ここから本文です
京都花重の花ではない話
京都花重 岡田弘平です。ここでは花ネタではない話を盛り込みたいです。主に趣味としているマイボート釣りの話を中心に記していきます。
2018年11月17日フカセ釣り

かなり微妙な天気予報でしたが・・・晩秋はこれぐらいの天気予報で出船を見送れば
出せる日が無いだろうと思ったので思い切って釣行することにしました。

友人と一緒にボート釣りに行く予定でしたが・・・友人パチンコの方がしたいと言い出して前日にドタキャン(笑)。釣りよりパチンコを取るのかぁ・・・といささか寂しい気持ちになりましたが
あまり良くない天気予報でしたので強引に誘うことは出来ません

浜に到着すると風も波も無く、問題なくボートで沖に出られるコンディションでした。
心をときめかせてポイントまで全力滑走しました。

途中、素晴らしい朝焼けを見ることができて幸せでした。

イメージ 1


アサイグリという常神半島ではヒラマサが良く釣れるポイントにアンカーを入れました。
潮はあまりよくないですが最悪な潮でも無く、期待半分不安半分で釣りはじめました。

第1投げから30cmぐらいの真鯛が釣れました。幸先の良いスタートです。
不安が消えて期待が膨らんだ直後。幸運の!?Wレインボーを見ることができました。
もう期待度MAXです。

イメージ 2


期待と裏腹に・・・風向きが少し変わりボートはアサイグリの根の上に行ってしまいました。
案の定、釣れるのはウマズラハギとチャリコばかりになりました。
一度抜錨して船をアサイグリの良きポイントに打ち直します。

1発で良い位置にアンカリングできました。ワクワクします。
早速35cmぐらいの真鯛が釣れてサイズUP。仕掛けを流す度にあたりが出て楽しいです。
しかし楽しい時間はそうは続きません。
急に大雨になりました。
さっきのWレインボーは幸運の虹では無くて、雨のサインでした(笑)

おまけに潮の流れの向きが変化してフカセ釣りにはだめなアンカー潮に変わってしまいました。

千島へ向かうか3号漁礁or2号漁礁に向かうか悩みましたが・・・
シンコウマル、ホウシンマルもうろうろしておりどこも釣れていないと判断して
アサイグリにとどまることに決めました。

もう一度アンカリングしなおして竿を出すと30cm前後の真鯛が釣れます。
数にして10枚ほど。あたりが出て楽しいです。

ですが雨足は収まりません。おまけに風が北寄りに変わってきました。
北風が吹き出すと海はあっという間に白波が出てきます。
30分ほど我慢しましたが・・・
風は収まる気配がありません。
天気予報では11時ごろまで沖に出られると思ったのですがAM9時には波が
上ってきたので慌てて帰港しました(笑)

イメージ 4


短い時間でしたが景色と海の香り、真鯛の小気味良い引きとアタリを感じることができたので良しとしましょう。大物はまた次回にとっておきます。

今年の秋はなかなか釣行できず・・・ハス川の鮭の遡上も見に行けていません。
小雨が降る中ハス川で鮭の遡上見物をしましたが・・・
10匹ほどしか鮭が見当たりません。
もう遅いのかな??
でも今年も鮭の遡上を見れて良かったです。

イメージ 3


帰りは滋賀県廻りで帰ることにしました。
目的は焼肉バンバンさんでランチするためです。
一人焼肉が気軽に出来るのは私はバンバンさんだけです!!
この日は赤身焼肉定食にしました。
相変わらず美味しいです。

イメージ 5


満腹になって気持ちよく京都に帰りました。

記:京都花重岡田弘平

開くトラックバック(0)

2018年11月4日フカセ釣りと根魚釣り

前回釣行から3週間ほどたってやっと沖に出られました。
今年は本当に休みと海の状態がリンクしないことが多いです。

波の無く風も無い予報だったので最高のボート遊び日和となるのですが・・・
秋のボート釣りは穏やかな海より少し波があったり風があるほうが釣れるので
嬉しさ半分で沖に出ました。

予報通り風も波も無い大人しい海でした。
海の表層を見る限り、潮も無さげでした。

イメージ 1


外へは出ず潮があるのであれば千島、無ければアサイグリorハチマイor世久見礁or沖ノ石決めていました。
アンカーを入れる前から潮が無いような気がしたので先ずは一番手前のポイントであるアサイグリ投錨しました。

風は南、バッチリ思ったポイントに船を留めることが出来ました。
早速オキアミを撒いて潮を見ると・・・真下(笑)しかも少しアンカー行き(泣)。
これは完全フカセ釣りでは最悪の状態です。

底潮がどうか分からないので一応1投だけしました。
するとやっぱりアンカー潮でした!!いきなりアンカーロープを釣りました(笑)。

波が無いので好き放題にボートを走らせることができるので足で良きポイントを探す作戦にシフトしました。

次に向かったポイントは世久見礁(通称 ハサミ)です。
アンカーを打ってみるもののここもアサイグリと同じです。
即座に見切り次に向かったポイントは沖ノ石です。
沖の石はさらに潮が悪く釣りになりません。

もう一度ハサミに戻り潮が悪いなりに釣れるマル秘ポイントにアンカーを入れました。
3投ほどすると待望にアタリが出ました。
たいしたことの無い引きでしたがスグに真鯛の引きだと分かる心地良い引きでした。
30cm足らずのチャリコです。
チャリコが釣れるということは大きな鯛も釣れると信じて1時間ほど粘りましたがその後のアタリは無かったです。

ポイント移動!!

