週末家庭菜園から新規就農を目指して

一言メッセージ :しばらく土日はご訪問ができそうにありませんがよろしくお願い致します。m(_|_)m

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全196ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 長いことご無沙汰して失礼しています。
 もう皆さんにはとっくに忘れられているとは思いますが、今も元気で毎日野菜を作っていて、昨日念願の直売所へ初出荷することができましたので、ブログのけじめの記録をしておきます。
 
 新規就農を目指して本格的に野菜を作りだしたのが2011年、それから畑のオーナーさん、周辺の農家の方々、役場の関係部署の方々に暖かいご支援を得て昨年に農地の賃貸につき農業委員会の正式な認可を頂くことができました。それで、やっと昨日からファーマーズマーケットへ出荷できることなった次第です。
 
 昨日の出荷は、手続き等の確認の為のお試し出荷で大根を10本だけ出しましたが、全て購入頂き感謝してます。(売れ残ると引取りに行かなければならないので助かりました。)
 
 今後のこのファーマーズマーケットへの出荷ですが、勿論、現在でもほうれん草、小松菜、キャベツ、大根等出荷できる野菜はありますが、一方でこちらのファーマーズマーケットで何がどの程度の値段でどれくらい売れているのか全く分からず、これから1年はぼちぼち様子をみながらの出荷になりまそうです。(来年の今頃はここで売れすじの白ネギを生産して出荷していると思います。)
 
  下は2月から出荷予定のキャベツですが、寒さが厳しくて凍らないようにアントシアニンが葉に析出しています
イメージ 1
 
 下の写真も2月から出荷予定の大根です、ほぼ予定どおりの成長です。
イメージ 2
 
  最後に、こちらのブログで応援頂きました皆さんにもお礼申しあげます。本当にありがとうございました。今はこれでやっとスタートラインにつけた気分で、これから頑張らないとと思っています。
  
 連日の雨、雨、雨で雨の日の畑の作業も少なくなってきました。_|_ それで今日は久しぶりに散髪に行こうと思ったら何時もの安い散髪屋はお休み、、、_|_ こんな日には簿記を始めないとと思っても難しいこともあって余り気が進まない。。。。^|^; それでとりあえずさぼっていた畑の記録を簡単にしておきます。
 
 まずは、昨日の新しい畑です。2月から下の写真の水たまりが乾きません。_|_
イメージ 1
 
 それでこの1枚の新しい畑(約1反)は堆肥も肥料も苦土石灰も準備はしたものの後は手つかずです。_|_
イメージ 2
          水たまりが消えてからトラクターを搬入してもらって、それからの作業になりそうです。
 
 それでももう1枚の小さな新しい畑は雨の間に耕運機で無理して耕していたので、2/28の小松菜の播種に続いて3/1にキャベツの定植、3/4にホウレン草の播種と雨の間の作業を進めています。
イメージ 5
 向かって右側から5畝にキャベツ(500本くらい)、2畝に小松菜(6条5cmピッチの点蒔き)、2畝にホウレン草(6条16cmピッチの点蒔き)を植えました。これから左は、時期をずらしてホウレン草等を蒔く予定です。
 
 昨年からの畑には、今収穫/出荷中のサラダカブ、ちぢみホウレン草、なべちゃん葱、実エンドウ(ハウス)以外では、ちょっと遅れていますが今月後半から収穫/出荷予定の九条ネギ、葉付き玉ねぎ、大根が育っていて、下の写真はその九条ネギの様子です。
イメージ 6
 写真の奥のトンネルに大根(ナントのホワイトスティック)が育っています。
 
 それからそろそろ植え付け時期になってきた実えんどうの苗ですが、昨日でまだこんな感じでした。
イメージ 8
 各ポット3粒づつ蒔いて右端が3本/ポット発芽、中央が2本/ポット、左が1本/ポットでまだ発芽中です。
 
 これでは予定している100株にどうも足りなくなりそうなので急遽追加で早生種を3粒/ポットで蒔きました。
イメージ 7
         勿論、今度は育苗トンネルの温床で促成栽培です。
 
 それから最初に蒔いたナスの台木と穂木の昨日の様子です。
イメージ 9
 手前がナスの台木で、奥側が穂木で、今年はまずまずの発芽率でそこそこ発芽が揃ってくれたように思っています。
 
 次に播種したハウス用の大玉トマトは接木をしました。
イメージ 10
 このトマトの接木の成功率は50%程度でしたが、なんとなくコツがつかめた感じで次は自信を持ってやれそうです。^|^
 
