クローゼの野球,F1,アイスホッケー,サッカーと音楽とetc..

2011.3.23 ご支援ありがとうございました。 無期限休止に入らせていただきます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

クレインズ 首位通過へ負けられない韓国遠征 後半戦スタート


▽High1対日本製紙クレインズ 19時開始 観戦785人 4回戦 クレインズの2勝1敗内1GWS敗 韓国・高陽オウルリムヌリ アイスリンク

High1−日本製紙クレインズ
1P 1−3
2P 2−2
3P 2−0
OT 0−1
合計 5(OT)6

1P 2:58 クレインズ。79坂上A75ユール 3伊藤
1P 5:57 High1。21スミスA56イ ユンジュン 18上野
1P 8:55 クレインズ■76小原A50小窪
1P 19:45 クレインズG79坂上A19佐藤 2外崎
2P 7:53 High1■56イ ユンジュンA18上野 20三谷
2P 9:27 クレインズぃ33鬼頭A19佐藤 24飯塚
2P 15:09 High1G73キム ウンジュンA16クオン テアン 14ソ シニル
2P 17:25 クレインズィ19佐藤A15ゴールディー
3P 18:40 High1ぃ18上野A5ヤング 96キム ドンファン
3P 19:48 High1ィ21スミスA18上野 96キム ドンファン PP
OT 4:05 クレインズΓ3伊藤A11西脇 76小原

ショット High1 50 クレインズ 35
反則(分)  High1 1(2) クレインズ 6(12) 


High1との韓国初戦 High1が3ピリオド終了80秒前からの連続ゴールで土壇場で追いついたが伊藤賢吾のサヨナラゴールでクレインズが先勝 


両チームオールメンバー


High1 オールメンバー
GK 70井上、(32ソンギ)
1st 5ヤング−96ドンファン 56ユンジュン−20三谷−18上野 
2nd 24ヒョンス−6山田 21スミス−19ジョンシク−74ヒョンミン
3rd 75ボムジン−52グァンシク 16テアン−14シニル−10ヒュンジュン
4th (76ムンギ)  (33スンジュン)−73ウンジュン−88ユ

クレインズ オールメンバー
GK 61石川、(42清川)
1st 77梁取−23大澤 50小窪−76小原−11西脇
2nd 9マディル−3伊藤 75ユール−17飯村−79坂上
3rd 2外崎−33鬼頭 24飯塚‐15ゴールディー−19佐藤
4th 4坂田−37角田 1今村−21酒井−47久保

GK+マッチスター


High1−日本製紙クレインズ
High1 70井上 63:05 35ショット 6失点 クレインズ 61石川 64:05 50ショット 5失点 
1st star 3DF伊藤 賢吾 クレインズ サヨナラ弾
2nd star 21FWティム・スミス High1 2G
3rd star 19FW佐藤 博史 クレインズ 1G2A 


順位表
チーム−試合数 勝 (60分勝−延長勝−GWS勝) 敗 (60分敗−延長敗−GWS敗) 勝点−得点−失点−得失点の順

1 王子イーグルス 31 22(18−2−2) 9(6−0−3) 65 118−81 +37
2 日本製紙クレインズ 29 20(17−2−1) 9(5−1−3) 61 106−77 +29
3 アニャンハルラ 32 19(15−2−2) 13(9−3−1) 56 113−84 +29
4 東北フリーブレイズ 30 18(14−1−3) 12(7−3−2) 55 136−91 +45
5 日光アイスバックス 30 14(10−3−1) 16(14−2−0) 40 81−87 −6
6 High1 30 13(11−1−1) 17(15−2−0) 39 110−95 +15
7 チャイナドラゴン 30 0(0−0−0) 30(28−1−1) 2 40−189 −149  



独自順位表
失った勝ち点
1 日本製紙クレインズ 26
2 王子イーグルス 28
3 東北フリーブレイズ 35
4 アニャンハルラ 40
5 日光アイスバックス 50
6 High1 51
7 チャイナドラゴン 88 


個人ランク

得点
1 14FW田中 豪 ブレイズ 
21FW久慈 修平 イーグルス 19
3 18FW上野 拓紀 High1 18
4 25FWブロック・ラドゥンスキ ハルラ 
87FWチョ ミンホ ハルラ 
13FWブルース・マルヘレン ブレイズ 17
7 2DFコール・ジャレット ブレイズ 16
8 11FW鈴木 雅仁 ブレイズ 
76FW小原 大輔 クレインズ 15 


