混沌の時代のなかで、真実の光を求めて

現代に生きる私の上に 仏法は何ができるかを 試そうと思い立ちました。//全ての原発を 即刻停止して、 別の生き方をしましょう。

全体表示

[ リスト ]

何という無神経さか!

【 日本国に、「放射線管理区域」という言葉は いつのまにか 消えたらしい 】
 
 
                                           産経   2012.5.1 
 取手市貝塚のいもりの里で30日、「どろんこ田んぼ運動会」が開かれ、チビっ子たちが
泥だらけになりながら玉入れなどの競技を楽しんだ。
いもりの里には、研究・教育用のアカハライモリが放流されているため、農機具で 田圃
を耕すことができない。運動会は、農機具の代わりに子供たちに遊んでもらい、稲の
切り株を分解するなどの“農作業”をしてもらい、田植えの準備をするのが目的。
 運動会には、市内外から親子連れら約110人が参加。 いもりの里協議会の蛯原
孝夫代表は 「親公認なので 思い切り泥んこになってください」 とあいさつ。 
チビっ子たちは 「冷たい」 などといいながら、泥んこになって 玉入れや二人三脚、
綱引きなどに熱中していた。
 
          の右上の「 地図∇ 」をクリックして、
                       「情報を重ねる」欄の「放射線情報[災]」を見て下さい。
    取手市貝塚の土壌汚染は 3〜6万㏃/㎡ 放射線管理区域相当の所です。
    ※http://www.pref.ibaraki.jp/images/spacer.gif茨城県全域の土壌放射能濃度マップ(セシウム134セシウム137の沈着量)                                         8月4日〜9月14日
 
  【 茨城県のHP 】
 
      今般、県内農用地の土壌を対象に放射性物質に係る調査を実施したところ、
          92〜496ベクレル/kgの分析結果が判明しましたので、お知らせします。
     また、原子力災害対策本部から土壌中放射性セシウム濃度の上限値は5,000ベクレル/kg
     との考え方が示されました。
      このため、本県においては、水稲の作付を制限する必要はありません。
                                                                
 2012年5月4日現在も、☝の記述は変更されていません。政府が、昨年産の米については、
新基準を守る必要はないと お墨付きを与えているからでしょうが、 
北茨城市大津町のもの以外は、100㏃/kgを越えたものはないのですから、このことを記述して
よいはずです。つまり、生産者の利益に添った立場を茨城県は取っていることを示しています。
 茨城県民は 全員 コメの生産者ではなく、コメの消費者の方が多いし、県外の人々の健康に
ついても、責任を負わないと、県は言っていることになります。
ただ、これは 或は 国の指導で 記述の変更をしていないのかもしれません。
 いづれにしても、行政機関というものは、
人々のイノチと健康を守ることより、生産者の利益を優先して行動するもののようです。     
 
        ※ 因みに、クリアランスレベル以上として 従来 放射性物質として扱われていたのは、
    100㏃/kg以上のモノでした。  ただし、輸入食品については、チェルノブイリ以降、
    食品中のセシウム134・ 137由来の放射能濃度は 370㏃/kg以下でした。 これは、
    ヨーロッパからの輸入品が 日本における主要な食品ではないための政策的な数値
    でした。
                                           食品衛生法 - Wikipedia
        
                                                        


 【  これは? いったいどういうことだ?! 】
 
皇太子ご一家:静養のため栃木・那須に
 http://mainichi.jp/select/news/20120504k0000m040024000c.html  毎日 2012 5月3日
                                                
 皇太子ご一家は3日、静養のため栃木県の那須御用邸付属邸に入った。同付属邸で数日間、滞在
する。
ご一家は 午後2時前に新幹線でJR那須塩原駅に到着し、貴賓室で約30分間、休憩した。 激しい雨
の中、駅前には 雨具を着たり傘を差すなどして 約300人が集まった。
 ご一家が駅前に姿を現すと 愛子さま と歓声が上がり、ご一家は手を振って応えた。
見送った福田富一知事によると、福田知事が愛子さまに 「田んぼでは カエルが合唱していますよ」 と
話すと、表情を和ませたという。
 
    那須御用邸の周辺地図-Yahoo!ロコ
 皇太子御静養の地は、土壌汚染 3〜6万㏃/k㎡ と 6〜10万㏃/㎡の境界あります。
                                      
 
    ※ 栃木県は、学校の放射能対策を放棄しているようです。
        教育機関等における放射線量調査の結果    
    5月の測定では 公立小中学校(公立幼稚園含む) と、すべての施設を調査していますが、
    6月には、前回5月に 放射線量率が1時間当たり1.0μ㏜以上を観測した31施設
            那須塩原市: 19施設(小学校8、中学校3、高等学校1、幼稚園2、保育所5)
            那須町   : 12施設(小学校6、中学校2、高等学校2、幼稚園1、保育所1)
    に限定。 その後は、8月30日、31日、11月22日及び12月5日に
           土壌処理が完了した施設等27施設の
            那須塩原市: 18施設( 小学校8、中学校3、幼稚園2、保育所5 )
            那須町   : 9施設( 小学校6、中学校1、幼稚園1、保育所1 )
    だけを測定し、調査結果の更新は 12月6日が最後となっています。
     この間も 校内の詳しい調査を行っているようにはみえません。 
     また、学校のHPには 放射能情報はありません( HPを発見できない学校がある )
 
     しかし、那須塩原市と那須町のHPには、
     那須塩原市: 小学校・中学校における放射線量の測定結果  更新日 平成24年5月1日
     那須町: 空間放射線量の測定結果 (町内30カ所、公共施設、保育園、小学校、中学校)
                                                2012年5月2日
    が発見できました。
 
