週末家庭菜園から新規就農を目指して

一言メッセージ :しばらく土日はご訪問ができそうにありませんがよろしくお願い致します。m(_|_)m

全体表示

[ リスト ]

 今日は、先週やっとのことで購入できましたEC計(導電率計なのですが、先日の記事では、私のご紹介の仕方が悪くて多くの方がPH計と間違えわれていました、、、^|^;)の測定方法等をこれから使用する為にまとめておきたいたと思います。 先日のEC計を購入した記事→http://blogs.yahoo.co.jp/kyoji_shimoda/55654534.html

 このEC計を購入した目的は、勿論畑の土壌の凡その窒素の残留分を測定することでした。多肥や少肥では、野菜はまともに育ってくれないし、元肥を入れるときに残留窒素がどの程度かも何時も不安に思っていましたので、これを何とか活用したいと思っています。^|^
 御参考 私の以前のECの記事  http://blogs.yahoo.co.jp/kyoji_shimoda/52458134.html
       EC測定の必要性    http://www.taihiya.com/index/ecsokutei.htm

 それで早速の先週末に、じゃが芋の跡地のECを計ろうとしたのですが、先週末は結局計ることができませんでした。^|^; 実は、私の購入EC計は、乾燥土壌:蒸留水を1:5の重量比混ぜて攪拌して、この上澄みを測定するタイプなのですが、蒸留水は畑の井戸水で大丈夫だろうと高をくくっていたのが間違いで、鉄分が多くて使い物になりませんでした(この水だけのECがなんと0.5mSもありました)。^|^;
 土壌のEC測定方法by堀場 http://www.jp.horiba.com/story/conductivity/conductivity_07.htm

 畑の井戸水が使えないことは分かりましたが、とても蒸留水を購入してまで測定はできませんので、今週末までに化学屋さんが良く蒸留水の代用に使用されている市販のボルビック飲料水を用意して再挑戦したいと思います。^|^; (私の購入した物と違って、土壌に直接挿入するだけでECを簡単に計れるものもあるのですが、畑で使用している水が私の畑のような水では、このタイプは使い物にならないかも、、、^|^;)

 そうそう,ECがちゃんと測定できるようになったら、このEC値から元肥を調整する必要がありますが、これについてもしっかりデータをネットで見つけることができました。^|^
 こちらの奈良県の「施肥の基本」の中に記載されています。http://www.pref.nara.jp/nogyos/nousou/sehi-kijyun/sehikijyun1.htm#dojyouseiikusindan

 上の「施肥の基本」でいろいろと詳細な説明もありますが、用はこの表です(何時もの無断転載です。^|^;)
イメージ 1

 上の表の基準量と言うのは、野菜別の施肥基準にある元肥の量のことで、この量を表のように調整すれば良いようです。

 尚、上の「施肥の基本」の記事の中でも詳しい説明がありますが、EC値はあくまで窒素量の目安なので、使う畑の土壌や肥料によってかなりのばらつきが出るようです。ただ、それは、その畑固有の数値になりますが、窒素の含有量の相関性はしっかりあるようで、実際の測定値と野菜成長で上の表をそれに合わせて修正してやれば、やはりそれなりのことができるようです。今年はこれで秋野菜の元肥の調整を早速やってみたいと思っています。^|^

 それから、ECの測定には全く関係ありませんが、私の今年の枝豆栽培の失敗原因がやっと分かりました。^|^;
 この原因ついては、マメトラさんから早生の枝豆は地温が上がらないので根粒菌もできず施肥量を通常栽培より増やす必要があるとのことを「エダマメ農家の話」の記事で教えて頂いきました。このマメトラさんのこのエダマメ農家の話の記事はこちらです。http://blogs.yahoo.co.jp/sansandaisuki/53549083.html
   →マメトラさん 貴重なお話を記事にして頂きありがとうございました。この記事を読ませて頂いたときには
    気が付かなかったのですが、今頃になって私の失敗がこれであることに気が付きました。^|^;