アシスト
1 8FW今 洋祐 イーグルス 32
2 14FW田中 豪 ブレイズ 31
3 70FWスコット・シャンペイン ブレイズ 
2DFコール・ジャレット ブレイズ 27
5 21FWティム・スミス High1
1FWキム ギソン ハルラ 
13FW鈴木 雅仁 ブレイズ 25
8 19FW斉藤 毅 イーグルス 
36FWパク ウサン ハルラ 24 


ポイントランク
1 14FW田中 豪 ブレイズ 50
2 2DFコール・ジャレット ブレイズ 43
3 8FW今 洋祐 イーグルス 41
4 13FW鈴木 雅仁 ブレイズ 40
5 87FWチョ ミンホ ハルラ 39
6 70FWスコット・シャンペイン ブレイズ
21FWティム・スミス High1 
11FWキム ギソン ハルラ 38
9 9FW斉藤 毅 イーグルス 37
10 13FWブルース・マルヘレン ブレイズ 36 


GKセーブ率(規定滞氷時間試合数×40%)
1.44GK福藤 豊 バックス 92.40%
2.61GK石川 央 クレインズ 92.21%
3.61GK春名 真仁 イーグルス 91.91%
4.30GK荻野 順二 イーグルス 90.98%
5.70GK井上 光明 High1 90.50% 


今季のハットトリック


10月3日 ブレイズ 2−4 バックス (バ) 篠原 3得点 青森・八戸新井田
10月9日 ドラゴン 2−10 イーグルス (イ) 久慈 3得点 中国・上海
10月21日 ブレイズ 15−0 ドラゴン (ブ) マルヘレン 3得点 青森・八戸新井田
10月24日 ブレイズ 8−2 ドラゴン (ブ) ジャレット 3得点 岩手・盛岡
11月17日 ブレイズ 4−0 High1 (ブ) 鈴木 3得点 福島郡山・磐梯熱海
11月28日 クレインズ 6−1 ブレイズ (ク) 小原 3得点 北海道・釧路丹頂
12月19日 クレインズ 6−9 イーグルス (イ) 百目木 3得点 北海道・釧路丹頂
1月6日 ドラゴン 1−9 High1 (H) キム ヒュンジュン 3得点 中国・ハルビン
1月9日 ドラゴン 2−8 High1 (H) 上野 3得点 中国・ハルビン

今季の完封


9月25日 イーグルス 1−0 バックス 春名 60分 36ショット 栃木・日光霧降 アジアリーグ通算20戦目の完封
10月2日 イーグルス 1−0 High1 春名 60分 23ショット 西東京・東伏見DyDo アジアリーグ通算21戦目の完封
10月19日 バックス 1−0 ドラゴン 福藤 60分 20ショット 栃木・日光霧降 アジアリーグ初完封
10月21日 ブレイズ 15−0 ドラゴン 酒井 60分 24ショット 青森・八戸新井田 アジアリーグ出場9戦目、先発マスク2戦目での初完封
10月23日 High1 1−0 バックス 井上 60分 19ショット 韓国・高陽 アジアリーグ2年目43戦目のマスクで初完封
11月17日 ブレイズ 4−0 High1 橋本 60分 23ショット 福島郡山・磐梯熱海 移籍後初完封でアジアリーグ3戦目の完封
11月28日 バックス 5−0 ドラゴン 福藤 60分 20ショット 中国・上海 アジアリーグ通算2試合目の完封
12月4日 ブレイズ 6−0 ドラゴン 橋本 60分 23ショット 中国・長春 アジアリーグ通算4試合目の完封
12月18日 High1 6−0 ドラゴン 井上 40分 11ショット → キム ソンギ 20分 5ショット 韓国・春川 今季全チームの中でも初の完封リレー
12月23日 ハルラ 3−0 ドラゴン オム 60分 12ショット 韓国・安養 ハルラ今季初完封でオム アジアリーグ通算5試合目の完封
12月25日 ハルラ 10−0 ドラゴン オム 32分 3ショット → パク 25分 2ショット 韓国・安養 ハルラ 連続完封達成
12月26日 ハルラ 2−0 ドラゴン パク 60分 10ショット 韓国・安養 パク ソンジェ 4戦目(過去3戦途中出場)初先発マスクにして初完封 ハルラALで今季初の3戦連続完封


