全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ ]

2つの気になる隧道を覗いて待ち合わせ場所の駐車場に戻ると、まききさんも自転車を準備中。

イメージ 1

4回目にしてやっと待ち合わせの3人集合となります(笑)。

イメージ 2

まききさんのMTBは自動車用のHIDランプ装備の隧道散策仕様。
今でこそ自転車は乗れれば良いという私ですが、私も昔は自転車のパーツを取っ替えしていたことがあります。
その頃の私は今と違って職場が近いおかげで、8時過ぎまでの残業程度なら9時前には帰宅できたので、夜間によく1時間ほどのサイクリングをしていたこともあり、特に力を入れていたのが前照灯でした。

MTBを購入して1ヶ月後には電池式のハロゲンランプ4灯立て。
それから2ヶ月でバッテリ式のハロゲンランプ2灯が追加された後、自転車用のHIDランプを追加していた事もありましたっけ……。

重量増加は気にならないけれど、ライトは明るければ明るいほど良い、そんな私にはまさに理想のカスタムです(笑)。

イメージ 6

というわけで、駐車場で記念撮影。
ちなみに、私たちに併せてママチャリで参加のdoodoongooさんは、地元どころか一番遠くからの参加です。
わざわざの自転車での参加、ありがとうございました!

一応補足しておくと、お二人が工事メットの装備なのは、お二人にとってのトンネル散策の正装、いわば戦闘服だったりするからです。

イメージ 7

駐車場を走り出すとすぐに道路の下を通過する三島ダムの余水吐き。
こうしてみると水は殆ど流れていませんが、通過して振り返るとこんな具合。

イメージ 8

冬のこの時期、三島湖はほぼ満水なんですね。

イメージ 9

そしてこちらがポニーワーレントラスの奥米橋。

イメージ 10

千葉縣と旧字の県なので古いはしかと思いきや、戦後のもので意外に新しいんですね。

イメージ 11

そしてこちらが奥米トンネル。
この写真では入口付近で分かりづらいかも知れません。

イメージ 12

ですが、こうして見ると、まききさんのライトの強力さが分かっていただけるでしょうか?
ちなみに、デジイチを自分の顔の脇、右耳の前辺りに押しつけるようにして撮影しています。
で、このカーブのキツイ素掘りの奥米隧道の見所が正面左端。

イメージ 3

謎の横穴(笑)。
この横穴は恐らくは上総地域の水路隧道跡と思われ、この先は三間川沿いの奥米渓谷に切り立つ殆ど垂直の岸壁に出るそうなので、外に出ると命を失う危険もあるので散策はしないことをお勧めします。

イメージ 4

こちらは集落へと登る割りとキツイ登り坂の途中にある、岸壁に穿たれた小さな穴。
房総の岸壁には、石仏などを収めた小さな穴がよく見受けられます。

イメージ 5

とはいえ、ここで面白いのはお墓みたいな形をしたこの石碑(?)。
刻まれているのは梵字、いわゆるサンスクリット語ってやつでしょうから、仏教に由来のものなのではないかと思われますが、文字の配置と周囲の円が、まるで魔方陣のような独特の美しさを見せてくれます。

他では私は見たことが無い様式なんですが、何なんでしょうね?
さて、次回辺りでやっとdoodoongooさんの記事に追いつく予定です(笑)。

この記事に

開く コメント(6)

直角隧道の出口を抜けると、目の前には次の隧道。

イメージ 1

入口に接近しましょう。

イメージ 2

入口から素掘り、そして中にはささやかながらも蛍光灯の明かりが見えることから、日常的にここを利用する一般市民の民家がこの先にはあるのだろうことがうかがい知れます。

イメージ 3

こちらは手前の隧道と同じく、山側の端に掘られた排水路と、手堀りの隧道らしい、房総の隧道には良く見られる種類のノミか何かの跡。

イメージ 4

こちらは反対に湖側の壁面ですが、こちらは何だかあまり見たことの無い感じの工具の跡でした。

さて、先ほどの直角隧道も面白かったけれど、こちらが面白いのは途中にあるこの坑内分岐。

イメージ 5

doodoongooさんは分岐トンネルをライフワークの1つにしているだけあってここにも詳しいのですが、地元のこんな特徴的な隧道の連続さえ知らない自分が情けない(苦笑)。

この腰を折り曲げて入らないとくぐることができない、二五の穴よりも少しだけ高規格(あえて言うなら一間×五尺で標準サイズの仙台藩の潜り穴サイズくらい?)というレベルの分岐を抜けると、その先にあるのは小さなお社。

