混沌の時代のなかで、真実の光を求めて

現代に生きる私の上に 仏法は何ができるかを 試そうと思い立ちました。//全ての原発を 即刻停止して、 別の生き方をしましょう。

全体表示

[ リスト ]

環境省 ご乱心

                                               毎日   3月2日
 東電福島第1原発事故によって、下水汚泥焼却灰稲わらなど、事故前には 全く想定
されていなかった「 放射性廃棄物 」が大量に発生した処分場どころか、一時保管場所すら
見つからないケースも多く、汚染廃棄物を抱える自治体や農家などからは 悲鳴が上がる
国は 対策を進めるが、解決のめどは 全く立っていない。
 
 2月中旬、地元ブランド 「いわて南牛」 の産地である岩手県一関市花泉町の肥育農家、佐々木
順一さん(61)は、原発事故で放射性物質に汚染された稲わらを 一時保管場所のパイプハウスに
移す作業に追われた。
  「 やっと一つ前に進んだが、まだ入り口に過ぎない 」。 佐々木さんの表情は晴れない。佐々木
さんが保有する汚染稲わらは 約7 t に上る。 人家から離れた畜舎付近に耐雪型 パイプハウス を
建設し、近隣の農家と共同で保管することにした。 ハウスは 3カ月ごとに県や市が点検し、定期的
に線量を測定する。
佐々木さん宅では、汚染稲わらを食べた牛が排せつした汚染堆肥約140 t あるが、国の方針
が明確にならず、処分できない。 佐々木さんは  「 このままでは 若い後継者の意欲がそがれ、
産地がつぶれてしまう 」と危機感を示す。
 岩手県内の汚染稲わら約600 t のうち 約400 t 一関市にある。 市は、山間の市有地
に一時保管施設を建設しようとしたが、周辺住民が「 100%安全と言えるのか 」と反発。 市内4
カ所に分散保管する方法にも理解は得られず、各農家の個別保管となった。
勝部修市長は「 国は 福島県には(汚染廃棄物の)中間貯蔵施設建設の方針を示したが、周辺
自治体には何もない。放射能汚染に県境はない 」と国への不満を漏らす。
 
 宮城県も 同様に苦しんでいる。
 1月31日夜、栗原市築館で開かれた汚染稲わら保管に関する県と市の住民説明会。 「 賛成
ではないが、仕方がない 」。 出席した住民代表ら約70人は、一時保管を容認する姿勢を示した。
地区内に保管用パイプハウスを建設し、3月から稲わらを搬入する予定だ。 ただ 市内で容認姿勢
は築館地区だけ。 他の3地区は反対意見が強く、県と市は 3月中旬以後、改めて説明会を開く。
宮城県畜産課によると、県内の汚染稲わら 約4800 t うち、一時保管のめどがついたのは
約2880 t
保管場所に持ち込めない農家からは 「 春からの耕作に影響する 」と悲鳴が上がる。
村井嘉浩知事は 1月の記者会見で「 汚染稲わらの一時保管場所の確保や処理、健康被害の
基準は 国が責任を持ち、県民の前に自ら出て説明すべきだ 」と主張。 あくまで 国の方針決定後
に対応に乗り出す考えを貫いている。

