混沌の時代のなかで、真実の光を求めて

現代に生きる私の上に 仏法は何ができるかを 試そうと思い立ちました。//全ての原発を 即刻停止して、 別の生き方をしましょう。

長野県

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

 
  長野県の放射能検査で、事故から3年経って はじめて長野市で採れた
 「こしあぶら」から 基準値100㏃/kgを超える放射性セシウムが検出された
 ということである。
  過去2年間の県の検査では、長野市の山菜は 平成24年度4月30日に採取
 された「こごみ」一点しかなされていない。即ち、一昨年も昨年も「こしあぶら」
 は検査していなかったのである。
 
  このことから言えることは、
 長野市の「こしあぶら」は 本年 はじめて基準値を超えたのではなく、
 今まで 検査をしていなかったので、当然 基準値を超える数字は出ることは
 ないのである。 そして、県は 基準値の数字がないことをもって、
 長野市で採れる 「こしあぶら」 は基準値に満たないと判断し、
 「 安全性が確認されています 」アナウンスしていた という詐欺のような
 ことをしていたことになる。
 
  ――― これは 長野県に限らないことで、
 他の県でも やはり同じく、検査したものしか 出荷制限というものはかからない
 ということになる。つまり、検査結果は 「 汚染の実態 」を反映しているという
 よりも、「 検査の仕方 」を反映しているということになるのだ。
  もし、もっと詳細に検査をすれば、多くの市町村が出荷制限の対象になる
 可能性が高く、また 他の色々な種類の農産物で その対象になる可能性
 があるだろう。
  今日 各県や市町村で行われている 放射能検査は、ザルで水を掬うような
 ものなのであろう。
  
 
 
             長野県北佐久郡 軽井沢町[YAHOO地図
                 地図画面右上の「地図 ▽」を開いて
                「情報を重ねる」欄の「 放射線情報[災] 」に✔を入れる
                と、詳細な汚染地図になります。  
 
 
 
 
 
 
                            更新日:2014年5月21日
 長野県内産の山野に自生する山菜からは、食品衛生法の基準値を超える放射性
セシウムが検出されている場所がありますので、当該市町村(長野市及び軽井沢町
のコシアブラ、及び軽井沢町のタラノメ)の山菜については、採取、出荷及び摂取の
自粛をお願いしています。
 
 

(単位:Bq/kg)

発表日
検体
放射性セシウム
採取場所
採取
Cs-134
Cs-137
合計
5月21日
こしあぶら
(野生)
47.2
(3.28)
117
(3.39)
160
軽井沢町
5月14日
こしあぶら
(野生)
71.2
(4.83)
227
(4.29)
300
軽井沢町
5月14日
たらのめ
(野生)
4.79
(4.62)
7.51
(5.15)
12
軽井沢町
5月14日
たらのめ
(野生)
不検出
(3.92)
9.81
(3.98)
9.8
軽井沢町
5月14日
たらのめ
(野生)
31.9
(5.04)
109
(5.43)
140
軽井沢町
5月14日
たらのめ
(野生)
12.4
(5.23)
40.9
(5.56)
53
軽井沢町
5月14日
たらのめ
(野生)
11.4
(3.85)
23.9
(4.41)
35
軽井沢町
5月14日
5月19日
ぜんまい
(野生)
不検出
(2.78)
不検出
(3.66)
不検出
軽井沢町
5月14日
ぜんまい
(野生)
不検出
(4.28)
8.17
(4.66)
8.2
南牧村
5月15日
たらのめ
(野生)
不検出
(6.10)
6.57
(5.80)
6.6
南牧村
5月15日
5月17日
たらのめ
(野生)
不検出
(4.18)
不検出
(4.00)
不検出
長野市
5月17日
5月16日
こしあぶら
(野生)
82.2
(9.24)
255
(10.1)
340
長野市
5月16日
5月13日
こしあぶら
(野生)
不検出
(4.18)
8.10
(4.00)
8.1
佐久穂町
5月2日
たらのめ
(野生)
不検出
(3.61)
不検出
(3.66)
不検出
佐久穂町
5月2日
たらのめ
(野生)
不検出
(4.16)
不検出
(4.09)
不検出
佐久穂町
5月2日
たらのめ
(野生)
不検出
(4.26)
不検出
(4.63)
不検出
佐久穂町
5月2日
4月25日
ふきのとう
(野生)
不検出
(5.30)
不検出
(4.39)
不検出
軽井沢町
4月16日
4月18日
ふきのとう
(野生)
不検出
(6.40)
不検出
(7.52)
不検出
軽井沢町
4月14日
4月4日
ふきのとう
(野生)
不検出
(4.53)
不検出
(4.23)
不検出
佐久市
4月1日
ふきのとう
(野生)
不検出
(4.47)
不検出
(3.86)
不検出
佐久市
4月1日
ふきのとう
(野生)
不検出
(5.35)
不検出
(5.15)
不検出
佐久穂町
3月28日