     また、焼却灰の測定も、       
    のように、最終更新日は 2011年8月29日となっています。
 
     福田富一栃木県知事さんは、
        放射能汚染の現実から 逃げていると思わざるを得ません。


                                                                               東京新聞   2月29日
      ・・・
    栃木県那須町の高久勝町長は「 一般住宅では 庭の表土と屋根の除染は重要だが、
     町が財政負担するのは難しい。 子どもたちの安全を見捨てるような方針には納得できない 」
     と批判。
    茨城県取手市の担当者も「 民家の除染への要望は多い。表土除去が対象外となれば、
     影響は大きい 」と心配する。 ・・・
 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

まったく驚きを禁じ得ないイベントが目白押しですね....福島事故前と福島事故後で,世界が変わっている,というのを実感するのは.....放射能はその点が大変難しい難物です.以前のリアリティの問題です.kyomuさまは活字と映像でよく「感じる」ことができますね.その感覚と思慮深さ,本当に感心させられます.

2012/5/5(土) 午前 8:50 ayammt 返信する

39819です。

ついに稼働中だった
最後の原発が停止
したようです。

政府は一刻も早く
再稼働させたくて

電力不足になるとか
真夏に停電すると
脅しをかけている
ようですが

地元民は再稼働に
反対だし
どうなりますか…

2012/5/6(日) 午後 7:13 [ 39819 ] 返信する

顔アイコン

ayammt さんへ。 こんばんわ。
事故前であれば、国中で 上へ下への大問題になったような事が、平然と行われて まったく
問題とならなくなりました。余りの変化の大きさに、我々の感覚がついていかないんですね。

事態が よく呑み込めないままに、この事態を異常なものとはしたくない勢力の活動が 日夜
精力的に行われてきました。この異常な事態を 当たり前の事態だというふうに・・・。

以前だったら、皇太子一家の静養先として 放射線管理区域を選んだだけで、いわゆる天皇に
過剰なまでの感情を持っている人々は 大騒ぎするはずですが、この度は 一向に沈黙して
います。彼らの多くが、原発推進を是とし、「放射能など なんでもない」と公言してきた
人々ですから、沈黙するのも当然です。しかし、彼らこそ、皇太子の健康を心配し、「静養」
のために放射線管理区域に行くなど、とんでもないことだと言わなければならないはずです。
天皇家を滅ぼしていいのか?! と。合掌

2012/5/6(日) 午後 7:26 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

お今晩は~でございます!世間は連休明け小生は連休の始まりでございます。久しぶりにゆっくりとお書き込み拝読致しました。ayammt さまへのあなた様コメント興味深く考えさせられました・・先、3月に退院後間もない陛下が周りの方々の反対をおして御出席なさました追悼式典!僭越ながら陛下の覚悟の程を窺えたと思ってますが・・只今の為政者に如何ばかりの覚悟がありますでしょうか?心許ない限りでございます!
只々、現体制維持でございましょう・・今こそ今こそ・・ 頓首 拝

2012/5/7(月) 午前 4:08 [ {^美м楽^} ] 返信する

顔アイコン

「39819」さんへ。こんばんわ。
そうですね。泊、止まりましたね。有難いことです。
政府は、福井の大飯原発は なぜだかわかりませんが 別格扱いして、原子力規制庁に 稼働の
是非の判断をゆだねずに 稼働させたいようです。

この原子力規制庁というのも、訳の分からない組織です。これを作るということは、原発を
温存するということとイコールですからね。 原子力政策そのものについて、根本から議論
をすることを封じて、原発稼働を 見切り発車をしたいための新設ですからね。

ただ、福井の地元の人たちが、どこまで再稼働を拒否できるか? 私は楽観していません。
合掌

2012/5/7(月) 午後 9:49 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

{^美м楽^} さんへ。お早うございます。
皇太子は、那須御用邸付近が 無視できない放射能汚染地帯であることは、ご存じのはずです。
にもかかわらず、この地を 事故前と同様に 静養先に選んだのは、どういう存念からか、
まったく分かりません。
様々に考えられますが、この報道を受けても、この事に対する人々の反応が 聞こえてこない
ところに、何か奇妙な感じがします。
原発事故と放射能汚染への 大方のフリーズされた態度と同じ、「見ざる・言わざる・聞かざる」
を決め込んでいるかのようです。合掌

2012/5/8(火) 午前 9:23 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

顔アイコン

しばらくご無沙汰しておりました。
バックして読ませていただいています。
茨城だけでなく近隣の県では、放射線の低い地域で、○○大会が色々催されてきました。その無神経さもさることながら・・
皇室の那須での静養は信じられませんね。
もしや天皇まで利用されているのではないでしょうか?
天皇一家でさえ那須に行かれるのだから,放射能の無用な心配はするなと・・。
愛子様がいらして、危険な年齢であるにも関わらず、どうして行かせたのか本当に疑問です。宮内庁でも心配の声一つ上がらなかったのでしょうか?

2012/5/12(土) 午後 2:29 mimi 返信する

顔アイコン

mimi さんへ。こんにちわ。
そうですね・・・、福島では 運動会が戸外で開かれている由。この場合、報道は 風が強いのか
弱いのか、細かい砂が巻き上げられていはしないか、放射線量がどうなのか、といったことを
一切抜かして、元気な 子供たちの姿のみ 報道しています。
見ている方は 心配になりますが、「原子力の安全神話」と同じ「安心・安全」の強制を
感じてしまいます。

皇太子の那須御用邸の静養は、驚きました。 これは、どういうことなのか? 私は まったく
分かりません。 これを 問題として 余り取り上げられていないようですし、日頃 皇室に
対して尊崇の念を吐露している人たちも そうです。これも また 不審です。

私には、理解不能なことが 多すぎます。合掌

2012/5/13(日) 午後 5:32 [ kyomutekisonzairon ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事