 ◇ 首都圏「ホットスポット」も苦悩

 首都圏でも深刻な事態に陥っている。 周辺より放射線量が比較的高くなり 「ホットスポット」 と
呼ばれる千葉県北西部。 放射性セシウムが付着した落ち葉などを燃やしたため、柏市の清掃
工場の焼却灰のセシウム濃度が1キロ当たり 7万㏃ を超えるなど、国の埋め立て基準( 同8000
㏃ )をオーバーする焼却灰が大量に発生した。
 昨年9月には 高濃度汚染焼却灰が 全県で900トンを超え、県は 同10月、柏、流山、松戸市
などの焼却灰を、東隣の我孫子印西市にまたがる県手賀沼終末処理場で 一時保管する計画
を立てた。 同処理場には 既に、埋め立て基準を超える下水汚泥の焼却灰が 400トン近く保管
されているという事情もあった。
しかし、「 なぜ よその町の灰まで 」などと 2市側が反発。 今年2月、副知事が 住民側への説明会
を開く方針を示したが、今も日程さえ決まらない高濃度汚染焼却灰は現在、1000トンを超えた。
 一方、同終末処理場は 昨年9月から、埋め立て基準を超える焼却灰の増加を防ぐため、一部の脱水汚泥 (同200ベクレル前後)を焼却処理せずに 外部に搬出している。 だが、今年1月、主な受け入れ先の一つの君津市管理型最終処分場で、水質検査用の井戸から高濃度の塩化物イオンが検出され、地下水に汚染物が漏れている恐れが浮上。 県が 搬入停止と原因調査を
勧告し、搬入は 中断したままだ。
 この最終処分場周辺では 「 環境破壊につながる 」などと 搬入中止を求める住民運動も起きて
いる。県の担当者は「 埋め立て先や 一時保管先を、住民の理解を得つつ、地道に確保し続ける
しかない 」と話す。

 ◇ 住民理解へ秘策なく・環境省

 汚染物の行き場がない状況について、環境省は 「 自治体側の、放射性物質に対する住民感情
への配慮と理解不足が背景にある。解決への秘策はない 」(幹部)と頭を抱える。
環境省は 1月20日、8000ベクレル以下の廃棄物について 「 受け入れや取り扱いを拒否
することは 科学的・法的根拠に基づかず不適切 」との通知を 都道府県・政令市に出した。 通知は 「 最終処分先が確保できない焼却灰や汚泥などがたまると、生活や産業活動に影響
が生じる可能性がある 」とも指摘し、影響の甚大さを強調する異例の内容だった。
 通知の根拠について 環境省は「 8000㏃以下ならば、埋め立ての従事者でも、一般人の年間の
許容被曝量(年1ミリシーベルト)を超えない 」 と説明する。 周囲への影響も 原子力安全委員会が
「 無視できる数値 」としている年0.01ミリシーベルト以下という。
 だが、状況は改善せず、担当者は 「 理解してもらうよう 丁寧に説明していくのみ 」と漏らす。
 

   今回の東日本大震災では、これまで経験したことがないぐらいの大量の廃棄物が出ています。
  この廃棄物を、余力のある所に受け入れていただき、しっかりと処理をしていくのが、一番良い
  のではないかというふうに考えております。 広域処理は十分に安全性を確保して進めていく
  ものです。
  どうか、皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。
        ( 細野大臣のメッセージ動画は すぐには起動しません )

 
   大臣は、
  「 放射能に汚染された廃棄物が なぜ 出てきて、復興の妨げとなっているのか? 」について  説明することを逃げたまま、 「 住民の無理解が 復興を妨げている 」という前提で、住民の
  蒙を開こうとして、 焼却処理等の 安全性を強調しています。
  大変 失礼なことを、住民or国民に言っているということが、彼には分かっていないようです。
 
   地元に、
  「 焼却灰は8,000ベクレル/kg以下かどうかを測定した後、密閉された容器で漏らさず
  最終処分施設に運ばれ、埋立処分されます。焼却灰には、飛散防止のため、50cm以上の
  土をかぶせて覆います。」
  というような処置をせねばならないということは、
  その施設の土地は、 将来 他に使用できない場所となってしまうことを意味します。
 
   また、「 岩手県や宮城県沿岸部の空間放射線量は、関東圏と同程度で高くはありません。」
  ということは、関東圏以外の受け入れは 初めから断念しているということでしょうか?
  関東圏は、 西日本から見ると、否 従来の日本国からは まったく違った大地になっています。
  これは、とんでもないことだという事実を 不問に付して、このようなことを、平然と言う環境省は、
  とても、住民の理解を得ようとする資格がありません。 
     
