MIRACLE PHOTOS

2009.12.31容量2GB超えのためブログを休止。MIRACLE PHOTOS2へ移行しましたが完全休止しました。。

夜景フォト/花火

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

◆東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園
イメージ 1
CANON EOS 5D markII / CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


 今年から始まった東京ディズニーシーのハロウィンイベントは、是非撮りたいと思ってましたが、何せ三脚・一脚使用禁止と激混みの中ですので、今まで足が向きませんでした。そのため是非撮りたいと思ってましたディズニーリゾートで打ち上げられる花火だけでもと、東京都江戸川区葛西臨海公園にやってきました。旧江戸川を挟んで、対岸に東京ディズニーリゾートを見渡すことが出来ます。夜間は、葛西臨海公園側の岸辺は真っ暗でして、カップルの釣り人が数人いらっしゃるだけでした。

 さて、対岸には、昨年7月にオープンした東京ディズニーリゾート3番目のホテル、東京ディズニーランドホテルが見えます。実に440億円という巨額を投じて建てられたホテルであり、対岸からの夜景も素っ晴らしいです。

 打ち上げられる花火「ナイトハイ・ハロウィーン」は、8時半より数分間で、今年は、9/10より11/3までの予定となっています。花火は、100〜200発と思われますが、発数の公表はされていないようです。

 で、肝心の花火が打ち上げられる頃には、どこから来たのか屋形船船団がお出まし。どうも自分がいたところより離れたところにいたので、イヤな予感でしたが…。やっぱり屋形船の船頭さんは、良く知っていらっしゃるのでベストポジションに船を停留してました。でも葛西臨海公園からだとシンデレラ城の上に花火を写すポイントは無理のようです。

 最後に、今年日本一となった葛西臨海公園の大観覧車を。何でも福岡に有った大観覧車が営業を休止したため、葛西臨海公園の大観覧車が日本一に返り咲いたのだそうです。この日は夜7時半で営業終了してました。意外に終了時間は早いです。
 

 
◆東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園
イメージ 2
CANON EOS 5D markII / CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


◆東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園
イメージ 3
CANON EOS 5D markII / CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


◆東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園
イメージ 4
CANON EOS 5D markII / CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


◆東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園
イメージ 5
CANON EOS 5D markII / CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


◆東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園
イメージ 6
CANON EOS 5D markII / CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


◆東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園
イメージ 7
CANON EOS 5D markII / CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


◆東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園
イメージ 8
CANON EOS 5D markII / CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


◆東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園
イメージ 9
CANON EOS 5D markII / CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


◆東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園
イメージ 10
CANON EOS 5D markII / CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


◆東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園
イメージ 11
CANON EOS 5D markII / CANON EF17-40mm F4L USM


★画像は、RAWにて撮影。RAW画像をDPPなどで加工しています。
★画像サイズを小さくしました。特記なき限り560×373又は500×750ピクセルです。
★画像総数11点、計0.768MB


■2009.10.16撮影:東京都江戸川区『東京ディズニーリゾート花火@葛西臨海公園』


Photo Blog  Photo Blog  Night Photo  Night Photo


★ゲスブを設置してないため、その他のコメントも、こちらへどうぞ。m(__)m

開く トラックバック(1)

◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 1
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


 石和温泉花火大会の記事続きです。今回でラストです。

 すっかり花火の煙が滞留してしまい、せっかくの花火大会なのに残念でした。しかし、地元の人たちは、十分に盛り上がっていました。河川敷の場所取りは前日から解禁となっており、前日から多数の地元市民がブルーシートやテープで陣取られており、他の人の分まで(来るか来ないか分からん人の分まで)巨大なブルーシートを引いていた人が結構いました。結局、来ない人が多いところは、花火大会開始直前になって陣地を一部明け渡してくれていたりしてますので、直前に飛び込みでも何とか見ることが出来るようには、なってはいるようです。

 写真ラストは、流石に花火の煙で何が何だか分からない写真に。この状態で、さらに花火が数分間以上花火大会終盤は打ち上げられていました。すごい花火なのですが、本当に見えないのが歯がゆかったです。

 さて野球のナイター花火は、神宮球場以外にも、千葉マリンスタジアムでも花火が5回裏に打ち上げがあるようです。機会があれば行ってみたいですね。
  
 



◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 2
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 3
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 4
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 5
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 6
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 7
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 8
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


★画像は、RAWにて撮影。DPPなどで現像。画像は、トリミングを多用しています。
★画像サイズを小さくしました。特記なき限り560×373又は560×840ピクセルです。
★画像総数8点、計0.786MB

■2009.8.21撮影:山梨県笛吹市『第45回石和温泉花火大会/3』



★写真に関するご感想など、お気軽にコメントをどうぞ。傑作ボタンも是非「ポチ!」っと、
お願いします…ゲスブを設置してないため、その他のコメントも、こちらへどうぞ。m(__)m
★この記事の内容に合致するTRACKBACK(トラバ)も大歓迎です。(^_^)v
◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 1
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)


 石和温泉花火大会の記事続きです。

 前回の山梨県市川三郷町の神明の花火の時もそうでしたが、山梨の花火は、花火打ち上げの度にスポンサー紹介やら(コマーシャル?)などが入るのですが…。前回の花火大会とは違い、花火の煙待ちを幾度か行っても時間が押すようなことが無かった点。かなり余裕を持ってプログラムが組まれているようですね。

 今回、写真を見ると良く分かるのですが、笛吹川の河川敷上空には風がほとんど無くて、スターマインが中心の花火大会ですから、花火の煙が残りやすく、その少しの風も風下に当たってしまい散々でした。煙が滞留してしまうと、せっかくの花火が見えないし、本当に残念でした。今回の場所取りは、河川敷を挟んで反対側の方が条件は良かったかもしれません。