 
   【不検出について】
検出下限値より低い場合は「不検出」としています。
長野県環境保全研究所における下限値は、おおむね3〜5Bq/kgですが、検体により
変動します。 検体ごとの検出下限値は、( )書きで示しています。
 
 
 
                        
 
平成25年度の測定結果    2013年10月25日
平成25年度県内産山菜の放射性物質測定結果
長野県内産の山菜軽井沢町のコシアブラ及びタラノメを除く)からは、食品衛生法の基準値を超える放射性セシウムは検出されておらず、安全性が確認されています。
 
軽井沢町のコシアブラ及びタラノメからは、食品衛生法の基準値を超える放射性セシウムが検出されました。当該品目については、採取、出荷及び摂取の自粛をお願いします。
 
                        
 
平成24年度の測定結果    2013年7月1日 
平成24年度 県内産山菜の放射性物質測定結果 ■
 長野県内産の山菜からは、食品衛生法の基準値を超える放射性セシウムは検出されて
おらず、安全性が確認されています。
 
                        
 
平成23年度 の測定結果   2014年5月17日
平成23年度 県内産山菜の放射性物質測定結果
長野県内産の山菜からは、食品衛生法の基準値を超える放射性セシウムは検出されて
おらず、安全性が確認されています。
 
【暫定規制値】放射性ヨウ素(I-131):2,000Bq/kg、 放射性セシウム:500Bq/kg 
 

 
 
 
                                   2013年12月18日
    長野県からの野生きのこの自粛要請について
  小諸市、佐久市、小海町、佐久穂町、南牧村、軽井沢町及び御代田町の7市町村に対して、
  採取、出荷及び摂取の自粛を要請しています。
 
 

 
 
 
 
菅谷昭市長
 
 
 
 
 
 
■ラジオフォーラム
「故郷を放射能に占領された!」元双葉町長が語る被災地の叫び
                2013/12/15
  00:33 オープニング
  03:41 原発事故を振り返る
  13:26 小出裕章ジャーナル/特定秘密保護法と原発情報
  25:20 原発立地の現実
  41:47 避難を拒んだ住民に聞く
  49:29 エンディング
 
 
       ※ 核燃料税 - 福島県 
            道県庁が条例で定める税金であり、原子力発電所の原子炉に挿入
           する核燃料の価格を基準にして、原子炉の設置者に課せられる。
 
               ※ 原子力損害の賠償に関する法律
           第一章 総則
           (目的)
           第一条  この法律は、原子炉の運転等により原子力損害が生じた場合
            における損害賠償に関する基本的制度を定め、もつて被害者の保護を図り、
            及び 原子力事業の健全な発達に資することを目的とする
     
                http://www.jaea.go.jp/img/logo.gif
 
              日本原子力研究開発機構 - Wikipedia
       
             
第四条  独立行政法人日本原子力研究開発機構(以下「機構」)は、原子力基本法第二条
  に規定する基本方針に基づき、原子力に関する基礎的研究及び応用の研究並びに
  核燃料サイクルを確立するための高速増殖炉及びこれに必要な核燃料物質の開発並びに
  核燃料物質の再処理に関する技術及び高レベル放射性廃棄物の処分等に関する技術
  開発を総合的、計画的かつ効率的に行うとともに、これらの成果の普及等を行い、もって
  人類社会の福祉及び国民生活の水準向上に資する原子力の研究、開発及び利用の
    促進に寄与することを目的とする