   分けのわからない数字を並べて、「 安全・安心 」を盛んに唱えるのは、
  あの「 冷温停止状態 」や「 直ちに影響はありません 」と同じく、単なる行政用語にすぎません。
  住民の感情と思いを、このような 小手先の言葉で なんとかできると考えるのは、
  細野氏ほか 官僚の「 思考停止状態 」を示しています。
   まず、肝心のこと、 すなわち
  「 なぜ このような理不尽を 自分たちは被らなくてはならないのか? 」
  ということを、明確に 納得がいくように、国民に述べなくてはならないのです。
 
   しかし、残念なことに、野田首相にも 細野大臣にも、 これを述べることは 期待できません。
  したがって、 廃棄物の広域処理ということは、けっして 住民の理解を得られないでしょう。
      ( 従来 秋田など東北に 都からでる廃棄物の埋め立てを頼ってきた東京都が、
        罹災地の廃棄物の焼却処理をするのは、それなりの思惑があってのことでしょう。
        何も 都に崇高な精神があってのことではありません。  ) 
                                                    合掌     

                                                    毎日  3月2日
 東電福島第1原発事故によって放射性セシウムに汚染され処理できない稲わらが、宮城や福島
など8道県で 約6800トンに上ることが、毎日新聞の調査で分った。 国土交通省のまとめでは、
同様に 下水処理場で保管中の下水汚泥焼却灰も、12都県で約7000トンに達し、昨年
7月時点の3.6倍に増えた
国は 1キロ当たり8000 ㏃以下なら埋め立て可能との基準を示すが、そうした廃棄物の処理も
進まず、国の対策が機能していない実情が浮かんだ。
 
 汚染稲わらは、牛肉の放射性 セシウム汚染の原因として問題となった。保管量が最も多いのは
宮城の4800トンで、福島 1100トン、岩手 600トン、栃木 320トンと続く。
  下水処理場に保管されている放射性セシウムを含む下水汚泥焼却灰は 2月3日現在、
福島が3万 t で 最も多く、昨年7月時点より 2万5220tも増えた。 次いで、宮城 2万2000 t
(昨年7月比1万9900 t 増)  ▽神奈川 1万9000t (同1万4690 t 増) ▽埼玉 9500 t
(同6790 t 増) −− となっている。
 
 放射性物質汚染対処特別措置法に基づき、放射性 セシウム 濃度が1キロ当たり8000㏃超の
廃棄物の埋立て処分には、遮水シート敷設などが必要だ。 それ以下の廃棄物は、通常の廃棄物
と同様の処分ができる
ところが、「 下水汚泥や焼却灰の大半は 8000㏃以下 」(国交省)。 稲わらも 岩手の半分
の300トンは 8000㏃以下など、状況は似通っている。  
国交省の担当者は 「 汚染を心配する住民の反対もあり、自治体による処分が思うように進んでいない 」と話し、有効な対策を見いだせていない
農水省8000㏃以下の稲わらについて、「 水田にすき込むことも可能 」としているが、抵抗を
感じる農家が多いことなどから、一時保管されているとみられる

閉じる コメント(14)

顔アイコン

除染作業はナンセンス。
家を高い水圧の水で流して、とりあえず家だけは、線量を下げることができても、その水流で流された放射能は、どこか低い土地にあつまって、より危険な高線量地域(ホットスポット)を作り出す。

ようするに除染とは、右手にあるゴミを、左手に持ち替えただけ。

汚染ムギワラにしても、個別に集積しているが、その置き場が高線量地帯になり、近寄ることもできない。
しかも、仮設置き場だから、数年ぐらいしか耐用年数がない。
その後、どうするのか、目処もなし。

これらのことを考えると、汚染地帯の放棄のほうが、除染より、はるかに現実的対応と思えます。


それにしても、いまだに、「原発興国論」を唱えている、保守派のオピニオンリーダーの説を聞いていると、もはや現実を見ていないといわざる得ません。

人間の現実認識の失敗が招いた事故を、さらに錯誤によって、拡張、拡大している。
馬鹿馬鹿しい限りだ。

2012/3/7(水) 午前 7:58 みずがめ座 返信する

顔アイコン

「みずがめ座」さんへ。お早うございます。
枝野経産相も 細野環境相も、原発の早期稼働の意思を ついに明言しましたね。彼らの当初から
の、これが意図でした。
フクシマの住民をその地に縛り付けたままの,除染と帰還をセットにした政策は、誰のための
政策なのか?!
――― こういう国の アカラサマな冷酷な姿勢を見せられて、一方で 事故などなかったか
のようなTV番組が流れたりして 今まで通りの生活が展開しているのを見るのは、悪酔いを
しているような感覚です。