次戦の試合 1月15日


イーグルス:ドラゴン 北海道・苫小牧白鳥 16時 4回戦
High1:クレインズ 韓国・高陽 12時30分 5回戦
バックス:ブレイズ 栃木・日光霧降 13時 3回戦

クレインズ 首位通過へ負けられない韓国遠征 前半シリーズ最終戦


▽アニャンハルラ対日本製紙クレインズ 18時開始 観戦634人 6回戦 ハルラの3勝2敗内1OT勝1GWS勝 韓国・安養アイスアリーナ

アニャンハルラ−日本製紙クレインズ
1P 0−1
2P 1−1
3P 0−2
合計 1−4

1P 1:38 クレインズ。75ユールA3伊藤
2P 13:53 クレインズ■17飯村A75ユール 11西脇
2P 19:15 ハルラ。87チョ ミンホA79アレックス・キム 1キム ギソン
2P 2:18 クレインズG19佐藤A77梁取 24飯塚
3P 18:42 クレインズぃ17飯村A4坂田 ENP

ショット ハルラ41 クレインズ26
反則(分)  ハルラ7(14) クレインズ8(16) 


クレインズがハルラとのレギュラーリーグ最終戦を制し、前戦で唯一となる全チームからの勝ち越しとはならなかったが、当該チームでの獲得勝ち点はハルラの7を上回り、11を獲得した。 


両チームオールメンバー


ハルラ オールメンバー
GK 31ヒョンスン、(38パク ソンジェ)
1st 23ウッド−5ウジェ 1ギソン−79キム−87ミンホ
2nd 61ドング−2オゥ 36ウサン−19サンウク−25ラドゥンスキ
3rd 3尾野−14ユンファン 8ウォンジュン−71サンウ−88グンホ 
4th 58スンヨプ 16クォンジェ−10ビョンチョン−17ギュホン−11ユウォン

クレインズ オールメンバー
GK 61石川、(42清川)
1st 77梁取−23大澤 50小窪−76小原−11西脇
2nd 9マディル−3伊藤 75ユール−17飯村−79坂上
3rd 2外崎−33鬼頭 24飯塚‐21酒井−19佐藤
4th 4坂田−5蛯名 1今村−14江端−47久保

GK+マッチスター


アニャンハルラ−日本製紙クレインズ
ハルラ 31オム ヒョンスン 59:57 25ショット 3失点 クレインズ 61石川 60:00 41ショット 1失点 
1st star 61GK石川 央 クレインズ 41ショット1失点
2nd star 17FW飯村 善則 クレインズ 2G
3rd star 75FWユール クリス クレインズ 1G1A 


順位表
チーム−試合数 勝 (60分勝−延長勝−GWS勝) 敗 (60分敗−延長敗−GWS敗) 勝点−得点−失点−得失点の順

1 王子イーグルス 31 22(18−2−2) 9(6−0−3) 65 118−81 +37
2 日本製紙クレインズ 28 19(17−1−1) 9(5−1−3) 59 100−72 +28
3 アニャンハルラ 32 19(15−2−2) 13(9−3−1) 56 113−84 +29
4 東北フリーブレイズ 30 18(14−1−3) 12(7−3−2) 55 136−91 +45
5 日光アイスバックス 30 14(10−3−1) 16(14−2−0) 40 81−87 −6
6 High1 29 13(11−1−1) 16(15−1−0) 38 105−89 +16
7 チャイナドラゴン 30 0(0−0−0) 30(28−1−1) 2 40−189 −149  

クレインズ、ハルラは勝ち点が並んでいますが1.OT敗を除いた勝ち点でクレインズが上位


独自順位表
失った勝ち点
1 日本製紙クレインズ 25
2 王子イーグルス 28
3 東北フリーブレイズ 35
4 アニャンハルラ 40
5 High1 49
6 日光アイスバックス 50
7 チャイナドラゴン 88 


個人ランク

得点
1 14FW田中 豪 ブレイズ 
21FW久慈 修平 イーグルス 19
3 25FWブロック・ラドゥンスキ ハルラ 
18FW上野 拓紀 High1
87FWチョ ミンホ ハルラ 
13FWブルース・マルヘレン ブレイズ 17
7 2DFコール・ジャレット ブレイズ 16
8 11FW鈴木 雅仁 ブレイズ 15
9 76FW小原 大輔 クレインズ 14 


