混沌の時代のなかで、真実の光を求めて

現代に生きる私の上に 仏法は何ができるかを 試そうと思い立ちました。//全ての原発を 即刻停止して、 別の生き方をしましょう。

全体表示

[ リスト ]

 
                                                                    産経新聞 8月21日
 東京電力福島第1原発事故による放射性物質汚染問題で、県は20日、那須塩原市千本松の
県営那須野が原公園の除染作業を開始した。
同市の除染実施計画に基づき実施したもので、同市議会などからも 放射線量が高いホットスポット
として 県に対し早急な対策を求める要望書が提出されていた。
 この日は、郷土の広場の芝生の深刈りに着手。 表面から2センチほど刈り取られた芝は、
大型の土嚢(どのう)に詰めて公園内の仮置き場に保管された。
 県によると、同公園(約70ha)の除染は 利用者の滞在時間が長い広場や フィールドアスレチック、
オートキャンプ場などのエリア10ヘクタールで実施。 10月末までに完了させたいという。

 同公園では 昨年12月、市議会の放射能対策検討特別委員会が 独自に放射線量を測定。
駐車場の排水口付近で 毎時16・80μ㏜だったほか、公園内の山林でも 3・80μ㏜を測定
した。
 
                   栃木県那須塩原市千本松の周辺地図-Yahoo!ロコ
 
 
 
                                      毎日   8月23日
    県教委は、空間放射線量が国の基準(毎時0・23μ㏜)を上回った県立学校11校と
   青少年教育施設1カ所で校庭などの除染作業を始める。 
   いずれも、放射性物質汚染対処特別措置法に基づき、市町村ごとに策定された除染実施
   計画に盛り込まれている。 国の補助金の交付が決まり、作業に着手することになった。
   23日に委託業者の入札を行い、業者が決まり次第、放射線量の詳細な調査を行い、各
   学校ごとに除染内容を決めるという。
    対象となるのは、県立学校が ▽高萩▽竜ケ崎二▽竜ケ崎南▽取手一▽取手二▽守谷
   ▽伊奈−−の各高校と▽土浦▽美浦▽伊奈−−の各特別支援学校、霞ケ浦聾(ろう)学校、
   青少年教育施設が里美野外活動センター。 いずれも今年2〜3月に行った空間放射線量
   の精密検査で0・23μ㏜を上回った。 最も高かったのは、霞ケ浦聾学校の0・368μ㏜
   (2月測定)だった。
    各学校・施設では 校庭や側溝などを除染する予定で、県教委保健体育課は 「 年内には
      終わらせたい 」としている。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事