混沌の時代のなかで、真実の光を求めて

現代に生きる私の上に 仏法は何ができるかを 試そうと思い立ちました。//全ての原発を 即刻停止して、 別の生き方をしましょう。

全体表示

[ リスト ]

原発 緊急情報(51)    4月7日 午前10時 武田邦彦氏

窒素を入れた理由と影響

 4月7日に、東電が福島原発の格納容器に「窒素を入れる」と発表され、事実、窒素を
入れ始めたようです。この意味は、
 1) 格納容器に水素と酸素があって、爆発する可能性がある
 2) 窒素を入れた分だけ、強い放射線をもつガスが放出される
ということです。そして 私たち「 被曝側 」としては、
 1) 窒素が入れば 爆発はしない
 2) まだ不安定なので、貯金通帳など身につけておいた方がよい(福島、茨城北部など)
ということです。

 原子炉の爆発には、核爆発、水素爆発、水蒸気爆発があります。そして 爆発する場所
としては、建屋、格納容器、圧力容器の 3つがあります。

 最も危険なのは、「 圧力容器内の核爆発 」で、これを止めるには「 ホウ素の投入 」が
必要です。 ですから、「 ホウ素 」という文字が出てきたら、逃げる準備が必要です.
 次に、今回の格納容器の水素爆発などの大量の放射性物質がでる場合で、政府やメディアは
「 大量の 」とか「 きわめて憂慮すべき 」とは言いますが、具体的にどの位「 大量なのか 」
は言いません。
もし、格納容器が水素爆発したら、現在の10倍から100倍の放射性物質が出ますから、
福島県東部、茨城県北部は 直ちに避難してください。
放射線の レベル は 1時間に 100 マイクロ(シーベルト、省略)位になるでしょう。つまり、
10時間で 1 ミリ 、 4日で 10 ミリ になりますので、直ちに避難が必要です.
しかし、爆発の可能性は 低いと思います.
しばらく テレビはつけておいて、窒素投入が成功するか、何気なく監視しておくというのが
良いでしょう.

 ただ、東電発表に やや矛盾があります。
水素が発生するのは、
破損した燃料棒の ジルコニウム と水の反応、 高い放射線による 水の分解ですが、
 1) ジルコニウムと水の反応では 水素しかでない
 2) 放射線による水の分解では、水素が2モルで酸素が1モルの比率ででる
 3) 水素の爆発下限は 水素4%、酸素5%だから、上記の反応では 爆発限界に入るのには
   なにか 別のことがあるのではないか
 4) 格納容器の水素濃度は測定してない と考えられるので、なぜ このような推定をしたか
などです。
情報が断片的なので 判断が難しく、 現在では 危険側で考えなければならないのが現状です。

 ところで、先日、放射性物質を含んだ汚染水を海に流した時、漁業組合が「 俺たちの海を
汚すのに、断りがない 」と言い、それに対して 東電が謝りました。
今回は、私たちの番です。「 私たちが呼吸する空気を汚す窒素投入に対して、自治体に
了解を取ったか? 」と聞かなければなりません。
東電は 私企業ですから、勝手に(能動的行為で)空気を汚すことはできないからです


 ■小出裕章氏:福島原発で再臨界の疑いが濃厚に  4/8
  福島第一原発一号機再臨界している
           (1)、 (2)



福島第1原発:「燃料棒除去の着手まで10年」東電顧問

                            毎日  4月8日 2時30分
 東日本大震災で被災した東京電力福島第一原発について、東電の榎本聡明(トシアキ)顧問が
毎日新聞の インタビュー に応じた。 原子炉を冷却し、廃炉に不可欠な核燃料の取出しに着手する
までに 約10年かかるとの見通しを明らかにする一方、「 放射性物質を残したまま埋めて
しまうことはない。燃料は 必ず取り除く 」と、住民感情を踏まえ、チェルノブイリ 原発のように
燃料ごと コンクリート で埋める「 石棺方式 」は 取らないことを強調した。
 東電の勝俣恒久会長は 1〜4号機を廃炉にする方針を明らかにしている。通常の廃炉でも
20〜30年かかるとされるが、福島第一の場合、損傷した核燃料を取り出す専用装置開発
から始める必要があり、廃炉完了までの期間が さらに長引くことは確実だ。