アシスト
1 8FW今 洋祐 イーグルス 32
2 14FW田中 豪 ブレイズ 31
3 70FWスコット・シャンペイン ブレイズ 
2DFコール・ジャレット ブレイズ 27
5 21FWティム・スミス High1
1FWキム ギソン ハルラ 
13FW鈴木 雅仁 ブレイズ 25
8 19FW斉藤 毅 イーグルス 
36FWパク ウサン ハルラ 24 


ポイントランク
1 14FW田中 豪 ブレイズ 50
2 2DFコール・ジャレット ブレイズ 43
3 8FW今 洋祐 イーグルス 41
4 13FW鈴木 雅仁 ブレイズ 40
5 87FWチョ ミンホ ハルラ 39
6 70FWスコット・シャンペイン ブレイズ
11FWキム ギソン ハルラ 38
8 9FW斉藤 毅 イーグルス 37
8 13FWブルース・マルヘレン ブレイズ 
21FWティム・スミス High1 36 


GKセーブ率(規定滞氷時間試合数×40%)
1.44GK福藤 豊 バックス 92.40%
2.61GK石川 央 クレインズ 92.38%
3.61GK春名 真仁 イーグルス 91.91%
4.30GK荻野 順二 イーグルス 90.98%
5.70GK井上 光明 High1 90.81% 


今季のハットトリック


10月3日 ブレイズ 2−4 バックス (バ) 篠原 3得点 青森・八戸新井田
10月9日 ドラゴン 2−10 イーグルス (イ) 久慈 3得点 中国・上海
10月21日 ブレイズ 15−0 ドラゴン (ブ) マルヘレン 3得点 青森・八戸新井田
10月24日 ブレイズ 8−2 ドラゴン (ブ) ジャレット 3得点 岩手・盛岡
11月17日 ブレイズ 4−0 High1 (ブ) 鈴木 3得点 福島郡山・磐梯熱海
11月28日 クレインズ 6−1 ブレイズ (ク) 小原 3得点 北海道・釧路丹頂
12月19日 クレインズ 6−9 イーグルス (イ) 百目木 3得点 北海道・釧路丹頂
1月6日 ドラゴン 1−9 High1 (H) キム ヒュンジュン 3得点 中国・ハルビン
1月9日 ドラゴン 2−8 High1 (H) 上野 3得点 中国・ハルビン

今季の完封


9月25日 イーグルス 1−0 バックス 春名 60分 36ショット 栃木・日光霧降 アジアリーグ通算20戦目の完封
10月2日 イーグルス 1−0 High1 春名 60分 23ショット 西東京・東伏見DyDo アジアリーグ通算21戦目の完封
10月19日 バックス 1−0 ドラゴン 福藤 60分 20ショット 栃木・日光霧降 アジアリーグ初完封
10月21日 ブレイズ 15−0 ドラゴン 酒井 60分 24ショット 青森・八戸新井田 アジアリーグ出場9戦目、先発マスク2戦目での初完封
10月23日 High1 1−0 バックス 井上 60分 19ショット 韓国・高陽 アジアリーグ2年目43戦目のマスクで初完封
11月17日 ブレイズ 4−0 High1 橋本 60分 23ショット 福島郡山・磐梯熱海 移籍後初完封でアジアリーグ3戦目の完封
11月28日 バックス 5−0 ドラゴン 福藤 60分 20ショット 中国・上海 アジアリーグ通算2試合目の完封
12月4日 ブレイズ 6−0 ドラゴン 橋本 60分 23ショット 中国・長春 アジアリーグ通算4試合目の完封
12月18日 High1 6−0 ドラゴン 井上 40分 11ショット → キム ソンギ 20分 5ショット 韓国・春川 今季全チームの中でも初の完封リレー
12月23日 ハルラ 3−0 ドラゴン オム 60分 12ショット 韓国・安養 ハルラ今季初完封でオム アジアリーグ通算5試合目の完封
12月25日 ハルラ 10−0 ドラゴン オム 32分 3ショット → パク 25分 2ショット 韓国・安養 ハルラ 連続完封達成
12月26日 ハルラ 2−0 ドラゴン パク 60分 10ショット 韓国・安養 パク ソンジェ 4戦目(過去3戦途中出場)初先発マスクにして初完封 ハルラALで今季初の3戦連続完封


