混沌の時代のなかで、真実の光を求めて

現代に生きる私の上に 仏法は何ができるかを 試そうと思い立ちました。//全ての原発を 即刻停止して、 別の生き方をしましょう。

全体表示

[ リスト ]

平成24年2月10日
農林水産省

薪、木炭等の燃焼により生じる灰の食品の加工及び調理への利用自粛について

 農林水産省は、放射性物質を含む薪、木炭等の燃焼により生じる灰が 食品の加工及び調理に利用されない
よう、関係団体、都道府県等に要請しました。

主な内容

 薪、木炭等については、平成23年11月2日に、燃焼により生じる灰が、セメント等で固化する等の対策を講じること
なく 一般廃棄物最終処分場での埋立処分が可能な放射性物質の濃度8000㏃/kg以下となるよう、 当面の
指標値(薪:40㏃/kg、木炭280㏃/kg)を定め、これを超える薪及び木炭の生産、流通及び利用がなされない
よう 生産者や流通業者等に検査を行っていただく等の取組を進めてきました。
 こうした中、放射性物質を含む薪を燃焼した際に生じた灰を用いて食品の加工を行い、当該食品から放射性セシウム
が検出される事例が発生しました。
この事例では食品の暫定規制値の超過はみられませんでしたが、安全な食品の供給を確保する観点から、以下の
内容について、関係団体、都道府県等を通じて周知指導いただくよう、通知しました。
 
 1.周知・指導の対象者
   一般消費者、飲食店及び食品製造業者

 2.周知・指導の内容
   3に示す薪及び木炭等( 以下「薪等」という )の燃焼によって生じた灰を、食品の加工及び調理に用いないこと
     (製麺、アク抜き、凝固剤等)。

 3.対象とする薪等
   食品中の放射性物質に関する「 検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方 」( 平成23年
   8月4日原子力災害対策本部決定 )に定められた総理指示対象自治体 及び その隣接自治体の17都県
   (青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、
   神奈川県、新潟県、山梨県、長野県及び静岡県。以下「17都県」という。) から採取される原料、採取された
      原料から生産された薪等 及び17都県で保管された薪等。
   ただし、次に掲げるものは対象外とします。
    (ア) 平成23年3月11日以前に生産され、シートをかける等風雨にあてない状態で保管されていた薪等
    (イ) 平成23年3月12日以降に生産された薪等であって、原料の全てが 次のいずれかに該当し、シートを
     かける等 風雨にあてない状態で保管され、かつ当該原料により生産された薪等についても シートをかける
          等風雨にあてない状態で保管されていたもの
      ・平成23年3月11日以前に採取されたもの
      ・17都県以外の地域において採取されたもの
 
<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)
 


 木炭・練炭等の供給体制整備
  木炭・練炭等の供給体制整備  (3月13日)  
     林野庁では、3月11日「東北地方太平洋沖地震」の発生を受け、木炭・練炭等の供給体制整備について
     関係団体等に要請を行い、被災県からの要請に応じて、現時点で木炭等267トン、コンロ750個の供給が
     可能となりました。
     このうち、木炭10トン、コンロ300個について、宮城県石巻市 及び 気仙沼市への供給が決定し、17日朝
     に現地に到着しました。
     木炭やコンロは、被災者の避難施設において 暖房用・炊飯用等の燃料として利用されます。
     林野庁では、今後も、関係機関等と連携し、被災地からの要請を受け、木炭等の供給に努めます。
 
     供給内容
      3月24日までに木炭21トン、木炭コンロ(七輪)1200個の供給を行いました。
       【石巻市】(17日到着) 木炭 5トン 木炭用コンロ 150個
       【気仙沼市】(17日到着)  木炭 5トン  木炭用コンロ 150個
       【仙台市】(22、23日到着)  木炭 10トン  木炭用コンロ 600個
       【喜多方市】(22日到着)  木炭 1トン  木炭用コンロ 300個
      <参考>今後の予定
       【宮城県】(25日出発)  木炭 5トン  木炭用コンロ 100個
 


