ここから本文です
西陣屋のブログ(西陣織よもやま話)
月〜金の毎日、きものクイズを出題してみようと思います。宜しくお願いします。

書庫全体表示

引箔の話 6

今回は加工された箔、絵箔、文様箔についてです。
絵箔、文様箔というのは、絵や柄、模様を描いた箔を裁断して、順番通り少しのズレも無く生地に織り込むと元の絵がその通りに織物に仕上がるというものです。
元絵があるので、少しでもズレたりすると一目で失敗と分かってしまうので、高い織り技術を必要とします。
当店で取り扱っている絵箔の商品はこちら
イメージ 1


絵箔、文様箔には、大きく分けると型を使う物と筆や刷毛などを使う手描きの物があります。
どちらもこれまで5回で紹介してきた漆や箔などの技の集大成というべき物で、緯糸のピッチなど柄を正確に表現する為には、織屋の製作意図を良く理解して仕上げなければいけません。
職人の腕の見せ所で、こうして出来上がった箔は、それだけで芸術品ともいえる素晴らしいものです。

京都伝統の逸品 西陣織の帯の事なら、『京の帯処 西陣屋』

ファッション 着物・和装のblogランキングです。
当店も参加しています。
こちらのクリック宜しくお願い致します。↓

こちらは別のランキング、クリック宜しくお願い致します。↓

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事