次戦の試合 1月13日


High1:クレインズ 韓国・高陽 19時 4回戦

HRT まず1人目は元祖インド人F1ドライバー



ヒスパニアレーシングチームは、ナレイン・カーティケヤンをレースドライバーに起用することを正式に発表した。2005年シーズンにジョーダンをドライブして以来、F1レースから遠ざかっていたカーティケヤンは、木曜日の午後にツイッターでヒスパニアと契約を交わしたことを明らかにしていた。 

カーティケヤンは、初のインド人ドライバーとして2005年にF1デビューを果たし、2006年と2007年にウィリアムズのテストドライバーを務めた。また、A1グランプリやNASCARにも参戦し、コールズ・アウディ・チームとともにルマン24時間レースにも参戦した経験がある。そして2011年、同郷のカルン・チャンドックが所属するヒスパニアから6年ぶりにF1復帰することになった。

イメージ 1



ナレイン・カーティケヤン


インド出身 1977-1-14生まれ

2005 ジョーダン 19戦フル参戦 0勝−5P−最高位4位 シリーズ18位

1月10日発表時点のエントリーリスト発表


レッドブル・レーシング (レッドブル・レーシング・ルノー)
1 セバスチャン・ヴェッテル(ドイツ)
2 マーク・ウェバー(オーストラリア)
ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス (マクラーレン・メルセデス)
3 ルイス・ハミルトン(イギリス)
4 ジェンソン・バトン(イギリス)
スクーデリア・フェラーリ・マールボロ (フェラーリ)
5 フェルナンド・アロンソ(スペイン)
6 フェリペ・マッサ(ブラジル)
メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム (メルセデス)
7 ミハエル・シューマッハ(ドイツ)
8 ニコ・ロズベルグ(ドイツ)
ロータス・ルノー・F1チーム (ルノー)
9 ロバート・クビツァ(ポーランド)
10 ヴィタリー・ペトロフ(ポーランド)
AT&T・ウィリアムズ (ウィリアムズ・コスワース)
11 ルーベンス・バリチェロ(ブラジル)
12 パストール・マルドナド(ベネズエラ)
フォースインディア・F1チーム (フォースインディア・メルセデス)
14 TBA
15 TBA
ザウバー・F1チーム (ザウバー・フェラーリ)
16 小林 可夢偉(日本)
17 セルジオ・ペレス(メキシコ)
スクーデリア・トロロッソ (STR・フェラーリ)
18 TBA
19 TBA
チーム・ロータス (ロータス・ルノー)
20 ヤルノ・トゥルーリ(イタリア)
21 ヘイキ・コバライネン(フィンランド)
HRT F1チーム (HRT・コスワース)
22 ナレイン・カーティケヤン(インド)
23 TBA
ムルシア・ヴァージン・レーシング (ヴァージン・コスワース)
24 ティモ・グロック(ドイツ)
25 ジェローム・ダンブロシオ(ベルギー)


※チームの横のかっこはコンストラクター名 ドライバーの横のかっこはドライバー自身の国籍 TBA=未確定
順位表
チーム−試合数 勝 (60分勝−延長勝−GWS勝) 敗 (60分敗−延長敗−GWS敗) 勝点−得点−失点−得失点の順

1 王子イーグルス 31 22(18−2−2) 9(6−0−3) 65 118−81 +37
2 日本製紙クレインズ 27 18(16−1−1) 9(5−1−3) 56 96−71 +25
3 アニャンハルラ 31 19(15−2−2) 12(8−3−1) 56 112−80 +32
4 東北フリーブレイズ 30 18(14−1−3) 12(7−3−2) 55 136−91 +45
5 日光アイスバックス 30 14(10−3−1) 16(14−2−0) 40 81−87 −6
6 High1 29 13(11−1−1) 16(15−1−0) 38 105−89 +16
7 チャイナドラゴン 30 0(0−0−0) 30(28−1−1) 2 40−189 −149  

クレインズ、ハルラは勝ち点が並んでいますが1.OT敗を除いた勝ち点でクレインズが上位


独自順位表
失った勝ち点
1 日本製紙クレインズ 25
2 王子イーグルス 28
3 東北フリーブレイズ 35
4 アニャンハルラ 37
5 High1 49
6 日光アイスバックス 50
7 チャイナドラゴン 88 


