京の散歩道

散歩道で出会った野鳥、山野草、自然風景や四季の庭園など美しい京都の写真を掲載しています。

全体表示

[ リスト ]

地蔵院の紅葉

12月に入って急に寒くなり、昨日と今朝は氷が張りました。
もう暫くは紅葉が楽しめるかなと思ったのに近所の紅葉はすでに散り去りもう冬の景色となりま
ました。
土日は所要で出掛けることが出来なかったので先週の日曜日に訪ねた地蔵院の紅葉を紹介しましょう。
 
地蔵院は南北朝時代、細川頼之が建立した古刹です、あのお殿様ゆかりのお寺でしたね。
そして、この近くで誕生された一休禅師が幼少の頃修行をされた臨済宗のお寺です。
近年は竹の寺として観光客も増えました。
 
 
我が家から徒歩10分足らず、何時もの散歩道で紅葉の時期はこの前を通るのが楽しみです。 
 
 
イメージ 1
 
 
例年の紅葉は比較的遅く12月に入ってからなのですが
今年はここも早く色付きました。
 
イメージ 2
 
 
竹林に囲まれた薄暗い参道を行くと
 
イメージ 19
 
 
本堂の地蔵堂が見えます。
 
イメージ 3
 
 
 
林の向こうには美しい紅葉
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
振り返ると落ち葉の参道
 
イメージ 20
 
 
 
竹林を背景に
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
真っ赤なモミジが輝いていました。
 
イメージ 10
 
 
 
お堂の周囲にも
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
お地蔵さまの周囲は落ち葉で覆われています
 
イメージ 13
 
 
 
見上げると色とりどりの紅葉
 
イメージ 14
 
 
 
方丈に続く参道です
 
イメージ 15
 
 
 
新緑の頃は青葉と苔で緑一色なのですがこの時期も綺麗ですね
 
イメージ 16
 
 
 
イメージ 17
 
 
中門を潜り座敷に上がると十六羅漢の庭を眺める事ができます。
今は白花の山茶花咲き、マンリョウの実が赤く熟していました。
残念ながら撮影はここまで。
 
 
 
イメージ 18
 
 
地蔵院は足利尊氏が建立の天龍寺、等持院の名園を作庭した夢想国師を第一世貫主として迎えています。
元は多数の伽藍が立ち並ぶ大寺院でありましたが応仁の乱で焼失してからは
その規模も小さくなり、今は竹林の中にひっそりと佇むお寺です。
直ぐ近くには世界遺産西芳寺、近年人気の鈴虫寺もあり観光客で賑わいますが
ここは相変わらず静かな紅葉を見ることができました。
 
 11月30日 午後から近くの紅葉を見に行って綺麗に色付いていたので入ってみたのですが
先週は西芳寺川の紅葉も綺麗だったのに今年はあっけなく散り果てしまいました。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

なんとも。
うっとりするくらい、綺麗な景色ですね。
言葉は要らないですね。
素晴らしく、特別に綺麗なような気がします。
時が止まる・・・って感じがします。
LDYさんの腕のせいかな^^

2014/12/10(水) 午後 10:37 yaemama 返信する

顔アイコン

やえままさん、ここのモミジは毎年真っ赤になる木は少なく黄葉が中心です。
黄葉で敷き詰められた早朝の門前は素晴らしいものです。(直ぐに掃き清められますが)
けっして派手でなく、しっとりとして落ち着いた景色はこんな紅葉もあるのだなと思い知らされます。

2014/12/11(木) 午後 10:18 [ LDY ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事