第五条  機構は、主たる事務所を茨城県に置く。
・・・
第十五条  機構の役員及び職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。
  その職を退いた後も、同様とする。
第六章 罰則

第三十二条  第十五条の規定に違反して秘密を漏らした者は、一年以下の懲役又は
    五十万円以下の罰金に処する。
 
 
 
   
独立行政法人日本原子力研究開発機構(理事長、鈴木篤之、以下「原子力機構」)は、          5月6日付けをもって「福島支援本部」を新設し、我が国唯一の総合的な原子力研究開発機関      として、保有する専門家人材、試験研究施設群を組織的かつ効率的に活用し、福島第一原子力     発電所事故の最終的な収束に向けた中・長期的な技術的課題の解決に貢献するための体制を     構築することとしました。                                                 原子力機構は、事故発生後直ちに、災害対策基本法第2条第5号の規定による指定公共機関     として、原子力緊急時支援・研修センターを中心とした環境モニタリングへの協力、福島原子力      発電所事故対策統合本部の特別プロジェクトや原子力安全委員会等への専門家の派遣による     技術的助言 あるいは科学的知見の提供等を行ってきました。                          今後の、福島支援にかかわる原子力機構の貢献については、これまでの支援活動の一層の充実   ・強化を図ることとしています。さらに、今般の、東京電力の発表した「福島第一原子力発電所・      事故の収束に向けた道筋」において、様々な対策が示されておりますが、今後、中・長期的に重要    となる課題もあります。原子力機構としては、組織の総力を挙げて、あらかじめ調査・検討あるいは   研究開発を行い、今後の対応策に対し、より貢献していくことが重要であると認識しています。      このため、今般、「福島支援本部」を設置し、原子力機構の各研究部門や研究拠点において 自らの   業務として位置付けた福島支援に関する業務を戦略的に実施するための体制を強化することと     しました。                                                          同本部は、原子力機構の本部組織として位置付け、福島支援について 関係各部の専門性を      最大限活用し、福島支援に関する今後解決すべき中・長期的課題に戦略的に取り組むものとし、    理事長が本部長に就任する体制にすることとしました。                             また、同本部に「企画調整部」、「復旧支援部」、「環境支援部」の3部を置き、福島第一原子力発電   所事故の復旧支援及び環境災害の復旧支援に関して、原子力、放射線等に関する知見や技術的    能力を生かして、事故の収束に向けて貢献してまいります。
 
 
 
 
                               
 
                                          信濃毎日 09月01日
 県林務部は31日、北佐久郡御代田町の国有林内で 28日に採取した野生キノコ「ショウゲンジ」
から、国が定める一般食品の1Kg当たり基準値(100ベクレル)を超える630ベクレルの放射性
セシウムを検出したと発表した。
県は 同日、同町内で すべての種類の野生キノコを対象に、 採取と出荷、摂取を自粛するよう
同町などに要請した。
 野生キノコについては、県の検査で 昨年10月に 佐久市で採取したチャナメツムタケから当時
の暫定基準値500ベクレルを上回る1320ベクレルを検出している。

 今回の検査は、市民が持ち込む食材を調べる佐久市の検査で、22日に持ち込まれた御代田町
の野生キノコから、350ベクレルを検出したことを受けて実施した。
県環境保全研究所(長野市)で 31日に調べ、ショウゲンジから 放射性セシウム134を  1Kg
当たり 210ベクレル、同137を 420ベクレル検出した。

 同部は 東京電力福島第1原発事故の影響とみており、「 立ち入りに許可が必要な場所で周辺
の野生キノコは流通していない 」としている。
同じ場所で採取したアカヤマドリからは 放射性セシウム137を 56ベクレル検出、同134は検出
しなかった。 同部によると、周辺の土などに蓄積された放射性セシウムを吸収した可能性があり、
同じ場所で値が違うのは「 キノコの種類によって吸収のし易さが違う可能性がある 」としている。

