混沌の時代のなかで、真実の光を求めて

現代に生きる私の上に 仏法は何ができるかを 試そうと思い立ちました。//全ての原発を 即刻停止して、 別の生き方をしましょう。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全807ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

開く コメント(0)


           


 
                               6/23(日)         現代ビジネス
    カミソリの異名をとった後藤田正晴を表裏で支え、あらゆる経済事件で暗躍してきた“最後の
フィクサー”朝堂院大覚氏が、安倍政権に象徴されるいまの日本の支配者たちの腐敗、堕落の所業
一刀両断する。       ※ 朝堂院大覚 - Wikipedia 
 
 
  以下、朝堂院大覚氏の寄稿の抜き書きです。
                                               
 


自民党政治が招いた拝金主義社会
 安倍晋三首相は また醜態を晒した。 アメリカのトランプ大統領を平身低頭で招待し、大相撲の升席観戦など恥も外聞もない過剰接待を繰り返した。その成果というのか「見返り」が、あろうことか貿易交渉での アメリカへの大幅譲歩、つまりぼったくられる事実を7月の参院選後まで公表しないでくれという密約でしかなったことを、当のトランプ大統領からバラされてしまったのだ。
 安倍首相のみならず、政官財を支配する日本の権力者たちの亡国の所業の数々は目に余るものの、すでにマヒしてしまったのか、国民の怒りはなぜか盛り上がりに欠けるように感じる。
 しかし、明らかに日本は危機的状況にある。こうした現状を招いたのは、戦後長く続いた自民党政治の腐敗による「拝金主義」の蔓延にほかならいない。私は このたび、評論家の佐高信氏とともに 『日本を今売る本当に悪いやつら』を上梓し、その拝金主義の源流と、今の日本の支配者たちの体たらくを明らかにした。
 佐高信さんとの対談をもとにした本書においてもっとも強調しなければならないことは、この戦後 74年続く売国奴の政治家たちが日本人たちの労働力の質の低下を招いたということだ。このままでは 今後100年経っても 失われた質を取り戻すことは難しいだろう。
 
    ・・・
 
 
 町人の時代には 拝金主義が広められ、カネを拝む人間が多くなり、正義が通じない時代を   作りあげた。だから 国会においてもカネのためには平気でウソをつく、権力のためなら裏切る。  すべて町人主義がまかりとおる世の中になってしまった。それは マスメディアも同じことである。

 この拝金主義を広めるために GHQが使った エージェントが児玉誉士夫であり、戦後右翼とその力 を利用した自民党政治である。この自民党政治による悪影響がもっとも大きい。

 今回の佐高さんとの対談においても、その点を私はお話ししたつもりだが、これは私が経験した 範囲での話であって、私が知らない場面でも同じようなことが行われていたはずだ。これが世界  から日本人が信用されなくなった原因といえる。
 
戦争で得るものはなにもない

 平成の失われた30年。平成の呪われた30年。この時代は 次から次へと指導者が代わり、戦後日本人が  築き上げたものをハゲタカファンドたちに献上することになった時代だ。 もっとも大きいのは日本郵政による  米保険大手アフラックへの2700億円近くに上る巨額出資である。
    
・・・

角栄、後藤田の遺訓

 幕末では イギリスのグラバーが倒幕派に武器を売り込み、対する徳川幕府をフランスが支援した。すべての戦争はその繰り返しなのである。

 利益を得るのは 軍事産業であり、一部の拝金主義者たちだ。 イラン革命、イラク戦争を見れば明らかだ。 革命や宗教、デモを利用して暴動を起こして戦争を起こす というパターンが決まっている。米国も 戦争を生み出すためには 同盟国を平気で裏切る。フィリピンの米軍基地撤退も 米軍基地を潰したいから、軍事政権を  アキノに倒させたのである。

 戦争とは おしなべて人間によって作られるものだ。これに対峙する政治家には 先を見通す力が必要だ。  ともかく 世界には戦争を回避する政治家が必要なのである。田中角栄や後藤田正晴は 絶対に戦争をしちゃいけないと言っていたものだ。

 安倍政権に たぶらかされてはならない。戦争ができるようにする憲法改正など絶対にしてはならないので ある。

                                    以上
 

開く コメント(3)


         日本記者クラブ
           

開く コメント(0)

                       未着工都市計画道路
   井原鉄道の高架橋   国道486号線
                                              岡山県井原市東江原町 青木地内
イメージ
     国道486号線は、 
    旧県道25号線が、平成5年(1993)に国道に格上げされたもので、 
    国道2号線の北の内陸部を
    東から西へ、総社市・真備町・矢掛町・井原市を通り、広島県に入って福山市から東広島市に至る
    総延長 136.2km (岡山県側:31.4km) の幹線道路です。
   
              
イメージ


イメージ
                   井原鉄道の高架が 国道486号線を横切っています。


  小田川の土手に架かる井原鉄道の高架
イメージ

                                👇   イメージ    私が立っているのは、旧県道25号線(小田川の土手)の上です。
    カズラの蔓で覆われたアスファルトの上に、今も旧県道の中央白線が残っています。


    今から54年前昭和40年(1965)、 この旧県道 (幅員約6m) は 
    幅員18mの都市計画道路の指定(青木境森線)を受けました。
    そして、昭和41年に起工した国鉄井原線を、
    この東江原町青木地内で 旧県道25号線を横切らせたため、
    昭和46年、この土手部分の県道を廃線とし、 
    代わりに 上の写真の自動車が走っている部分が供用開始となりました。
      ↑ 私が立っている傍の井原線の橋脚は、旧国鉄によって 昭和44年に竣工しました。
    
    しかし、この旧県道の廃線部分は、
    驚くべきことに、令和元年の今なお 幅員18mの都市計画道路のままなのです。



    もし、当初の計画どおり、ここに幅員18mの都市計画道路を造ろうとすれば、
   鉄道の高架と橋脚が これを妨げているため、井原鉄道は 移転を迫られるし、

    もし、井原鉄道の橋脚を このまま存続させるということになれば、
   都市計画道路の指定は 解除しなくてはなりません。
   
     このような ダブルブッキングは、
     昭和41年(1966) 国鉄井原線の起工時にはわかっていたはずで、
     当時 都市計画に責任を持っていた岡山県は 国鉄と、
     このことに関して なんらかの協議をしていたはずですが、 
     県も市も 井原鉄道も、その協議内容を記した文書がないということです。
             ↑ 
            昭和55年(1980) 国鉄再建法施行により、井原線は建設中止
            その後 昭和61年(1986) 井原市の主導で 第3セクター井原鉄道を設立。
            国鉄の事業を引き継ぎ、平成11年(1999) 井原鉄道を開業する運びとなった。
 

     今になって 都市計画道路の指定を解除するというのであれば、
     国鉄井原線との ダブルブッキングを生じさせた際に、
     都市計画道路を放棄する選択肢もあり得たわけですので、

     このように54年の長きにわたって、
     都市計画道路沿線住民にかけられていた建築制限による不利益に対して、
     これを放置してきた関係当局責任は きわめて重いものがあるでしょう。
     


          


平成30年 7月豪雨で崩落した井原市西江原町の国道486号線 
      ( 国道486号線のこの箇所は 小田川の河川敷をつぶして敷設されました )

ここも、54年前から今日まで 幅員18mの都市計画道路に指定されたままです 

 

転載元転載元: 混沌の中で

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全807ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事