全体表示

[ リスト ]

 こんにちは、じゃじゃ丸です。

 「 春秋座 狂言立ち合い 」 の様子をレポートします。
僕はぺぷちゃんと一緒でしたが、ウェブ上でお世話になっている方々も、沢山いらしていたそうです。
見所に見巧者の方が多い公演では、緊張と緩和の気分が同調して、楽しみが倍増しますよね。
みなさんのお顔さえ存じておれば、ご挨拶申し上げることができたのですが、失礼いたしました ・・・

 さて、まずは昼の部、野村萬斎師の三番叟で幕が上がります。
と言っても、既に緞帳は上がっていて、所作台と反響板だけのシンプルな空間演出でした。
花道はあっても、柱がありません。この舞台での三番叟は大変だなと思っていると、お調べが聴こえます。
一噌幸弘師のお調べが、いつも聴いている森田流のそれと違い、自然 緊張感が高まって参ります。

千歳が面箱を持って、三番叟やお囃子がそれに続く、翁の準じる形でした。
三番叟の装束は、紫地の直垂から覗く着付が、橙地の格子熨斗 ( 太郎冠者のような着付 ) に見えます。
常の紅入厚板でない違和感、神経質すぎるでしょうか。ちなみに、千歳は色違いの緑直垂でした。

三番叟は、さすが萬斎師でした。
フェスティバルかショーを見せられているような感覚で、押し付けがましい所もありますが、
何と言っても下半身こめる気迫が違います。見所に息をつかせないような緊張感を感じました。
揉み出しで小スミではなく正先へ出たり、揉之段の途中で花道を使ったりという演出も功を奏し、
和泉流では三番叟が始終 「 ホンホ 」 と掛け声をかけていることも一つの要因でしょう。
四本の柱がない空間で、照明だけを頼りに、萬斎師の身体が柱になっていたとでも言いましょうか。
少し疲れてきた位のほうが、技術の奥にある身体が見えてくるので、いいのかも知れませんね。

次の蝸牛は、お馴染みの茂山千五郎家のもの。安心して見ていられます。
山伏が花道から登場し、七三で次第と名乗りがあったからでしょうか、お囃子も正面を向いています。
藪の中で山伏が寝転んで、主従が下手から登場し、 「 まず第一、頭が黒うて・・・ 」 という所では、
あまりの無防備さに、我々も先読みして笑ってしまいます。「 もしやこなたは、蝸牛殿ではござらぬか 」
「 何を隠そう身共でおりゃる 」 「 はぁはぁ、すればこなたが蝸牛殿でござるか 」 からは、
騙すというより、付き合ってあげる、山伏が太郎冠者を包みこむような大きな流れが出来上がり、
それが観客にも伝わります。頭、貝や角も確認するのも底抜けに明るく、囃子物に発展して行きます。
ん〜、やっぱり茂山千五郎家の台本、演出はやめられない (笑)

最後に、萬斎師と逸平師のトーク、この企画の仕掛け人、渡邊守章先生が司会をなされました。

三番叟は、 「 五穀豊穣 」 を祈念し、揉み出し、土地を耕し、種蒔き、地固め ・・・という定番の説明。
柱に向かって詰めていくのを 「 みちつくり 」 の型と言い、畦作りを象徴しているとは初耳でした。
逸平師も 「 初耳! 」 のようなお顔。ただし、農耕儀礼というのは後付らしいですけどね、と渡辺先生。

もどきについては、茂山家はロック三番三、五人三番三、野村家は噴水とのコラボなどがあったというお話。
足拍子に合わせて、噴水を上げていったとか(笑) 狂言方の舞事と言えば、三番三くらいですものね。
次第や囃子物のアシライは、「 三ツ地 」 を繰り返すのみで、お囃子と本格的に絡むのは、やっぱり三番三。
    1 2 3 4 5 6 7 8
大鼓 ヤアー ハ△

小鼓        ヤー○  ハ・ハ○
 個人的には、萬斎師が、鈴渡しの前の問答を、カラオケで 「 歌って下さいよ 」 とマイクを渡されて、
「 いやいや私は・・・ 」 なんて断りつつも、結局のりのりで歌ってしまう様子に例えはったのに受けました。

渡邊先生から、加藤周一先生の著書を読んで下さいとか、折口学説ではーとか、表先生がお詳しいーとか、
教育的なお話も多く出ましたね。それでも、ペダンティックにならない雰囲気が救いでした。

今回はここまで。夜の部はまた次回、レポートします。
「春秋座狂言立ち合い」
 2月20日(土)14時・17時
 於・京都芸術劇場 春秋座 
 昼の部
 「三番叟」   野村萬斎 野村遼太 一噌幸弘 大倉源次郎 亀井広忠
  狂言「蝸牛」 茂山千五郎 茂山逸平 茂山茂
  トーク    野村萬斎 茂山逸平 渡邊守章
 夜の部
 「三番三」   茂山逸平 茂山童司 杉信太朗 大倉源次郎 亀井広忠
  狂言「蝸牛」 野村萬斎 野村万作 野村遼太
  トーク    野村萬斎 茂山逸平 渡邊守章

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

いいレポートだなぁ〜、行きたくなっちゃいます♪(残念!!)
夜の部も期待してますぅ、\(^-^)/

2010/2/27(土) 午前 9:41 [ haruka ] 返信する

顔アイコン

レポート読ませていたきました。楽しかった舞台が思い出されました。萬斎氏の舞台は切れ味が魅力ですが、京都のお豆腐狂言はゆったりとほのぼのしていますね。媚びるのが嫌いな方は、萬斎氏のやりすぎる感がお嫌いな方も・・。一生懸命過ぎるのですが〜。とりとめも無く書きました。トラバありがとうございました。

2010/2/27(土) 午後 11:45 今日奈良庵 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。じゃじゃ丸です。
最近の萬斎師、狂言が落ち着いてきはったような印象があります。
それでいてキレの技も失っていません。ますます期待しています。

2010/3/2(火) 午前 1:41 [ 京大狂言会・同大狂言会 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事