 県佐久地方事務所は近く、御代田町内の登山道入り口などに 野生キノコの採取自粛を呼び
掛ける看板を設置する。 同町は 町のホームページや回覧板で町民に注意を呼び掛ける。
 
    御代田町の放射線に関する情報      
             空間放射線量測定結果(平成24年7月24日実施分) 
                 地表では、 ほとんどが 0.04〜0.08μ㏜で、
                     一部に 0.13〜0.19μ㏜の場所がある。
              長野県北佐久郡御代田町の周辺地図-Yahoo!ロコ
                で、文科省の航空機モニタリングによる汚染状況が見れます。
 
 御代田町の野生きのこから放射性セシウムが検出されました      
長野県発表 検査結果

   放射性セシウム(単位:Bq/kg) 
採取
検体
Cs-134
Cs-137
合計
採取場所
年月日
野生きのこ
(ショウゲンジ)
210(6.2)420(5.7)630
御代田町
H24.8.28
野生きのこ
(アカヤマドリ)
不検出(4.9)56(4.3)56
御代田町
H24.8.28

   *( )の数値は検出下限値です。これより低い場合は「不検出」としています。
  採取日: 平成24 年8 月24 日
  採取場所: 浅間山1,500m林道東部
  検査日: 平成24 年8 月31 日
  検査機関: 長野県環境保全研究所 
                                                 
 

新潟市、県内初の検出
                                新潟日報  2012年8月29日
 新潟市は29日、市内の保育園、小中学校の給食食材の サンプル検査で、群馬県のホウレン草
から1キログラム当たり13ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。
新基準値(同100ベクレル)は下回ったが、給食には使用していない。市は今後も、放射性物質
が検出された場合には 食材として使わないとしている。

 県教育委員会保健体育課によると、県内では 現在27市町村が給食食材の放射性物質の検査
をしているが、検出は初めて。 新潟市が 他に検査した、長岡市のニラからは検出されなかった。

軽井沢町の場合

軽井沢町 の場合
 
                                            11月11日 文科省
    文科省の航空機モニタリングによると、 長野県で 一番 汚染度が高いところは、
    県の東部で、浅間山以南、千曲川と群馬県との間にある 軽井沢町・御代田町・佐久市        佐久穂町・南北の相木村・川上村、中でも 軽井沢町 から 佐久市 と 佐久穂町にかけて
    放射線管理区域相当の汚染地帯が広がっています
     また、県の西部は、飛騨山脈の山麓を 白馬村から大町市・松川村・安曇野市、そして
    松本市など 犀川の西に広がり、 さらに、県南一帯の市町村をも まだら模様に汚染して、
    空間線量 0.1μ㏜以上のところが広がっています。
        雪解けの春には、 セシウムは移動濃縮して、あちこちに 驚くほどの線量の所が出てくる
    でしょう。     


12月7日                                                       
軽井沢中学校
0.092
東部小学校
0.088
中部小学校
0.082
西部小学校
0.098
東保育園
0.122
南保育園
0.088
西保育園
0.070
中保育園
0.104
軽井沢幼稚園
0.106
聖パウロ幼稚園
0.076
1月4日
軽井沢中学校
0.116
東部小学校
0.100
中部小学校
0.098
西部小学校
0.106
東保育園
0.138
南保育園
0.094
西保育園
0.086
中保育園
0.110
軽井沢幼稚園
0.114
聖パウロ幼稚園
0.082
2月1日
軽井沢中学校
0.078
東部小学校
0.060
中部小学校
0.078
西部小学校
0.068
東保育園
0.092
南保育園
0.064
西保育園
0.062
中保育園
0.066
軽井沢幼稚園
0.084
聖パウロ幼稚園
0.064
  
  
過去の測定値: 平成23年6月22日より測定開始
  ※ 小・中学校の校庭、 測定の高さは 地上から1m
 
   @ ☝を見ると、11月の末日から 各園or学校の放射線量が高くなっています。
  これは、
「 11月29日まで、FLUKE社製451Pで測定しておりましたが、保守点検のため 11月30日
より、日立アロカメディカル社製TCS-172Bで測定しております 」
   だそうです。
   2月の線量が下がっているのは、 積雪のためでしょうか?