 実は、先週末までは気が付いてなかったのですが、この御話を裏付けることが、しっかり私の畑でも出ていることに先週末に以下のようにやっと気が付きました。^|^; 

 私の畑ではエダマメとインゲンを同じ畝に植えていて、それぞれを植える場所で元肥調整していますので、それぞれの野菜の境界では、隣の野菜の肥料の影響が必ず出ます。勿論、今回も施肥基準どおりインゲンとエダマメの元肥を入れていましたが、インゲンの方が施肥量も多く、従ってエダマメのインゲンとの境界の株(3株)だけがこのインゲンの肥料の影響をしっかり受けていたようです。^|^;
イメージ 2

 上の写真で左の小さい方が勿論インゲンから離れた場所のエダマメで施肥基準どおりで育ったと思っています。そして、右の大きい方がおそらくインゲンの肥料の影響で育ったと思われるエダマメで、成長の違いは歴然としていました。^|^; (この大きいエダマメの株はインゲンがこの上に倒れて隠れていたので、これまで気がつきませんでした。^|^;)

 昨年までは、私のエダマメは害虫で失敗の連続でしたが、今年はこれで施肥の失敗が原因のようで、これであれば来年は何とかリベンジできるような気がしています。^|^ (とりあえず来年はインゲンと同量の元肥で施肥にしてみる予定です。^|^)

 そうそう、先日の畑の様子の記事で漏れていた、加賀太胡瓜の様子もついでに記録です。^|^;
イメージ 3

 これでやっとこれからが量産モードになりそうです。^|^

閉じる コメント(48)

顔アイコン

そらさん 私も枝豆は肥料が要らないと思っていたのですが、今回のことで、これからは私もしっかり肥料を入れて作ることにしたいと思っていますよ。^|^

2008/7/5(土) 午前 6:55 シモダ 返信する

顔アイコン

レオさん 肥料は、難しいですよね。^|^; 元肥えだけで育ってくれる野菜は、管理も比較的簡単なのですが、問題は追肥の多い夏野菜の跡かも、、、^|^;

2008/7/5(土) 午前 6:57 シモダ 返信する

顔アイコン

ラブアップルさん やっと加賀太胡瓜が、これからいっぱい収穫できそうな感じになってきました。^|^
それから枝豆については、プロの枝豆農家のお話もありますし、私の枝豆のこの様子ではやはり今の時期の枝豆にも追肥をしてやった方が良い様に感じています。^|^

2008/7/5(土) 午前 7:00 シモダ 返信する

考えてやられてるんですねぇ。すごい。
私は、何も考えず、やってます。
いつか、考えるようになるのかな?

胡瓜面白い形していますねぇ。

2008/7/5(土) 午後 9:10 まれお 返信する

確か去年は掘り起こしたまま保存し長く持ちました。やはり洗わないほうがよかったのですね、急いで頂くか貰ってもらうことにします.ありがとうございます。

2008/7/5(土) 午後 10:42 ruuandanri 返信する

顔アイコン

むらふじさん ここまでやる必要があるかと言えば、全くその必要はないと思っています。^|^;
ただ、硝酸濃度の低いおいしい野菜を食べるのには良いのではと思う程度です。^|^

2008/7/6(日) 午前 7:25 シモダ 返信する

顔アイコン

Berryさん 枝豆がこんなに肥料が必要とは思ってもなくて、今年もしっかり失敗してしまいました。^|^;
でも、来年はこれでおいしい枝豆を私も食べれそうです。^|^

2008/7/6(日) 午前 7:27 シモダ 返信する

顔アイコン

ちゃんさん 早稲は窒素が必要のようで、尿素が良いようですが、これは化成なので、普通に使われている肥料では油粕が最良だと思います。^|^
石灰の追肥は、落花生で必要で私もそろそろしてやらないと、、、^|^;

2008/7/6(日) 午前 7:31 シモダ 返信する

顔アイコン

ますみさん 枝豆が今年は収穫できてよかったですね。^|^
私も今年は少しだけですが自家製の枝豆をおかげで初めて食べることができましたが、来年はしっかり収穫して食べたいと思っています。^|^; でも、施肥もそうですが、害虫被害も大きくて本当に難しい野菜です。^|^;

