きょろのブログ

無精者です・不定期・思いつき更新

全体表示

[ リスト ]

 白浜町に来たらやっぱり、温泉卵ですよねえ。
 湧出量も豊富な上、何より温度がある。ならば、自分で・・・。と言いたいところだが、白浜には一般に開放された、湯場はないようです。
イメージ 1
 こちら、鎌倉商店さんにやってきました。
 崎の湯に行かれた方は、帰り道になるので、ついつい立ち寄ってしまう。最高の場所なんですよね。
イメージ 2
 こちらは、源泉からの湯をふんだんに利用して、温泉卵を作ってます。
 見たとこ、フツーのゆで卵。ここに隠された問題があるのですねえ。
 「反対タマゴ」ってなんやねん??
 そういえば、昔、外に黄身があり中に白身があるっていう、完全に反対の卵を食べたことがあるのですが。。。これを想像している私って、何なんでしょう??
 果たして、完全反対タマゴか
イメージ 3
 ハイ。。。逆転してませんでした。
 しかし、食べてみると、硫黄臭たっぷり。ほんのり塩味がしみ込んでます。なのでおいてある塩は必要ないです。
 ツルっとお口の中に入ります。美味しい
 で、なんで「反対卵」かって??
 店のおかみさん曰く、外側が固まらずに中の黄身が固まっているから反対卵なんですと。
 そうなんでしょう!いや、どうだったか??
イメージ 4
 鎌倉商店さんのお隣は、白浜温泉でも屈指の源泉「行幸源泉」がありました。源泉から、いま湧出したての源泉がドバドバ店内に入ってます。
 白浜らしい塩辛さと硫黄臭。この湯でボイルしたらそりゃあ旨いで。
鎌倉商店
和歌山県白浜町2992
0739-42-3747
AM8時〜PM17時

閉じる コメント(6)

顔アイコン

鎌倉商店のおばちゃんは独特の雰囲気を醸し出しておって、
それがしも白浜を訪れるとよく立ち寄りまするw

2017/3/16(木) 午前 6:53 モノノフ 返信する

亀さんの湯釜?がレトロ感たっぷりで良いですね〜!
温度の関係で固まるのが逆転するんでしょうか…

2017/3/16(木) 午前 7:22 Rainbow 返信する

顔アイコン

半熟卵は 白身が固まって 黄身が柔らかいのが 半熟卵 黄身が固まって白身が半熟だから 反対だって聞きました、それならおのままおんせんたまごでいいじゃないですかねぇ…
ちなみに 黄身が70度弱 白身は80度あたりで固まります。
サルモネラも70度あたりで死ぬから、外人がこのんで食べるんですよね。

2017/3/16(木) 午後 2:54 [ 壁ぎわ ] 返信する

> モノノフさん
先代も独特の雰囲気ですね。こちらの卵、病みつきになりそうです。

2017/3/16(木) 午後 9:14 きょろ 返信する

> zx900a5eurさん
亀さんの水槽は、出き上がりの卵を保温しておく、湯壺でした。ちなみに手を入れてはいけないそうです。
卵って奥深いですね。

2017/3/16(木) 午後 9:16 きょろ 返信する

> 壁ぎわさん
このお店のこだわりなんでしょうね。
黄身と白身の固まる湯温は知りませんでした。源泉温度が80℃くらいある白浜ならではの産物なんでしょうね。

2017/3/16(木) 午後 9:19 きょろ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事