週末家庭菜園から新規就農を目指して

一言メッセージ :しばらく土日はご訪問ができそうにありませんがよろしくお願い致します。m(_|_)m

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 先週の記事のように今年は有機石灰と苦土肥料を入手できましたので、今年はこれを使って野菜を栽培する予定です。^|^ 先週の記事は、こちらです。http://blogs.yahoo.co.jp/kyoji_shimoda/53446314.html#53490951

 ただ、この有機石灰と苦土肥料の施肥は、一般的には土壌分析をした上で行うように言われていて、土壌分析ができる場合は、こちらのサイトの計算式を使って施肥すれば良いようです。
   現代農業 塩基の過不足の計算法 http://www.ruralnet.or.jp/gn/200201/dojo.htm

 ただ、一般に土壌分析のできない家庭菜園でどういうふうに使うかは、当たり前かも知れませんが、関係資料を見つけることができませんでした。^|^;

 それで、この土壌分析については、お金を払えば行って貰える所もありましたが、1回1万円以上も分析費にかけるより、家庭菜園では、できた作物の結果で判断することにしてこれから試行錯誤をしてみたいと思っています。^|^;

 ただ、試行錯誤をすると言っても無茶苦茶はできませんので、この有機石灰と苦土肥料の一応の施肥の目安を自分なりに作ってみました。
 
 それで今回作成した石灰と苦土の施肥の目安は、以前の野菜の施肥基準について有機肥料で施肥する場合の検討結果(追加版) を殆どそのまま利用しています。^|^;
 以前作成したこの施肥基準の記事はこちらです。 http://blogs.yahoo.co.jp/kyoji_shimoda/49498355.html

 この表をベースにして、石灰と苦土の量は、以下のよう考えて計算しました。

\亞イ閥貪擇了榿醂未蓮奈良県の施肥基準の加里成分に対して塩基当量で、5(石灰):2(苦土):1(加里)
 となるようにすることとしました。(本当は土壌分析により、施肥量を変えてこの比に土壌がなるように施肥する
 のが正解のようですのでご注意願います。^|^;)

∪亞イ蓮奈良県の施肥基準の加里の施肥量から、塩基当量で5倍になるように計算しました。

6貪擇眛瑛佑貌猯標の施肥基準の加里の施肥量から塩基当量で2倍になるように計算しました。但し、牛糞
 堆肥を使っている野菜については、この牛糞堆肥に含まれる苦土成分が加里塩基成分と同量であるとして、
 この苦土の塩基分を施肥する苦土量から減算しています。

 以上のように大雑把な計算で下の表を作りましたが、下の表には、下の各有機肥料等を前提に作成していますので、参考にされる場合は、お持ちの各肥料成分とよく比較してご確認頂きますようお願い致します。

〔粕(一般的な成分の物だと思います)→N=5.3,P=2.3,K=1.0 (肥効率 N=60%,P=70%,K=90%)
∧胴任椶し(鶏糞堆肥でも成分的には使用可)→N=2.3,P=5.4,K=2.9 (肥効率 N=45%,P=70%,K=90%)
5輅蟻枠遏複痢2.3の肥料は、少し珍しいかも^|^;)→N=2.3,P=1.8,K=2.4(肥効率 N=30%,P=70%,K=90%)
ね機石灰(ハーモニーシェルのデータです)→石灰(カルシウム)成分=54%
ザ貪據淵泪哀ーゼ27のデータです)→苦土(マグネシウム)成分=27%

 以下が、上記で計算した各野菜別施肥基準に対する有機肥料の施肥量の目安を計算した結果です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 今回の有機石灰と苦土の使用量の計算結果は、一般的に言われているこれらの使用量とほぼ合っているように思いますので、それなりに計算できたような気がしていますが如何でしょうか? ^|^;

 それから、上の表で有機石灰の使用量を機械的に出していますが、やはり基本は野菜にあったPHに調整すべきで、目安にしかならないかもしれません。^|^; 特に、じゃが芋や薩摩芋は、入れない方が正解だと思います。これ以外にもPHの低い条件を好む野菜には注意が必要と思います。今は安いPH計もありますので、これを使われてPHを計って管理するのがお勧めかも、、、^|^;

 それとこの表の有機石灰と苦土肥料の使用量については単肥ですので、お手持ちの肥料の成分に合わせて私が計算に使った石灰57%、苦土27%から比例計算で簡単に合わすことができると思います。(陸王25の場合は25%なのでほとんど誤差の範囲で上の表のままで問題ないと思います。^|^)

 蛇足ながら、一般に市販されている苦土石灰は、石灰55%、可溶性苦土16%、く溶性苦土10%なので、上の表の石灰の施肥量に合わして苦土石灰を施肥した場合、苦土が上の表の1.7倍ぐらい施肥量になります。(当然、苦土に合わせると石灰不足になります。^|^;) この苦土石灰を使った家庭菜園の一般的な土壌分析の結果は、こんな感じのようです。http://www.city.funabashi.chiba.jp/nosuisan/nosen/zkoukaiyou/h18/h16pdf/16-12.pdf

 蛇足のついでに、私の新しい区画のように牛糞堆肥主体で施肥をしていた畑は、一般に苦土が不足して加里が過剰になっていると前の記事でご紹介した現代農業の記事にありましたが、私の畑も一般的な家庭菜園と同じで苦土石灰を使い過ぎていて、苦土過剰になっていたように思っています。^|^; まあ、新しい畑に移るので、当面は上の表で様子を見てみたいと思っています。

 それと、トマトやナスについては、収穫期間も長いので、燐酸、石灰、苦土、加里の成分を途中で変えてどうなるのか試してみたいとも思っています。特に前回ご紹介した現代農業2002年の4月号では夏場は石灰を増やすとトマトの品質が良くなるとなっていましたので、ちょっと楽しみにしたりしています。^|^ (今年から有機石灰を使えますので追肥にも有効かどうか楽しみです。^|^)

 以上は、苦土肥料をお持ちでない殆どの方にあまり面白くもない記事になってしまいましたので、あまり見ることのない昨年収穫したキタアカリの今年の発芽の様子を写真に撮ってみました。^|^
イメージ 5

 ツチもアカリもなくてどこで葉を出すか迷っているようです。^|^; それでも根だけはしっかり出ています。^|^

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事