ここから本文です
きょろのブログ
無精者です・不定期・思いつき更新
 少しずつ春がやってきていますね。先日、道の駅に買い物に行ったら「ふきのとう」が売ってましたよ。もちろんゲットして実家に持って行きました。ふきのとう。。。天ぷらがおいしいですが、シンプルにお味噌汁に入れても美味しいですね。春の香りがしてええ感じですね。
イメージ 1
 まだ寒い、ある日の朝ごはん。
 前日に作った「粕汁」がメインです。お弁当用に買った残り物ミニトマトも添えてますよ。
イメージ 2
 今回は、具材は鮭・里芋・大根・こんにゃくですね。
 酒粕は多めに投入したので、トロトロですわ。一味唐辛子も味を引き立てますね。
 朝から最高に美味しいですね。この時期ならではの朝餉ですわ。
イメージ 3
 もったいないので、粕汁に入れてた鮭をご飯に入れてみました。
 これも旨いです。皆さまは粕汁の具材はどんな感じですか??
イメージ 4
 伊丹の緑ヶ丘公園に行った時に撮影した、季節外れの桜です。
 梅林がなくなったので、今は桜の季節まで楽しめませんが、早咲きの桜がありました。
イメージ 5
 春はもうすぐですね。。。
 桜が咲いたら、ゆずる君連れて行こうと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

 最近、○○で●●を食べようかな?って家を出るのですが、気が変わることが多くて困ります。(誰も困らないか・・・)
 この日は念願かなって?「永楽」さんに行ってきました。池田市の山麓部との中間点。緑ヶ丘にあります。
 こちらのお店は、3度にわたり気が変わって訪問していなかったお店ナンス。
 お店の方、もし読まれても気を悪くしないでくださいね。ただ単に私がわがままなだけですから。。。
イメージ 1
 今回は「初志貫徹」です。
 お昼は11時から。嬉しいですね〜。私の様な早起き人間には11時開店って嬉しいです。
 職場でも、昼休憩は11時半ですからね。
イメージ 2
 一品料理はこんな感じ。スープ300円て嬉しいですな。
イメージ 3
 赤字がおすすめだそうです。他にも、セットメニューもたくさんありました。
 今回は、注文するのは決めてました!
イメージ 4
 木須肉(ムーシューロー)定食です。700円です。
 こちらのお店、ごはん大盛や、メイン大盛など細かいリクエストに聞いてくれますよ。
 木須肉を知ってる人が見たら、「あれ??」って思うと思います。
 うんそうです、「あれ」が入っていないのです。
イメージ 5
 こちらの「木須肉」は、野菜と豚肉と玉子の炒め物でした。
 これには、訳があるのです。
 店主と、いろいろお話しました。
 本来の「木須肉」はキクラゲと豚肉の卵炒め。なんですよね。
 この「キクラゲ」美味しいのですが、国産は割高ですし、安価な大陸産は使いたくないという、店主の考えでアレンジメニューになったそうです。
イメージ 6
 もちろんスープもついて700円ですね。
 いや、この日は木須肉定食はサービスデーでした。
イメージ 7
 餃子4個つきました。ラッキーですがな。
 アレンジの木須肉ですが、オイスターソースがええ感じでインパクトあって美味しかったですよ。ただ、キクラゲの木須肉を食べて見たくなりました。
 このお店では大陸産のキクラゲは扱わないそうです。店主のこだわりがすばらしいですね。
 ならば、他の店で食べてみようと思いました。木須肉の旅の始まりですわ。
永楽
池田市緑が丘-3-25
072-753-2235
11時〜14時 17時〜21時 水曜定休・第三火曜定休

この記事に

開くトラックバック(0)

 文吾寿司でたらふく食べ・吞んだ、オッサン二人。。。引き寄せられるようにこちらにやって来ました。。。いや、この日は定休日だったのに。。。
イメージ 1
 まさか、我々が行くから開店してたのかと、勝手な勘違い。
 なんでも、コースの予約が入ったから明けたのだそうです。
イメージ 2
 コース料理の対応で、超忙しいマスター。
 なので、私たちは白ワインで乾杯。
 辛口のすっきりした味でした。文吾寿司で食べすぎた。もう何も入らんわ〜。
イメージ 3
 とりあえず、一品は「常陸牛のインボルティーニ」。まぁ、八幡巻きですな。
 こちらのオードブルはどれも最高ですよ。
 楽しい会話は続きます。某企業ネタに続いて、某大学ネタ。時間が過ぎるのも早いですね〜。
 この日はこれで終了です。縁側おやじさん、いつもありがとうございます。楽しいお酒をありがとうございます。また行きましょう!!
イメージ 4
 縁側おやじさんからいただいた、漬物です。
 京漬物がたくさんですね。
 千枚漬けに、菜の花つけ、ハクサイの糠漬け、ひの菜漬けですね〜。
 京野菜の漬物ですが、大阪産です。お店の名前と場所はヒミツです。
 この漬物めちゃ美味しかった〜!!ありがとうございます!!
 知りたい人はナイショで教えるかも??←気が向いたらネ!