個人ランク

得点
1 14FW田中 豪 ブレイズ 
21FW久慈 修平 イーグルス 19
3 25FWブロック・ラドゥンスキ ハルラ 
18FW上野 拓紀 High1
13FWブルース・マルヘレン ブレイズ 17
6 2DFコール・ジャレット ブレイズ
87FWチョ ミンホ ハルラ 16
8 11FW鈴木 雅仁 ブレイズ 15
9 76FW小原 大輔 クレインズ 14 


アシスト
1 8FW今 洋祐 イーグルス 32
2 14FW田中 豪 ブレイズ 31
3 70FWスコット・シャンペイン ブレイズ 
2DFコール・ジャレット ブレイズ 27
5 21FWティム・スミス High1
13FW鈴木 雅仁 ブレイズ 25
7 19FW斉藤 毅 イーグルス 
36FWパク ウサン ハルラ 
1FWキム ギソン ハルラ 24
 


ポイントランク
1 14FW田中 豪 ブレイズ 50
2 2DFコール・ジャレット ブレイズ 43
3 8FW今 洋祐 イーグルス 41
4 13FW鈴木 雅仁 ブレイズ 40
5 70FWスコット・シャンペイン ブレイズ
87FWチョ ミンホ ハルラ 38
6 11FWキム ギソン ハルラ 
9FW斉藤 毅 イーグルス 37
8 13FWブルース・マルヘレン ブレイズ 
21FWティム・スミス High1 36 


GKセーブ率(規定滞氷時間試合数×40%)
1.44GK福藤 豊 バックス 92.40%
2.61GK石川 央 クレインズ 92.03%
3.61GK春名 真仁 イーグルス 91.91%
4.30GK荻野 順二 イーグルス 90.98%
5.70GK井上 光明 High1 90.81% 


今季のハットトリック


10月3日 ブレイズ 2−4 バックス (バ) 篠原 3得点 青森・八戸新井田
10月9日 ドラゴン 2−10 イーグルス (イ) 久慈 3得点 中国・上海
10月21日 ブレイズ 15−0 ドラゴン (ブ) マルヘレン 3得点 青森・八戸新井田
10月24日 ブレイズ 8−2 ドラゴン (ブ) ジャレット 3得点 岩手・盛岡
11月17日 ブレイズ 4−0 High1 (ブ) 鈴木 3得点 福島郡山・磐梯熱海
11月28日 クレインズ 6−1 ブレイズ (ク) 小原 3得点 北海道・釧路丹頂
12月19日 クレインズ 6−9 イーグルス (イ) 百目木 3得点 北海道・釧路丹頂
1月6日 ドラゴン 1−9 High1 (H) キム ヒュンジュン 3得点 中国・ハルビン
1月9日 ドラゴン 2−8 High1 (H) 上野 3得点 中国・ハルビン

今季の完封


9月25日 イーグルス 1−0 バックス 春名 60分 36ショット 栃木・日光霧降 アジアリーグ通算20戦目の完封
10月2日 イーグルス 1−0 High1 春名 60分 23ショット 西東京・東伏見DyDo アジアリーグ通算21戦目の完封
10月19日 バックス 1−0 ドラゴン 福藤 60分 20ショット 栃木・日光霧降 アジアリーグ初完封
10月21日 ブレイズ 15−0 ドラゴン 酒井 60分 24ショット 青森・八戸新井田 アジアリーグ出場9戦目、先発マスク2戦目での初完封
10月23日 High1 1−0 バックス 井上 60分 19ショット 韓国・高陽 アジアリーグ2年目43戦目のマスクで初完封
11月17日 ブレイズ 4−0 High1 橋本 60分 23ショット 福島郡山・磐梯熱海 移籍後初完封でアジアリーグ3戦目の完封
11月28日 バックス 5−0 ドラゴン 福藤 60分 20ショット 中国・上海 アジアリーグ通算2試合目の完封
12月4日 ブレイズ 6−0 ドラゴン 橋本 60分 23ショット 中国・長春 アジアリーグ通算4試合目の完封
12月18日 High1 6−0 ドラゴン 井上 40分 11ショット → キム ソンギ 20分 5ショット 韓国・春川 今季全チームの中でも初の完封リレー
12月23日 ハルラ 3−0 ドラゴン オム 60分 12ショット 韓国・安養 ハルラ今季初完封でオム アジアリーグ通算5試合目の完封
12月25日 ハルラ 10−0 ドラゴン オム 32分 3ショット → パク 25分 2ショット 韓国・安養 ハルラ 連続完封達成
12月26日 ハルラ 2−0 ドラゴン パク 60分 10ショット 韓国・安養 パク ソンジェ 4戦目(過去3戦途中出場)初先発マスクにして初完封 ハルラALで今季初の3戦連続完封