 
23林政経第278号
平成24年1月19日
各都道府県林産担当部長 殿
日本特用林産振興会会長 殿
社団法人全国燃料協会会長 殿
全国木炭協会会長 殿
日本煉炭工業会会長 殿
日本オガ炭生産者協議会会長 殿
炭やきの会会長 殿
全国森林組合連合会代表理事会長 殿
社団法人全国木材組合連合会会長 殿
全国素材生産業協同組合連合会会長 殿
林野庁林政部経営課長
林野庁林政部木材産業課長
調理加熱用の薪及び木炭の安全確保について
 
 このことについては、「 調理加熱用の薪及び木炭の当面の指標値の設定について 」(平成23年11月2日付け23
林政経第231号) 及び「 『調理加熱用の薪及び木炭の放射性セシウム測定のための検査方法』の制定について 」(平成23年11月18日付け23林政経第244号) により、当面の指標値を超える調理加熱用の薪 及び木炭が生産、
流通、使用されることのないよう、薪 及び木炭の生産者や流通関係者に御周知・御指導いただくとともに、薪 及び
木炭の検査について御尽力いただいているところです。
  こうした中、一部地域の薪を燃焼させた際の灰から高濃度の放射性セシウムが検出される事例が発生している
ところです。 つきましては、貴職におかれては、当面の指標値を超える薪 及び木炭が使用されることがないよう、
改めて周知徹底願います。
また、本日付で、環境省から各都道府県廃棄物担当部局に対し、別添のとおり「 薪ストーブを使用した際に発生
する灰の取扱いについて 」が通知されていますので、併せて御了知ください。

別添

 
 


 

 
 
 

2.調査の内容

(1)調査箇所
 福島県他15都県のスギ林 182箇所
 ※福島県内は132箇所。 福島県以外の15都県 は、栃木県、群馬県各7箇所、茨城県6箇所、宮城県、埼玉県、
   千葉県、東京都、神奈川県、新潟県各3箇所、青森県、岩手県、秋田県、山形県、山梨県、静岡県各2箇所。
(2)調査期間
  平成23年11月25日(金曜日)〜平成24年1月31日(火曜日)
 ※ 雄花の採取は、福島県では12月9日(金曜日)、福島県以外の15都県では12月16日(金曜日)に終了。
(3)調査方法
  調査箇所のスギ林で、放射線空間線量率を調査するとともに、立木の枝葉を数本切り落とし、雄花を採取。
  採取した雄花は、ガンマ線スペクトロメトリー(注)により、セシウム134 及びセシウム137の濃度を測定。
    (注) 放射性核種からのガンマ線は、それぞれ固有のエネルギーを持つ。「ガンマ線スペクトロメトリー」とは、
    ガンマ線のエネルギー分布を測定することにより、放射性核種の種類と放射能を同定する方法。
    また、福島県内の4箇所のスギ林については、雄花と併せて旧葉、新葉を採取するとともに、採取した雄花
    を切断して内部の葯(やく)から花粉を取り出し、これらに含まれるセシウム134及びセシウム137の濃度を、
    ガンマ線スペクトロメトリーにより測定しました。

3.調査の結果

  調査箇所(182箇所)のうち、雄花に含まれる セシウム134 及び セシウム137の濃度の測定を終了した福島県内の
  87箇所の調査結果を、今回、別添のとおり、中間報告として取りまとめました。
  その結果、スギの雄花に含まれる放射性 セシウム(Cs134+Cs137)の濃度は、最も高いスギ林で1kg(乾燥重量)
  あたり 約25万ベクレルとなりました。
  また、福島県内4箇所で採取したスギの雄花 と その内部の花粉に含まれる放射性セシウム(Cs134+Cs137)の
    濃度を比較したところ、およそ同程度のレベルでした。
    なお、今回測定したスギの雄花に含まれる放射性セシウム(Cs134+Cs137)の濃度を用いて、人体が受ける
    放射線量を一定の前提条件を仮置きして試算した結果は 参考1のとおりです。

4.今後の予定

  独立行政法人 森林総合研究所では、現在、残りの95箇所のスギ林から採取した雄花に含まれる放射性セシウム
  (Cs134+Cs137)の濃度の測定を進めています。
  その結果を含む、全調査地点の調査結果の取りまとめは、平成24年2月上旬に公表する予定です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事