全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
米国ペンシルバニア州の森の中で、小人の妖精ノームが撮影された。
撮影者が動物の動きや熱をセンサーで感知して自動でシャッターを切る狩猟用カメラを仕掛けておいたところ、不思議なノームの姿が写っていた。
最初の2枚は2014年7月2日の午前7時38分18秒、もう1枚は午前7時38分20秒にシャッターが切られたと記録が残っている。ノームの体長は約1メートルだった。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事