好きなもの・・・猫と旅と・・・

たくさんのにゃんこと、人に出会えますように・・・

北米の国々

すべて表示

アメリカ西部国立公園の旅 キャニオンランズ国立公園+1


 ユタ州のナンバープレート。これは古いもので、現在の物は、アーチーズ国立公園が描かれているが、撮りそこなってしまったようだ。

イメージ 2



 昼間は、気温の上がるソルトレイクシティも朝は爽やかだ。
部屋の空調が効かず、外の方が快適なので散歩に出てみた。

 確かめたいことが1つあった。昨日、ガイド氏は、モルモン教の話に触れたとき、「よって、この街には、ホームレスはいません」といっていたからだ。

 結論から言うと、ホームレスはいました。短い散歩の時間でもお二人ほど見かけた。「やぱりいるじゃん!」と少しほっとした私。

 本当にきれいな町でした。道路ぞいの花壇には、水が自動的に供給されるシステムになっていた。農業でもそうだが、こんなに乾燥した地で、どうしてこんなに潤沢な水が供給されているのだろう?
 
イメージ 1


 今日は、4つ目の国立公園キャニオンランズ国立公園にまずは向かいます。

 崖肌に、緑青がみられる。変化する岩肌や崖を見るのも楽しみの1つである。手前のラインは、貨物鉄道です。

イメージ 3


 固そうな岩肌。青く光って見える。

イメージ 4


 午後から向かう、アーチーズ国立公園とキャニオンランズの間には、南北に国道191号線が走っているが、この道路沿いに巨大な断層が走っている。
 この2つの公園は、コロラド台地の北東部に位置しており、同じコロラド台地に有るグランドキャニオンが100歳くらいだとすると、こちらはまだ30歳にも満たない台地なのだそうだ。
 
 国道をそれると、いかにもといった景色になってきた。

 チョコレートをかけたような岩。

 
イメージ 5


 
イメージ 6


 お約束の看板。

イメージ 7


 この公園は、他の公園と比べると訪れる人は少ないが、だんだん注目されてきているようだ。


イメージ 8


 外の気温は、かなり上がってきており、本来なら景色の良い場所でお弁当を食べるはずだったのだが、私バスの中でいただくことにしました。

 さあ、お腹もいっぱいになったので外に出ようかな・・・。

 グランドビューポイントからの眺め。柵などないので慎重にのぞき込む。

 
イメージ 10


 キャニオンランズ周辺は、約1500万年前頃コロラド台地の隆起と共に急激に持ち上がり、もともと海抜ゼロだったのに1500mまで持ち上がった。同時に、それまで緩やかに流れていた川が勢いよく浸食を始め、砂岩や泥など浸食されやすい地層だったこの地域は、急激に崩れ一瞬(地質学上)のうちに急峻な渓谷が出来上がった。
 
 
イメージ 9


 
イメージ 11


 何を話しているのかな(*^^*)

イメージ 12


 この後は近くにある、デッドホースポイント州立公園にも足を延ばした。
コロラド川が、180度曲がる流れによって形成された。600m近い落差を感じることができる。
 
 昔、カウボーイ達が野生馬を捕獲に来た時に、野生馬の群れをここに追い込んだ。そして良質の野生馬だけを持ち帰り、残りの馬はここに置き去りにした。残された馬たちは、元の荒野に戻れるようにと開けた柵を何故か出ようとせず、コロラド川の水を前にしながら脱水症状で絶滅したという。それが名前の由来となった。

 
イメージ 13



イメージ 14


 反対側の遊歩道を歩いてゆくと、こんな光景も見られます。
塩田だそうです。なんてシュール!なんという青!

 
イメージ 15



イメージ 16



イメージ 17


 音の無い世界です。

 これらの岩山も、長い歴史の後には崩れ去ってしまうのでしょうか・・・。

 
イメージ 18

 
 バスは、アーチーズに向かって走ります。

その他の最新記事

すべて表示

明日から

2017/5/30(火) 午前 8:50

  明日から、アメリカに行ってきます。国立公園を回る旅です。  アメリカが目的の旅は、ものすごく久しぶり。ニューヨークは、海外では一番好きな都市だけれど・・・・。 思うところがあって、アメリカに行くのを避けてい ...すべて表示すべて表示

草津・佐久

2017/5/30(火) 午前 8:46

 チャツボミゴケ公園へ行く途中、立ち寄った場所で探したものです。  佐久市。コスモスですって     草津は、夜になってしまったので、なんとなく暗い。これ何のマンホールなんで ...すべて表示すべて表示

ハナショウブ

2017/5/29(月) 午後 1:19

鶴舞公園の、ハナショウブです。 バラ見に行ったのですが、こちらの方が綺麗だった。


.


みんなの更新記事