 榎本顧問は 東電本店で取材に応じ、1〜3号機で続いている原子炉への注水作業について
「 水を注入するほかない。燃料が これ以上溶解するのを食い止めたい 」と説明。
本来の冷却 システム 「残留熱除去系」の復旧には 少なくとも 1カ月かかるとの見通しを示した。
予備の冷却 システム 増設も併せて進め、原子炉内が「冷温停止」と呼ばれる安定な状態になる
までには 数カ月かかると述べた。
放射能漏れにつながっている汚染水問題については、放射線量を放流できる レベル まで落とす
浄化設備を今月中に着工。数カ月後をめどに、放射性物質を原子炉建屋内に閉じ込める対策も
並行して進めると述べた。周辺自治体に対する避難・屋内退避指示の解除などは、この段階が
検討開始の目安になるとみられる。

 廃炉への課題として榎本顧問は、
 (1)原子炉建屋が損傷しており、まず 放射性物質の拡散を防ぐ対策が必要
 (2)1〜3号機の燃料棒が 推定で 25〜70%損傷しているため、従来の方法では
   取出せない、と指摘。 燃料の回収装置を新たに開発し、燃料回収を始めるまでに
   10年はかかると述べた。

 事故に対して「 我々が予測していなかった問題が次々と出てくる。現場の観察自体が難しく
思うように進まないのが 今までの積み重ねだった 」と、対応の遅れを振り返った。
 米原子力規制委員会によると、炉心燃料の約45%が溶融したとされる スリーマイル 原発事故
(79年3月)の場合圧力容器の蓋が開けられる状態になるまでに 5年、さらに燃料取出し
完了までに 6年かかった。解体作業は まだ始まっていない。

 榎本顧問は 東京大工学部卒、65年東電入社。福島第一では 1号機の試運転(70年)
を含め4回勤務した。副社長・原子力本部長だった02年 「 トラブル 隠し」が発覚し引責辞任した。

  

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

夫の仕事のため海外に住んでいます。
イースター休暇で日本に帰国する予定でしたが原発のため迷って、ネットで情報を調べているうちに、ここにたどりつきました。
日本を離れると、日本を客観的にみれることも多くなります。
今回の原発惨事についてだれも責任をとろうとしないけれど、政治家も、住民も国民もみんなに責任があるのでしょうね。
原発について知りもせず、言いなりの国民、最終的に原発を受け入れる決定をした首長、国民が選んだ政治家。私も50基以上の原発があるなんて全く知らず、任期が終わったときに安心して帰れる国があるのか最近心配になってきました。

2011/4/9(土) 午前 10:07 [ mel*o*201* ] 返信する

顔アイコン

melbonさんへ。 はじめまして。コメント、有難うございます。
今年は、4月24日が イースターの日だそうですね。 お里が どちらかは
わかりませんが、原発は 今のところ 小康を保っているようです。
ただし、今後 どのように推移するのか・・・、最悪の事態になれば 大量の
放射性物質の放出となります。こうならない保証は、誰もしていません。

仰る通り、国民が知らないうちに、たくさんの原発が造られていました。
私も、かなり 早い時期から原発建設には反対で、色々 周りには発言してきた
のですが、まさか 本当に こういう極端な事故が起こることは、半信半疑のまま
できました。この想像力の欠如には ほとほと 自分の至らなさを感じます。

何とか、この事故が 数ヵ月後には 最悪の事態を脱して欲しいと願わざるを
得ません。 また、地震の活動も 盛んになっているようですので、他の原発も
早急に 廃棄するよう、願わざるを得ないことです。

しかし、
もし、今度起るとしたら、それは 必ずしも 地震or津波とは限らず、こうした
ことは、我々人間の予想を越えたことでしょう。

2011/4/9(土) 午後 4:41 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

また、事故は 必ずしも日本で起こるとは限らず、隣の韓国や台湾 或は中国、
また米国やヨーロッパで などかもしれません。

いづれにしても、我々の社会は、こうした 魔物を抱え込んで成り立っている
という事実に、眼を向けなくてはならないことです。 合掌

2011/4/9(土) 午後 4:41 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事