2008/7/6(日) 午前 7:35 シモダ 返信する

顔アイコン

あおさん 苺の肥料の効いた場所に蒔かれるとは、無駄が少なくて流石ですね。^|^
やはりご経験で、こうすればできると言うのが分かっている方が凄いと思いますよ。^|^
でも、私も来年こそは、これでおいしい枝豆をしっかり収穫したいと思います。^|^

2008/7/6(日) 午前 7:39 シモダ 返信する

顔アイコン

mimiyukiさん おいしい野菜を作るには、適切な肥料が一番なようなので、こんなことをして遊んでいます。^|^;
私の畑は、貸し農園の一角をお借りしているので、30坪程度しかありません。^|^;
畑を休ませるのは私もちょっと辛いのですが、長い目で見たら休ますのが良いケースかなと思ったりしています。^|^;

2008/7/6(日) 午前 7:43 シモダ 返信する

顔アイコン

kumamoさん 私の畑の地下水は、鉄分をいっぱい含んでいて、ご指摘のように全く使いものになりませんでした。^|^;
それから逆浸透膜で作った水は確かに使えそうな気がします。^|^ 問題はどの水がそれかなのですが、これからいろいろ試して確かめるしかないような気がしています。^|^ でも、ボルビックでもやはり畑の地下水よりは遥かにましでしたので、やはりご指摘のとおりだと思います。
それにしても、やはり分析関係はお詳しいですね。^|^

2008/7/6(日) 午前 7:49 シモダ 返信する

顔アイコン

まれおさん 何も考えないで美味しい野菜ができれば、それで十分かも知れませんが、私にはそこまで経験がないので、いろいろと悩んで遊んでいます。^|^
それから加賀太胡瓜は、これからあのTVのコマシャルのような姿になっていくので、とっても楽しいですよ。^|^

2008/7/6(日) 午前 7:53 シモダ 返信する

顔アイコン

るーあんりさん 詳しいご説明ができませんでしたが、洗わない方が良いことだけは確かだと思いますので、次は洗わずに保管して下さいね。^|^

2008/7/6(日) 午前 7:55 シモダ 返信する

顔アイコン

私の参考にしている本にようると枝豆はインゲン豆より肥料は少ない方が良く育つと書いてあります。新しい土地では初めのうちの生長を助けるた少量の肥料が必要とのことです。難しいですね。

2008/7/6(日) 午後 0:38 うき 返信する

顔アイコン

残肥がどれくらい残っているかを、勘ではなく数値でつかめるのはうれしいですね。
私、元肥や追肥でいつも悩んでいます。

2008/7/6(日) 午後 11:13 [ 芝刈り名人 ] 返信する

顔アイコン

うきさん 私も肥料は少量で、季節による窒素効率のことだけ考えて施肥をしていました。^|^; でも、結果的に上の写真のように大きな成長の差をみると、やはり気温が上がらない時期は、根粒菌もできないので、それなりの窒素を施肥してやらないとやはりだめなような気がしてきています。^|^;

2008/7/7(月) 午後 8:25 シモダ 返信する

顔アイコン

guotouzhiさん 元肥だけ育つ野菜は、それなりに安心なのですが、やはり追肥で育った野菜の後の施肥は私も何時も心配でした。^|^;
でも、これで、これからはちょっと安心できるかも、、^|^

2008/7/7(月) 午後 8:28 シモダ 返信する

すご〜い!
もう、加賀太胡瓜に結実されたのですね\(^o^)/
羨ましいです〜☆

2009/5/5(火) 午前 10:37 [ さと ] 返信する

顔アイコン

さとさん ECの記事からここに飛んで来られたと思いますが。^|^
この記事は、昨年の7月の記事なので、加賀太胡瓜も着果していますが、今年はまだ植えたばかりで、勿論まだ着果はしていません。^|^;
あと2カ月も待たないとと思うと、ちょっと辛いです。^|^;

2009/5/6(水) 午前 6:08 シモダ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事