena Viluco monster
チリのアタカマ砂漠を通る道路で "恐竜の様な" 巨大なカンガルーに似た生物が多くのドライバーによって目撃されている。
目撃者によればその生物は体長が2メートル以上もあったといい、カンガルーのようにピョンピョンと後肢2本で飛び跳ねていたという。
ヴィルコ・モンスター (ビルコ・モンスター) とは、チリの山岳部に位置するセロ・カリペウモ (Cerro Cullipeumo) の廃坑に棲みついているといわれる。
セロ・カリペウモの町のひとつ、ヴィルコ (Viluco) ではじめて目撃されたことからこの名がある。
ヴィルコ・モンスターはカンガルーのような体つきをしており、カンガルー同様、後肢二本で飛び跳ねるように移動する。動きは極めて俊敏、後肢が非常に発達していると考えられています。
体高は1.5メートルほど、鼻面はどう猛なオオカミに似ており、背中にはヤマアラシのようなタテガミ、ガラガラのような尻尾を持っていました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事