核施設の事故や核実験の際、ソ連や中国だけでなく、イギリスも アメリカも フランスも 皆、
住民に対して これと同じような姿勢を取りました。日本の政策遂行者たちは、こういう核先進国
の前例を踏まえて、日本国民に対しているのでしょう。 それで、彼らは、事故が 自分たちの
過失や失敗とは 全く思っていませんね。冷酷に 現実を見て、自分らのやってきたことを、
今後も続けようとしているのでしょう。(続)

2012/3/7(水) 午前 10:00 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

国民に 放射能被害が出てきても、国土が 失われても、世界の核マフィアの一員として、
その役割を果たしていくのが、彼らの仁義であり 彼らの利害なのでしょう。この国が、国際的
な核マフィアに乗っ取られているという自覚なしに、このマフィア組織の幹部になろうとして、
ミイラ取りがミイラになったのが、この国の エスタブリッシュメント でしょう。
戦前の五大国の一員になって その国家崩壊を招いたのと、同じ構図です。
――― ‘維新の理念は 間違っていた!’‘維新の志士たちは 大きな錯誤を犯していた’
ということを認めない限り、この国の将来の展望は開けないと思います。

除染政策は、様々な立場の 愚かしい意図の上に遂行されているのでしょう。 この国の将来
を食いつぶす政策ですね。 国民の良心が、この政策に「否」を突き付け、大規模な移住政策を
国に認めさせることができるかどうか? が、唯一 地獄を回避する道だと思います。合掌

2012/3/7(水) 午前 10:18 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

西欧近代国家を模範とするなら、必然の結果として、大東亜戦争があり、科学技術万能・経済大国・核武装・原発の戦後世界が存在する。

戦前の日本が失敗であったなら、戦後の日本も失敗であった。

今、日本が先生と仰いだ、欧州の国々に何が起こっているか?
世界最大の経済規模を誇るEUは、マイナス成長、とユーロ危機にゆれている。解決策もない。

戦後の模範となったアメリカ、そこで何が起きているか?
若者は路頭に迷い、金持ちはやりたい放題、
確かに新産業、新企業、新発明はあった。
しかし、その利益を得ているのは、一部の富裕層だけ。

これが日本の将来に待っている世界だ。

その先輩・アメリカ人の夢。
退職後、どこで過ごすのがベストか」の問いに、

コロンビア、パナマ、エクアドル、スペイン、タイ、などをあげている。どこも強国でも、大国でもなく、原発も核武装もしていない国だ。
ここに彼らの本音が出ている。

2012/3/7(水) 午後 1:06 みずがめ座 返信する

顔アイコン

目の前の事象におたおたするのは自然の姿です。人間の歴史を紐解けば明らかですから、何のこれしきの思想が必要なのです。低線量被爆に怯え、ノイローゼになったり、ストレスで病気を誘引したりすることが無いことを祈ります。極端なことを言えば、かの特攻隊の兵士は我が身を殺しても敵に突入しました。広島の県民が健康的なのは何故でしょうか?。原爆・水爆の実験が繰り返された太平洋に近い日本が世界一の長寿国になれる筈がないのですが、そうなったのは何故でしょうか?。低線量の被害は煙草、お酒、各種事故、殺人、病気、薬害等のもっと高いリスクに埋没するのです。核エネルギーを日本から奪って国力を削減し、ちょっとした脅かしにも過敏に反応する事態になっていますが、日本人に核恐怖のマインドコントロールが見事に行われる恐怖にも気が付いて欲しいのです。絶対安全ということは有りませんが、存在しても良い程度の危険に抑え込む科学技術を模索しようではありませんか?。