この記事に

開くトラックバック(0)

原田神社と桜塚古墳群

 大阪府豊中市の桜塚界隈は、前述のとおり桜塚古墳群が存在し、36基以上の古墳が存在しました。今はそのほとんどが破壊されていますが、この古墳群に纏わる神社が阪急岡町駅近くにあるので行ってきました。
イメージ 1
 阪急宝塚線岡町駅を降りてすぐです。
 岡町商店街の中を歩いて行くと原田神社に着きますよ。
 この石鳥居は1687年に作製されたそうです。それにしてもこの大きさの鳥居を造るってすごいですよね。
イメージ 2
 こちらが本殿。
 主神は素戔嗚尊です。社伝によると、桜塚古墳群が存在したから4世紀中〜5世紀末に創建されたとされています。 
 また、白鳳12年(684年)に天武天皇が神宝・神鏡・素盞男命御鏡・獅子頭を奉納したことから大宮と称し、皇族や武家より厚く崇敬を受けたそうです。
イメージ 3
 本殿が少しだけ見えますね〜。
 天正6年には、荒木村重の乱によりこの神社も兵火にさらされました。
 それにしても、荒木村重の乱は、摂津地区の寺社仏閣をすべて焼き払ったのですから、とんでもない乱だったのですね。
イメージ 4
 こちらは十二社です。
 國常立命を祀っています。
 この建築様式は三間社流造と呼ばれます。桃山時代の作りなのですが、創建時期は不明です。
イメージ 5
 さんどうが2方向にある稲荷社です。
 のんびりとした時が過ぎていきますね〜。
イメージ 6
 岡町商店街を歩いていると、行基菩薩地蔵がありました。
 この界隈も僧行基の残した痕跡がありますよね。
 かつて、豊中の中心部だった、桜塚界隈です。商店街内はたくさんの見どころがありますね。
 また、「能勢街道」「伊丹街道」の交差点だったこの地には多くの人が行きかった名残が残っていますね。この辺りは後日ですわ。
イメージ 7
 岡町と言えば、有名な民家と一体になった稲荷社。
 以前は右側はお店でしたがもう営業されてないみたいですね。
 岡町界隈はさらに探索してみようと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

 このところスッキリしない天気が続きますね。先日の夜勤は超忙しくて、帰ったらバタンキュー。。。で、ひたすら眠り続けて14時間。。。久しぶりにここまで疲れたって感じでした。楽な夜勤の時は、仮眠も2時間くらいは取れるのですが、今回は休憩もできないくらいの忙しさでして。。。まぁ、スタッフ2名は頑張ってくれましたよ。
 そんなわけで、ある休みの日の朝ごはん。
イメージ 1
 ホッケの開きは冷凍保存してましたが、納豆を切らしていた。。。漬物もなーーい!
 そんな時は「漬物のもと」を使って簡単漬け物です。
イメージ 2
 お皿が小さいので大きく見えますが、サイズは小です。
 大根おろしは必需品ですね。
イメージ 3
 お味噌汁は、日持ちのする充填豆腐です。夜勤が続くときは、どうしても期限切れになるので気をつけています。
 具沢山味噌汁は私の定番ですな。
イメージ 4
 ごはん1杯目は、ホッケと大根おろしで。
 ホッケの開き美味しいですね〜。安い時に買っておいて切らさないようにしていますよ。
 てか、干物系の魚は冷凍保存できるので重宝しますね。
イメージ 5
 ごはん2杯目は、なぜかハクサイの浅漬けで。
 意外に「漬物の素」での簡単漬け物美味しいがな。これだけ食べたら、一日頑張れますね。朝ごはんは大切ですよね。
 朝ごはん抜きだけは絶対に行けませんよね〜。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事