 昨日は、神宮球場のナイターの花火をと思って千駄ヶ谷まで行ったのですが、遅く到着してしまい肝心の花火が残念ながら撮れませんでした。千駄ヶ谷から神宮球場へ向かう途中、国立競技場では、ジャニーズアイドルグループの「嵐」のコンサートをやっていたらしく、競技場に入れなかったチケットを持たないファンの子らがすごい数。1万人前後はいたかと思います。警備員らに拡声器で、国立競技場前の歩道に滞留しないよう注意を受けており、ファンの子らはまるで回遊魚状態で国立競技場を取り囲んでいました。ジャニーズおそるべし…。
  
 



◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 2
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 3
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 4
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 5
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 6
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 7
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 8
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


★画像は、RAWにて撮影。DPPなどで現像。画像は、トリミングを多用しています。
★画像サイズを小さくしました。特記なき限り560×373又は560×840ピクセルです。
★画像総数8点、計0.786MB

■2009.8.21撮影:山梨県笛吹市『第45回石和温泉花火大会/2』



★写真に関するご感想など、お気軽にコメントをどうぞ。傑作ボタンも是非「ポチ!」っと、
お願いします…ゲスブを設置してないため、その他のコメントも、こちらへどうぞ。m(__)m
★この記事の内容に合致するTRACKBACK(トラバ)も大歓迎です。(^_^)v
◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 1
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


 先週金曜日の花火大会の記事となりますが、今回は事前に撮影地を机上で考えて現地へ行ってみたのですが…。現地到着時は小雨がぱらついており、高台から花火会場までは、約2.5kmの距離でした。その撮影予定ポイントからは、花火打ち上げ会場方面に高圧電線が見えておりまして、残念ながら撮影地を笛吹川河川敷へと変更したのでした。

 河川敷には、花火開始3時間近く前でしたが、すでに写真2枚目のように激しく場所取りがされてまして、なかなか入り込む余地がほとんどない状態。まぁ、おひとり様なので、上手くブルーシートの張られている隙間を何とかキープしました。

 石和温泉花火大会は、河川敷の真正面に観覧場所があるので間近に花火を見られるのですが、真正面のベストの場所は河川敷下側は全て有料観覧席となっています。後々撮影ポイントを見誤ったことを痛感するのでした。

 8/28は、大きな花火大会は無いため、今年の花火撮影は早くも終了しました。なかなか平日開催の花火大会が無いので、お盆前後にいくつ見れるかが勝負ですね。今年は計4回行けました。

 記事は続きます。
  
 



◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 2
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 3
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 4
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 5
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 6
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 7
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 8
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)


◆第45回石和温泉花火大会
イメージ 9
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)



★画像は、RAWにて撮影。DPPなどで現像。画像は、トリミングを多用しています。
★画像サイズを小さくしました。特記なき限り560×373又は560×840ピクセルです。
★画像総数9点、計0.97MB

■2009.8.21撮影:山梨県笛吹市『第45回石和温泉花火大会/1』



★写真に関するご感想など、お気軽にコメントをどうぞ。傑作ボタンも是非「ポチ!」っと、
お願いします…ゲスブを設置してないため、その他のコメントも、こちらへどうぞ。m(__)m
★この記事の内容に合致するTRACKBACK(トラバ)も大歓迎です。(^_^)v
◆第34回焼津海上花火大会
イメージ 1
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


 いよいよ焼津海上花火大会の記事もラストとなりました。流石に反応も少し鈍いようですので、明日よりは暫く植物ネタを予定しおります。(汗)

 毎回花火大会撮影では、本当に反省点が多くって完璧ってのが難しいというのが率直な感想です。撮影ポイントについては、机上で考えていたことが、現地を見て変更を余儀なくされることもしばしば…。

 明日の更新も少し遅くなるかもしれません。まだ編集が全く進んでいません。画像数400ほどの取り込むのに数時間かかり、これをざっと小分けにして編集に入ります。(ファイルに大量の画像を入れてしまうとソフトの動きが鈍くなるため、小分けは欠かせません。)花火の場合は、RAW撮りで画像をそんなにいじくりませんが、花などは結構時間を実はかけています。

 写真ラストは、20号玉花火大会ラストの惜別の二尺玉です。天気は、ラストの方は小雨混じりで少し残念でしたが、また是非見てみたい花火大会となりました。  
 

[URL]焼津市観光協会
http://www.yaizu.gr.jp/


◆第34回焼津海上花火大会
イメージ 2
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第34回焼津海上花火大会
イメージ 3
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第34回焼津海上花火大会
イメージ 4
CANON EOS 40D / TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20)


◆第34回焼津海上花火大会
イメージ 5
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第34回焼津海上花火大会
イメージ 6
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第34回焼津海上花火大会
イメージ 7
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM


◆第34回焼津海上花火大会
イメージ 8
CANON EOS 5D markII / CANON EF24-70mm F2.8L USM



★画像は、RAWにて撮影。DPPなどで現像。画像は、トリミングを多用しています。
★画像サイズを小さくしました。特記なき限り560×373又は560×840ピクセルです。
★画像総数8点、計0.579MB

■2009.8.14撮影:静岡県焼津市『第34回焼津海上花火大会/8』



★写真に関するご感想など、お気軽にコメントをどうぞ。傑作ボタンも是非「ポチ!」っと、
お願いします…ゲスブを設置してないため、その他のコメントも、こちらへどうぞ。m(__)m
★この記事の内容に合致するTRACKBACK(トラバ)も大歓迎です。(^_^)v

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事