全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 こんにちは、じゃじゃ丸です。

 こないだ、特別展 「 描かれた能 」 開催中の 細見美術館へ足を運びました。
昨年の奈良から1年以上、待ちに待った 国立能楽堂コレクション展 でございます。

細見美術館は、京都観世会館のほん近く、岡崎に佇む こじんまりとして素敵な美術館です。
一般的には、琳派展や「 アートキャンパス 」 を企画されていることで有名ですよね。
狂言に関しては、ミュージアムショップで、 「 附子 」 が手に入ることで知られています。
もちろん、 「 向こうから吹く風に当たってさえ滅却するほどの大の毒 」 ではなく、おいしい水飴です。

個人的には、伊呂波会のお姉さんがなさった即興のお芝居を観に行ったこともあり、何かと縁のある場所。
その時の会場でもあった レストラン「 CAFE CUBE 」 は、時間を忘れて落ち着くことが出来る空間です。
半オープンのカフェで、吹き抜けの地下庭園に出ると大変気持ちいい。今回も、ランチを頂いちゃいました。

 さて、今回の展示は、 奈良県立美術館に回ってきた 「 能の雅 狂言の妙 」 展とは一味違い、
「 描かれた能 ―絵で楽しむ、文様が語る― 」 という題で、能楽の絵画、意匠に焦点を当てています。
出品されているのは、能装束、狂言装束、絵画、能面、狂言面 ( 展示順 ) で、ざっと100点程度でしょうか。

興奮してしまいした。室町時代、江戸時代の作品を通して、当時の能の気分を感じることが出来ただけではなく、
文様の意匠が糸口となって想像の世界が広がったり、面の微かな照り曇りが豊かな表情を生む、
削ぎ落とされた抽象的な形が 具体的な世界を生みだしていく、能楽の愉しみを体感することが出来ます。
とは言いつつも、実際に手に取ってみたい!着けてみたい!と うずうずしてきて・・・
それは叶いませんが、早く能が観たくなって参ります。そのまま観世会館へなんて楽しみ方もありますよ。

前期展示の中で、気になった作品を挙げてみます。次回、いくつか紹介したいと思います。
この展示は1月17日(日)まで行われていまですので、みなさまも是非ぜひお運び下さい♪
能装束 「白地唐花入丁字立涌模様半切」「紅白段花筏模様唐織」「白地七宝繋唐松檜扇模様唐織」
    「紅地雪持椿模様唐織」「紺地立浪水犀桶模様縫箔」「紅地麻葉繋花車模様縫箔」
    「白地青海波紅葉模様摺箔」「紫地竹梅若松模様長絹」「紫地変青海波若松梅模様舞衣」

狂言装束「海老茶地折鶴模様素襖上下」「紺地光琳桐模様肩衣」
    「黄地碇模様肩衣」「黒地丸文散模様半袴」

絵画  「能楽図屏風」「宮中能楽図 狩野栄信筆」「翁・三番三・千歳 狩野栄信筆」
    「雷 河鍋狂斎筆」「能装図」「能演目番付」

能面  「白色尉」「小面」「曲見」

狂言面 「尼」「小猿」「武悪」

「国立能楽堂コレクション 描かれた能 ―絵で楽しむ、文様が語る―」 
 前期 12月19日(土)〜1月17日(日) 
 後期  1月19日(火)〜2月14日(日)
 於・細見美術館
画像は、「 古能狂言之図 」 より 「 犬山伏 」 。江戸時代初期に描かれたものです。
山伏の祈りを囃子入りで演じている様子。見所も生き生きとして、「 芝居 」 の感覚が伝わります。
( 細見美術館さんより許可を得て 掲載させて頂いております。 )

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事