イメージ 6

別に立派なものではありませんが、本来の立地は谷側を望む壁面中央といった感じだったのでしょう。
今もしっかりと手入れをされている様子が良いですね。

イメージ 7

doodoongooさんと二人、軽く手を合わせて隧道に戻ります。
ちなみに、階段は壁面を削った石材そのまま。

イメージ 8

通過すると、反対側の北側坑口は綺麗な四角形の断面でした。

イメージ 9

斜めに走る地層のマーブル模様も美しい、房総の手堀分岐隧道。
三島湖を訪ねるときには、是非とも立ち寄ってみてください。

さて、まききさんもそろそろ来ている頃でしょう。
doodoongooさんと二人、急いで駐車場へと戻ります。

この記事に

開く コメント(6)

三島湖の駐車場にたどり着くと、既に来ていたdoodoongooさんと合流。
待ち合わせの時間にはかなり余裕があったので、自動車から町乗り用の軽快車(いわゆるママチャリ)を降ろしたdoodoongooさんと、付近を散策(というか、千葉県民の私が初めて、県外から来ているdoodoongooさんにはお馴染みの物件)。

イメージ 1

場所は駐車場からわずか北に100m。


入口は大して変わったものではありませんが、入ってすぐに素掘りにコンクリート吹き付けになります。

イメージ 2

ここで振り返るとこんな感じ。

イメージ 3

こちらもなかなか良い雰囲気です。

イメージ 4

内部は右側がボロボロと崩れて山になっていますが、左側には素掘りの排水路。
そして、違和感がバリバリの真正面。

イメージ 5

途中から壁面はコンクリート吹き付けの無い純粋な素掘りに変わって、出口付近で殆ど直角のコーナー(笑)。

イメージ 6

コーナーのイン側は、車のタイヤ跡も鮮明に残っているだけに、自動車のために切れ込んでいますが、

イメージ 7

この通り、コーナーのアウト側は殆ど直角!
三島湖の駐車場は自転車で何度も通過したことがあったのに、今までここに立ち寄ったことが無かったなんて、我ながらなんて勿体ない……。

イメージ 8

コーナーを抜けると出口はコンクリート壁にライナープレートに変わって外に抜けます。

この記事に

開く コメント(4)

ずいぶん前の事になりますが、面白い川廻しがあるということで訪ねようとしたものの、1度目はアクセスポイントさえ見つけられずに撤退。2度目は例の文宝洞を訪ねた後に散策、今度は無事に到着できました。

で、その1年後くらいに例の北陸隧道ツアーで、まききさん、doodoongooさん、お二人にもいずれこの川廻しをお見せしたい! と、いずれはご一緒しましょう! と、約束して別れました。

その後、なかなかお二人を誘う時間が取れませんでしたが、今年のまだ寒い時期にやっとお誘いすることができまして、再訪しました。

doodoongooさんが既に紹介を開始していますが、それを追いかける形で併走したいと思いますので、私の方は合流前の辺りから(笑)。

というわけで、実際に川廻しが紹介できるのはかなり先になるかと思います。
川廻しそのものが気になる方は、気長に待っていただければ……と。

イメージ 5

待ち合わせの時間に間に合わせるために、朝の5時前に自宅を出発して君津駅まで、そこで久留里線に乗り換えて久留里駅へ。

イメージ 6

久留里駅で下車すると、鉄の道の皆さんがお待ちかねのタブレット交換。
すみません、輪行袋持参ですので、さっさと改札へ。

イメージ 7

久留里駅到着は午前9時前、駅前ロータリーは舗装を剥がして工事中でした。

イメージ 8

折角の久留里なので、自噴井戸を幾つかまわってから。

イメージ 9

この通り、久留里には自噴井戸、あるいはそれを水道管で運んだ水場が沢山あります。

イメージ 10

水に恵まれない場所の多い上総(南房総)では珍しい地域です。

イメージ 11

私の家から久留里までは4時間近くも掛かる場所ですが、何となくそろそろ見慣れてきた景色の中を丘越えで三島湖へ。

イメージ 12

三島湖の一歩手前までたどり着いたところで、時間には余裕があるので名称・竣工時期不明の廃橋へ。

イメージ 1

柵がしてありますが、歩行者まで妨げるつもりはなさそうなので、自転車を置いて隣を失礼。

イメージ 2

ダムの方角に目を向けると余水吐きからちょろちょろと。

イメージ 3

下流側はこの通り。
欄干の方もボロボロです。

イメージ 4

橋を渡りきると、そこには真新しい軽トラか何かの轍が!
この橋、まだ使う車が居るんですね(苦笑)。

さて、合流地点の三島湖の駐車場へと向かいます。

この記事に

開く コメント(6)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ ]


.


みんなの更新記事