次戦の試合 1月11日


ハルラ:クレインズ 韓国・安養 19時 6回戦

クレインズ 首位通過へ負けられない韓国遠征


▽アニャンハルラ対日本製紙クレインズ 18時開始 観戦821人 5回戦 クレインズの2勝2敗内1GWS敗 韓国・安養アイスアリーナ

アニャンハルラ−日本製紙クレインズ
1P 1−2
2P 1−0
3P 1−1
OT 1−0
合計 4(OT)3

1P 7:51 クレインズ。77梁取A11西脇 76小原 PP
1P 15:02 ハルラ。5キム ウジェA87チョ ミンホ 23ウッド PP
1P 17:09 クレインズ■50小窪A76小原 11西脇
2P 19:20 ハルラ■25ラドゥンスキA5キム ウジェ 1キム ギソン
3P 5:17 ハルラG87チョ ミンホA36パク ウサン 1キム ギソン
3P 13:54 クレインズG76小原A11西脇 79坂上
OT 4:44 ハルラぃ25ラドゥンスキA23ウッド 1キム ギソン

ショット ハルラ51 クレインズ28
反則(分)  ハルラ7(14) クレインズ12(24) 


1度も2点差にならずのシーソーゲームの戦いはオーバータイム ラドゥンスキ弾でハルラが勝ち点2を獲得した。

ハルラドンファン欠場でイ ユウォンがラインナップに入った。アジアリーグ創世記を支えたハルラ中心人物達がレギュラー争いという。 やはりアイスホッケーに関しては流れが速い 


両チームオールメンバー


ハルラ オールメンバー
GK 31ヒョンスン、(38パク ソンジェ)
1st 23ウッド−5ウジェ 1ギソン−36ウサン−87ミンホ
2nd 61ドング−2オゥ 19サンウク−79キム−25ラドゥンスキ
3rd 3尾野−14ユンファン 8ウォンジュン−17ギュホン−88グンホ 
4th 20ヒョンモク−58スンヨプ 10ビョンチョン−71サンウ−11ユウォン

クレインズ オールメンバー
GK 42清川、(61石川)
1st 77梁取−23大澤 50小窪−76小原−11西脇
2nd 9マディル−3伊藤 75ユール−17飯村−79坂上
3rd 2外崎−33鬼頭 24飯塚‐21酒井−19佐藤
4th 4坂田−5蛯名 1今村−14江端−47久保

GK+マッチスター


アニャンハルラ−日本製紙クレインズ
ハルラ 31オム ヒョンスン 64:44 28ショット 3失点 クレインズ 42清川 64:44 51ショット 4失点 
1st star 25FWブロック・ラドゥンスキ ハルラ サヨナラ弾を含む2G
2nd star 76FW小原 大輔 クレインズ 全得点に絡む1G2A
3rd star 1FWキム ギソン ハルラ 1G2A 


イーグルス首位通過へ 鬼門ブレイズ最終戦


▽東北フリーブレイズ対王子イーグルス 16時開始 観戦1318人 6回戦 ブレイズの3勝2敗内1GWS勝1GWS敗 青森・八戸新井田インドアリンク

東北フリーブレイズ−王子イーグルス
1P  0−0
2P  2−0
3P  0−2
OT  0−0
GWS 2−1
合計  2(GWS2−1)2

2P 1:35 ブレイズ。11鈴木A84菊地恭 2ジャレット
2P 12:13 ブレイズ■23樫野A30石岡 81奥山
3P 7:38 イーグルス。44キャラーA8今 20山下 PP
3P 19:44 イーグルス■21久慈A44キャラー 13小川将
GWS ブレイズG11鈴木

GWS ブレイズ−イーグルス 1〜3はブレイズ先攻 4はイーグルス先攻
1 14田中豪× 21久慈×
2 30石岡〇 7百目木×
3 19高橋× 8今〇
4 11鈴木〇 19斉藤毅×

ショット ブレイズ36 イーグルス44
反則(分)  ブレイズ9(25) イーグルス5(10) 