2012/3/7(水) 午後 4:44 [ 琵琶湖研究室 ] 返信する

顔アイコン

「みずがめ座」さんへ。こんばんわ。
> その先輩・アメリカ人の夢。
「 退職後、どこで過ごすのがベストか 」の問いに、・・・
――― そうですか! あの広大な北米大陸でも満足できないんですか?! アメリカ人は・・・。
ヨーロッパでも満足できずに 北米に移住し、広大なプレーリーの原野を開拓しつくし、地下の
湖の水を使いつくして、さらに 他のところに移住をしようと・・・。
このアメリカ的貪欲(=フロンティアスピリット)は、止まるところを知りませんね。

もし、彼らの貪欲が鎮められて、他の世界観を受け入れられるような心の広さを獲得できれば、
我々の生活も もっと落ち着いたものになるんですが・・・。
しかし、この貪欲は、西欧キリスト教社会から生まれた「ピューリタニズム」と「資本主義」に
根がありますから、西欧人自身、自己の精神が病に侵されていたことを気づき、他の諸民族・
諸国民が そのことに気づく必要がありますね。(続)

2012/3/7(水) 午後 10:07 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

キリスト教、従って 西欧思想の病理が、あらゆる方面から思考されなくてはなりません。
我々は、もう 本気になって、西欧思想から解放されなくては、人類の未来はありません。

イエスが、ユダヤ的思惟に 深刻な問題意識をもって、一つの回答を出したように・・・。
( キリスト 教は パウロ神学ですね。イエス自身は キリスト 教など与り知らぬことでした。
パウロは、イエスの問題意識とその回答を曲解して、イエスを十字架上のイエスに祀り上げて
しまいました。これほど、イエスを 人類を裏切った者は、他にありません。 )
合掌

2012/3/7(水) 午後 10:25 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

「琵琶湖研究室」さんへ。こんばんわ。
> 低線量被爆に怯え、ノイローゼになったり、ストレスで病気を誘引したりすることが
無いことを祈ります
――― そうですね。私も そう思います。 これから免れるには、「低線量被曝」に
「安心・安全」の宣伝をせず、被曝を 少なくするような冷静な対処をすることですね。


> かの特攻隊の兵士は我が身を殺しても敵に突入しました
――― ん? これは ちょっと・・・。
兵士と、一般国民 しかも子供や女性と一緒にしてはなりません。

> 広島の県民が健康的なのは何故でしょうか?
――― 広島県民ではありません。広島市民です。原爆は 爆発の時に 放射能雲は成層圏まで
上がりました。 原爆で出た放射能の大半は、成層圏まで上がり 地球全体に広がったのです。
広島市およびその周辺に降ったのは、その一部にしか過ぎませんでした。
しかし、原発事故の放射能雲は 地上を這うように広がったのです。
放出された放射能の量も この度の事故は、原爆の何倍にもなります。事態の深刻さを 誤認
されています。(続)

2012/3/7(水) 午後 10:53 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

また、原爆で 生き残った人たち、或いは 後に市内に入った人々の中には、今も健康障害
に苦しんでいる人たちがいます。多くは もう亡くなりました。また、ピカドンの後に 多くの
死産がありました。ABCC(今の放影研〜米国から資金でています)には そのホルマリン標本
が沢山あります。

> 原爆・水爆の実験が繰り返された太平洋に近い日本が世界一の長寿国になれる筈がない
のですが、そうなったのは何故でしょうか?
――― 原爆実験が盛んであったときの わが国の汚染は、福島原発事故の汚染よりも かなり
微量だったということになっています。しかも、太平洋での実験で 汚染が高かったのは、
太平洋側ではなく 日本海側だったということになっています。
これは、やはり 原爆と原発の違いでしょう。原爆は 成層圏まで吹き上がりますが、原発は
地上を這うように 風に流されて 放射性物質が広がるからでしょう。(続)

