巨石ネットワーク日向

日向を拠点とし、各地に残る巨石記念物と歴史の研究を行っております!ご要望があれば、県内どこへでも調査に出向きますのでよろしくです

全体表示

[ リスト ]

洞穴を照らす陽光

 その瞬間は突然やってきた。凍える手で図面を引きながら太陽と洞穴を確認していたら、洞穴と三角石が白く輝きだしたのである。
 大急ぎで三角石の前に陣取り、三脚とカメラを構えた。もちろん三角石には丁寧に挨拶とお詫びを申し上げてのこと。雲の切れ間から山に沈もうとする太陽を無事に撮影し、すぐさま三角石からの方位をコンパスグラスで確認すると、SW(南西)ちょっきりの位置だった。と、ここで今まさに太陽が沈んで行った尾根の様子が気になってきた。
 地形図を取り出し確認すると、太陽は鬼の目山(1431m)の西裾に当る「V字形」の尾根の真ん中へ落ちて行ったことがわかった。「鬼の目山」なんてそら恐ろしい地名がどこからきたのかはわからないが、この時の印象からだとこちら(神様山)側で暮らしていた人たちがつけたとしか思えない。
イメージ 1
 
イメージ 2
↓神様山(三角石)と日没方向(画像が粗くて申し訳ない
イメージ 3
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事