イーグルスが6人攻撃成功し、2戦連続GWSとなったこの1戦はブレイズが制した。
田中豪の連続試合ポイントは23でストップしたがアジアリーグ記録樹立となった。 


両チームオールメンバー


ブレイズ オールメンバー
GK 31橋本、(33酒井)
1st 5今城−4ファリヌック 21山本−13マルヘレン−40河合卓
2nd 84菊地恭−2ジャレット 70シャンペイン−14田中豪−11鈴木
3rd 8菊地秀−74河合龍 23樫野−81奥山−30石岡
4th 15ヒョック 63近藤−19高橋−10貞宗−36田中遼

イーグルス オールメンバー
GK 61春名、(30荻野)
1st 6川島−23芳賀 3小川勝−13小川将−25河本
2nd 28ハリントン−34高橋 9佐藤−16斉藤哲−19斉藤毅
3rd 44キャラー−20山下 7百目木−8今−21久慈
4th (88佐々木)−27南  17石塚−18金子−10三田村

GK+マッチスター


東北フリーブレイズ−王子イーグルス
ブレイズ 31橋本 65:00 44ショット 2失点(GWS 4ショット 1失点) イーグルス 61春名 63:40 36ショット 2失点(GWS 4ショット 2失点) 
1st star 31GK橋本 三千雄 ブレイズ 44ショット2失点
2nd star 11FW鈴木 雅仁 ブレイズ GWS弾+1G
3rd star 61GK春名 真仁 イーグルス 36ショット2失点 


ドラゴン対High1 ドラゴン今季初勝利は遠いのか?


▽チャイナドラゴン対High1 現地時間18時 日本時間19時開始 観戦4000人 6回戦 High1の5勝 中国・ハルビン八区アイスアリーナ

チャイナドラゴン−High1
1P 1−4
2P 0−2
3P 1−2
合計 2−8

1P 10:52 High1。6山田A18上野 20三谷
1P 11:33 High1■18上野A20三谷 16クオン テアン
1P 11:59 ドラゴン。3ジャン ウェイヤンA9ワン ダハイ
1P 17:13 High1G10キム ヒュンジュンA14キム ユンファン 75キム ボムジン PP
1P 19:33 High1ぃ19チェ ジョンシクA21スミス 74アン ヒョンミン
2P 5:18 High1ィ21スミスA5ヤング 20三谷 PP
2P 16:23 High1Γ18上野A20三谷 96キム ドンファン
3P 2:42 High1В74アン ヒョンミンA21スミス 19チェ ジョンシク
3P 10:56 High1┌18上野A20三谷 56イ ユンジュン
3P 19:33 ドラゴン■9ワン ダハイA35フ ティエンユ 18リ ジエン PP

ショット ドラゴン 17 High1 40
反則(分) ドラゴン 5(10) High1 1(2) 

上野 ハットトリックで2戦5発の大暴れなどで対ドラゴンを全勝で終えた。

High1 ジム・ジャクソンが欠場 ドラゴン外国人勢も2戦連続の完全欠場 
 


両チームオールメンバー


ドラゴン オールメンバー
GK 20ジーウェイ、(30ボンフェイ)
1st 18ジエン−9ダハイ 3ウェイヤン−16イードン−28ハオ
2nd 32タンイー−33ティエン 7ウェイ−23ジーパン−12ジュヨンユイ
3rd 34ホンチャオ−27ロンタン 4ナン−36リン−11ウェンス
4th 35ティエンユ  (31インクイ)−(6チョンウェイ)

High1 オールメンバー
GK 70井上、1ウォン
1st 5ヤング−96ドンファン 16テアン−20三谷−18上野 
2nd 24ヒョンス−6山田 21スミス−19ジョンシク−74ヒョンミン
3rd 75ボムジン−52グァンシク  88ユ−14シニル−10ヒュンジュン
4th (76ムンギ)  73ウンジュン−56ユンジュン

GK+マッチスター


チャイナドラゴン−High1
ドラゴン 20リウ ジーウェイ 60:00 40ショット 8失点 High1 70井上 20:00 10ショット 1失点 → 1イ ウォン 40:00 7ショット 1失点
1st star 18FW上野 拓紀 High1 ハットトリック
2nd star 20FW三谷 ダーシ タケシ High1 5A
3rd star 9DFワン ダハイ ドラゴン 1G1A 


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事