2012/3/7(水) 午後 11:11 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

> 日本人に核恐怖のマインドコントロールが見事に行われる恐怖にも気が付いて欲しいのです
――― 残念ながら、今日の日本人の放射能への恐れは、西欧諸国や米国の人たちよりも
鈍感です。それが 放射性物質の規制値にも表れています。これらの国は 日本よりも厳しい
基準を採用しています。

> 存在しても良い程度の危険に抑え込む科学技術を模索しようではありませんか?
――― 私は 「技術」というものは 大切だと思います。しかし、今日 「科学技術」は、
我々人間の身の丈を はるかに逸脱していると見ています。合掌

2012/3/7(水) 午後 11:19 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。読ませて頂きました。見解の相違は大きいです。でも2万人近くの方々がが、あの大震災で亡くなったことを、顧みないような言動を繰り返す、反原電の方々のお子持ちが理解できないことも、賢明な方々にはお分かりくださいと申し上げたいのです。極めて低い線量は日常なのです。インドのケララ州等のことを知ることも安心材料だと思います。反タバコ運動ももっと訴えるべきです。

2012/3/8(木) 午前 0:16 [ 琵琶湖研究室 ] 返信する

顔アイコン

「琵琶湖研究室」さんへ。 こんばんわ。
そうですね! 大震災と津波で たいへんな被害が出ました。この日本に 2万にも上る死者が
でるとは 信じられないことでした。改めて、祖先たちが 過去に何度も大災害に見舞われて
きた この国であったことを思い知りました。
そして、我々は あっという間に、当たり前の日常というものが 破られる世界に生きている
のだと、改めて確認しました。「 ある朝起きてみると、世界が変わっていた 」。

しかし、代々 日本人は、こういう大地に生きてきたのでした。肝に銘じたいと思います。
数万年にわたって、こういう大地に生き延びてきたのが、我々日本人でした。 巨大な地震や
津波は、日本の歴史にとっては ありふれた出来事でした。こういう現実を踏まえて 日本の
社会や文化が成り立っていたんですね。我々人為では いかんともしがたい自然の現実の中で、
我々の祖先たちの人生観も世界観も形成されてきたのでしょう。(続)

2012/3/8(木) 午前 0:51 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

地震や津波は 欧米人の文化の中に織り込まれている度合いが浅いようです (ツナミは
欧米の言葉にはないそうですね)。何万人も死ぬような自然災害というのを、彼らは ペストという
疫病以外は 知らないのでしょう。死生観が、我々と彼らとは違うわけです。
津波で亡くなった人たちに対する姿勢も違います。欧米流だと、これは耐え難いことですが、
彼らのような感じ方だと、この地震列島には 我々は住めません。何万人も 自然災害で死ぬ
のを、恐慌に陥らずに 受容していくのが、我々日本人の在り方でしょう。彼らとは したがって
自然観が違うのですね。こういうことを、改めて 考えさせられます。

ところで、2万人というのは、今日 年間の自殺者3万よりも 少ないです。それなのに、どうして
自殺者よりも 災害で亡くなることが、我々にショックを与えるのでしょうか?
また、自動車事故で 過去何十万人も死んでも、我々は あまり気にしないのは・・・? (続)

2012/3/8(木) 午前 1:34 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

自動車事故や原発事故は、自然災害ではなく 人為の事故です。人為であれば、我々の管理下で
何とかできるはずです。自動車事故は、社会を自動車社会ではないように組み替えればよい。
原発事故は、原発を止めれば無くなります。 地震や津波を無くすのとは 比較にならないほど
簡単です。

今の問題では、「原発を どうして無くせないのか?」という我々人間の事情にすぎません。

>インドのケララ州等のことを知ることも安心材料・・・
――― 前にも申しましたが、これを安心だとするのは早計です。この地域の調査報告書には
多くの疑問があります。
低線量被曝は、「 ただちに健康に害がある 」ものではありませんから、その害が見えにくい
だけで、本人にとっては 大変なことです。ちょうど、医者にかかっても、どこにも病因が
見つからないのに、本人は苦しがっているようなことが たくさんあるように・・・。
合掌

2012/3/8(木) 午前 1:37 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事