  町内公共施設の放射線測定について  ( 地表 1cm )
       町内小中学校・幼稚園雨落ち等測定結果   (10月18日〜11月29日)
        東部小、中部小、西部小、中学、軽井沢幼稚園、聖パウロ幼稚園
         10月26日 東保育園、  11月2日 中保育園、  10月25日 南保育園
         11月25日 西保育園
 
   軒並み 心臓が飛び出るような値です。 10〜11月まで これを放置していたわけです。
   土壌の入れ替えなどをした後も、やはり いまだ 安心できる値とは言えません。
 

 
   土壌の採取方法 :
     各グラウンドの中心地点及び中心点から四方5mの位置の地表から
     5cmまでの土壌を採取・混合し 1検体とする
土壌採取日:  平成23年6月28日(火)、7月12日(火)
調査実施業者:  株式会社科学技術開発センター(長野市)
 
 @ 冒頭に
  土壌中の放射線量については、健康に影響を与えるとされる数値を大きく下回っており、
  日常の生活をするうえで 問題のある数値ではありません。
 と記されています。 
 住民の健康に責任をもつ行政は、このような法令違反を言っては 犯罪になります。
 
 2005年成立のクリアランス制度では、☟の表のように セシウム134、137 各々100㏃/㎏
 を越えると、管理が必要になります。
           ※ Cs が セシウムです。 0.1 ㏃/g = 100 ㏃/kg
 もっとも、 クリアランスという概念は、原発など放射性物質を扱うのを是とする思想を
 前提としており、 この概念は たいへん疑問があります。   合掌

長野県内全市町村測定(11月実施) (環境政策課、水大気環境課)
     市町村による空間放射線量の測定結果 (市町村HPにリンク)
 
【算】 全国都道府県の環境放射能水準調査結果(月間降下物) (文科省) 
 
   長野県(長野市)        ヨウ素131    セシウム134     セシウム137
               3月       1700      1200       1200
                    4月             18           38             38
  
                単位は、 M㏃/k㎡・月=1000000㏃/k㎡ ・月
 
           ※ 核実験のフォールアウトが最も多かった1963年における日本の 137Cs の降下量
                    52mCi/km2 = 52×1/1000×3.7×10^10 ㏃/k㎡・年 = 1924M ㏃/k㎡・年
                                             = 1924÷12 M ㏃/k㎡・月 160 M ㏃/k㎡・月    
                                                                    ( 1 Ci =3.7×1010 ㏃ ) 

 
                                        読売  10月26日 
 長野県は 26日、同県佐久市の山中で 24日採取された野生キノコ 「チャナメツムタケ」 から、
国の暫定規制値(1㎏ 当り500㏃) を超える 1320㏃の放射性セシウムを検出したと発表した。
食用だが、流通していないという。 県は、同市と隣接4市町に 野生キノコの採取や出荷、摂取の自粛を呼びかけている。                                                     
 
 長野県は 11月5日、立科町茂田井で伐採した針葉樹の薪から指標値 ( 1キロ当り40㏃ ) を
超える 46㏃/kgの放射性セシウムを検出したと発表した。県内全域の薪生産者に対して、薪が指標値を超えていないことを確認したもの以外は販売しないよう要請。 「 3月11日以前に生産され
、シートをかける等 風雨にあてない状態で保管されていたもの 」に関しては対象外し、安全に使用できるとしている。
  ※     調理加熱用の薪及び木炭の当面の指標値設定に関するご質問と回答について (林野庁)         林野庁は11月2日、木炭や薪について放射性セシウムの当面の基準値を発表。
     1kg当たりの基準値は、木炭が 280ベクレル、薪が 40ベクレル。       
                             

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事