 その次の路地トマト達も順調に発芽しています。
イメージ 11
 
 自家採取のナスも地主さんから依頼されたナス用の台木もなんとか発芽してくれていました。 ^|^
イメージ 3
 
 ついでなので昨年の大根やホウレン草等のマルチをした後の播種に使用した播種機です。
イメージ 4
 
 さて、雨が降っていると言うのに畑の苗に水やりにこれからでかけないと、、、^|^;

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

小松菜の播種

 このところの雨で畑はまだ湿っていたのですが(こちらの方言?では「じゅるい」と言う状態です)無理やり畝を完成させて予定より1週間遅れで小松菜をやっと今日蒔きました。
イメージ 1
  約12mの畝2本へ6条で5cmピッチで蒔きました。明日は雨の予報で、この雨の後に種を蒔いた上にフィルムを置いてその上に不織布を掛けてやって発芽させ、発芽したら右側の畝に続けてまた小松菜を蒔く予定にしています。
 
 それからこの小松菜の奥側にはやっとキャベツ用の畝12mx5本も今日ほぼできて後はマルチを張ればやっと完成なので、今育苗中のキャベツの苗もやっとこれで植えるめどがつきました。
 
 それから上の種蒔には播種機を使っていますが、いろいろなメーカーから出ている中の一番ポピュラーな種蒔き機だろうと思ったりしています。でも、小松菜等の小さな種を少量で蒔こうとすると底のくぼみから種がベルトに乗ってくれないので、こんな底上げをつけています。
イメージ 2
 フィルムの先がベルトに当たるようにすることと、このフィルムの裏に種が回り込まないようにすれば万全です。
 
 ところで、全く話が違うのですが、こんな過去の天気情報を入手しました。
イメージ 3
 このデータは今年の2月の気温データーで私が畑で記録しているの気温データと最低気温はほぼ一致して、最高気温が2度低く出ていて、おそらくこのデータの方が畑の気温の記録して正しいと思われました。^|^;
 
 このデータは、実は関西電力の「はぴeみる電」 http://www.kepco.co.jp/service/miruden/index.html
に無料の会員登録をして、このマイページへいくと
イメージ 4
 こんな画面が出て、上の「天気情報と比べる」で、電気を使用している場所の天気情報が出てきました。
 (上の電気代は私の育苗用ヒータと実エンドウのヒータ代です。^|^;)
 
 これで昨年の4月の同様な情報をしらべると、
イメージ 5
 昨年の4/21に最低気温が2度になっていて、この翌日にトマトやピーマン類を植えた記憶があります。
 今年はこのデータを参考にして、各種夏野菜を植えていきたいと思っています。^|^

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

 今日は朝から雨で圃場にも入って畝作りもできず、かといって収穫もできず、偶には畑を休みたかったのですが、育苗中はどうしようもありません。^|^;
 
 それで今日は畑についてからいつものように育苗中の苗の世話をして、それから、ちょうど良いタイミングだったのでトマトやピーマン類の種を蒔きました。
イメージ 1
 トマトもそうですが、今年栽培する品種は現在の販売先で単価/知名度の高い品種が収入の為にメインになります。^|^; それでも私が例年栽培している知名度の低い品種の物は、少量でも今年も栽培します。^|^
 
 これで今年のナス科の野菜の播種は一応完了です。(結局、大玉トマトを2品種、ミニトマト2品種、ピーマン類2品種、ナス類2品種となっています。)

開く コメント(15)

開く トラックバック(0)

いろいろ

 今嬉しいことです。(実際の支払は更にー2円/L)
イメージ 1
 
 「紅はるか」=2袋6個を約800円で売っていて思わず衝動買いして温室に入れました。
イメージ 2
 後で気が付きましたが、この隣には甘太を売っていたので発芽用にはこの甘太の方が良かったような、、、
 
 ニラもトマト用に蒔きました。
イメージ 3
 
 先日蒔いたレタスは、たった1日で発芽してくれたようで2日目でもやしになって大失敗でした。-|-
イメージ 4
 
 そろそろ路地用のトマトやピーマンを蒔きたいので、これら用の台木を蒔きました。 
イメージ 5
 
 そう言えばナスの穂木もやっと発芽を開始してくれました。
イメージ 6
 今年は発芽がある程度揃ってほしいと祈っています。
 
 他にも蒔いていますが、主な出荷用の物はこれぐらいだっと思います。

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

全196ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事