北海道の自然を楽しむ!手作りの部屋

めざせ塩分2%。 減塩は慣れ。 必要な健康法です。

ワカサギで初釣り

イメージ 1











千畳岩でホッケの入れ食い。しかし車まで運ぶことを考えたら…
釣り記事を読むと、あ?俺かな?

で 今年もよろしくお願いします。

今年はじっとしていると釣り友のたかだちゃんから「デカサギ行く予定」と…
「いつ?」「明日9時!」 「行く?」 「行く!」

氷上釣りは3年ぶり。ソリは雪の下をかき分けて取り出し、ワカサギ道具は「あったっけ?」状態
なんせ明日朝8時には出発です。エサはたかだちゃんまかせ。仕掛けは3年前のを。笑

ということで200㌔ほどちょこっと走って天塩川。

釣り場までの750m。途中の土手までソリを引くとギブアップ。
土手から滑ろうとソリに乗ってもすべらず、準備の悪いことこの上なし。急斜面を降りるのにもえらい体力を使ってしまった。たかだちゃんを先に行かせてテント設営アナ空け…スマン。許せ!おんぶに抱っこ。

なんとか釣りをしてもリールが・・・3年ぶり。 一方たかだちゃんは3日ぶり。
なんとかキシミを響かせながら1日目76匹

翌日、朝引き潮で川の流れが強いのなんの。
4号オモリにさらに2号を足しても流され、道糸が氷穴の角で接して竿先でのアタリがとれない〜。
こうなると出てくるのは愚痴〜。たぶん魚も流れがきついのでうまく針をくわえることが難しかったはず。
オモリを10号ぐらいにすれば・・・と後悔。

昼頃ようやく流れが止まり、自分はなんとか釣れだしたが、慣れたたかだちゃんは数を伸ばす。

3年越しの氷上釣りは無惨、惨敗〜。
イメージ 2













ほんのわずかです。

イメージ 3











サイズで分けて、配って、大きいのは一夜干し。その後、焼いて…
イメージ 4















これナマラ美味い〜。骨がまだ柔いし、脂が乗って最高〜。
燻製に仕上げようと思って焼いたのですが、これで十分いけます。

イメージ 5





干して焼いて12㎝。もとはもっとデカかった〜。(^_^)v

イメージ 6














今年も釣るぞ〜〜〜と、ワカサギをくわえてサビキつくり。
もっと釣りたかったなぁと思いつつの楽しい釣りでした。




この記事に

開く コメント(21)

開く トラックバック(0)

温暖な天候ということで、まだ見ぬニシンを目指して日本海へGO!
同行は超爆児たかだちゃん。
平日というのにすごい数の釣り人で入る場所がない。
一番奥が空いていたので照明を点すと早速ニシンの群れが。でここで釣り座決定。
釣り始めると30㎝サイズも混じりやる気up。が小さめも多い。
はじめは優勢だったが、釣果が処理量を上回ると釣る気が消失。 笑
が、たかだちゃんはそれがない。いつのまにか翌日朝。
9時間ぐらい釣って…たかだちゃんも納得納竿。

魚の活きが落ちないうちに帰宅決定。で早速処理開始。ウロコは現地で処理済。
量があるのでいろいろ工夫せねば。 うちにはカジカもあるし…。
イメージ 1











数が多く、近所にバラまいて残りを調理開始。時間勝負!
・焼き魚用
イメージ 2











 体液をとると臭みもとれ身が締まり日持ちもするのでキッチンペーパ包み。
 このやり方は切り身でもOKです。

・切り込み
自分専用なので、これは丁寧につくります。
イメージ 3











皮をむく。背すじの皮を包丁で尾まで切る。背びれは反対側も切る。
(皮はえぐみがあるので付ける付けないは個人の好み)

イメージ 4













頭の方から皮をつまむと活きがよいので剥きやすい。
イメージ 5












イメージ 6














三枚におろし適当なサイズに切る。腹骨はそいである。
イメージ 7














 血抜き3日←最重要。 低温保存。 麹と塩と混ぜ、10〜14日間後あたりで完成
(保存場所の室温で発酵状況が変わります。5℃くらいですと2週間)
次は干して保存かな。
イメージ 8












低塩2.5%液で12時間浸漬し水を切って干す。完全に干せばミガキニシン?

そういえば…みりん干し。 今年これは甘めにつくる!
イメージ 9














塩まぶししてあるので塩分は控え。(旨味を引きだす)
自分流 (魚は小さめ12匹)
 ・めんつゆ (3倍) 大さじ1.5
 ・みりん        大さじ1
 ・日本酒        小     2
  ・砂糖         小  1
  ・水           小     1
 一煮立させ、裏表に漬けケースに入れて一晩置く。
砂糖は今回だけ挑戦。前回みりんだけでは不足と修正。どうなることやら。で水も追加。
焼くときに焦げやすくなるので注意せんとね。 

これまで勘でやっておりやり方は固定せず人に教えられるものではないです。
また、魚種によっても変わります。
ちなみにこの時期のオホーツクのローソクボッケ脂がのって美味い!

あとは〆ニシン〜。 (ニシンの押し寿司願望あるんです。)
イメージ 10
 









だれか教えて〜ください。

釣りも料理も下手ながら楽しむ自分。ボケ帽子。


次は雪はねかな(x_x)  釣りは控えめです。 






この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

釣りには行ったが…

昨日、クチグロねらい。 オホーツク北の港です。
それらしきアタリは一回のみ。ウキがスーッと沈み上がってこない。
竿を手にすると魚がついている。「クチグロかな。」とリールを巻いていると
あらら、魚が外れた。おしまい。

この日は今年最後の恒例の朝一。
ねらいのカニとホタテは仕入れて帰ってきた。

あ? まだありますた。
イメージ 1














カジカです。いつものカンカイ仕掛けを手にして
今年好調の小ニシンを釣り上げ、それをエサにして外海へ仕掛け投入〜。
5号450の磯竿でサビクと小さなアタリが…。カンカイか??
と思いきやずっしり重い〜。あちゃ磯カジカ。そんなに大きくはないが…。

このサイズでは鍋にならないと3匹目指すとすぐ釣れた。笑
これも入れ食い?
置き竿せずに手持ちでアタリを待つマイブーム。これ楽しい〜。
カジカシーズンなんだろうか・・。

このあと漁師さんが沖から帰ってきた。みるとタコ漁のようだ。
なかなか出られないこの時期のミズダコは美味い。年末も迫ってくるし…
イメージ 2















さっとゆであげるのが自分流〜。5㌔オーバーかな。
これも処理するのは大変。今年は6匹目

実は釣れないクチグロも2匹買ってきたはずなのに・・どこいった???
釣って買って魚を食わねばならない〜うれしい悲鳴。悲鳴。
先日釣ったサンマはみりん干し開き。 コレモ若干…味付け濃かった。
イメージ 3











この次はニシンか?

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事