次に入ったポイントは潮が動いていない時は最悪のポイントとなる千島です(笑)
はじめにアサイグリに入ってから3時間。潮が変わっていたらラッキーと思い、期待して千島の大好きポイントに錨を入れましたが・・・。
朝一番より悪いアンカー潮でした(笑)

もう一度アサイグリに戻りフカセをしました。
しかし潮は変わらず。

ここでやっと完全フカセ釣りを諦めました

冷凍したホンモロコをたくさん持ってきたので胴突きでアコウ(キジハタ)を狙うことに
しました。
向かったポイントは食見 世久見沖にある3号漁礁です。
魚礁の形からマンション魚礁と呼んでいる一押し爆釣ポイントです。
3号マンション魚礁では絶対に何かが釣れます。

早速仕掛けを投入するといきなり良いアタリが出ました。
しかし・・・引きからしてアイツです。絶対にアイツです。
途中で引きが無くなり錘だけの抵抗を感じるようになりました。
間違いなくアイツだと確信しました(笑)
そう「エソ」です。

連チャンでアタリがあり釣り上げると40cmほどの中型エソです。
嫌になります。

何度もポイントに入り直して待望の根魚のアタリが出ました。
30cmほどのアコウです。
狙い通りの魚が釣れたので超嬉しいです。
思い通りい狙った魚を釣ったときの喜びはマイボート釣りならではです。
遊魚船釣りでは味わえない喜びに浸れました。
もう1尾追加したところで・・・流し釣りには厄介な風が吹き出しました。
もうドテラ流しでは釣りにならなくなりました。

しばらくしたら風はやむ気がしましたが・・・
なんか乗り気になれなかったので昼過ぎに収竿して港に戻りました。

イメージ 2


寂しい釣果でしたが遊んでくれた大自然に感謝です。

帰りは・・・久しぶりにドライブインよしださんでイカ丼を食らいました。
ランチタイムがすんだ時間帯でしたので並ばずにイカ丼を食べることができました。
やっぱりよしださんのイカ丼は旨い!!
山芋丼やんけ!と小馬鹿にする人もいますが・・・
他にはないタイプのイカ丼ですのでとても気に入っております!

イメージ 3


次ぎはいつボートを降ろせるか・・・はたまた今シーズンのボート釣りは
これで終わるのか・・・。
神だけが知るこれから先の釣行と釣果です。
できれば後2回ぐらいはボートを出したいものです。

2018年11月4日第19回目釣行

開くトラックバック(0)

2018年10月13日18回目釣行

台風や時化で釣行できず・・・気がつけば10月になっておりました。
9月2日以来のボート釣りになりました。
秋のハイシーズンに1ケ月以上も沖に出なかったのはボート釣りを始めてから
初めてのことでした。

イメージ 1


この日も朝は波が出る予報でしたので昼から出船するイレギュラー釣行でした。
朝8時半に京都を出発、11時にボートに乗り込み11時半にポイント到着。
夕マズメ狙いのフカセ釣り釣行でした。

天気予報通り、昼からは波は落ち着いていましたがウネリが高く大きいので
小船ではしんどいコンディションでしたが何とかポイントにたどり着けました。
本当はハサミ世久見礁)に行きたかったのですがウネリがあるので諦めて
比較的近いアサイグリに入りました。

北寄りの風でウネリが入りざわついている海況のアサイグリでは良い目ばかりしています!!
過去のボート釣りでもこのような海況のアサイグリでは百発百中です(笑)
良い場所にアンカリングが決まったので早速仕掛けを潮に乗せて完全フカセ釣りを始めました。

すると早速第一投げから目が覚めるようなアタリがありました。
スグにヒラマサだと分かる引きでした。
乱暴な引きはヒラマサならでは。本当に楽しいファイトでした。
70cmは有るかと思いましたが釣り上げると65cmのヒラマサでした。

イメージ 2


それから夕方までヒラマサのアタリは無かったのですが・・・
11時半から15時過ぎまでずーっと真鯛が釣れていました。
キープした真鯛は15匹ほど、リリースサイズに真鯛を合わせると30匹ぐらい
釣れました。
写真は無いのですがハマチも釣りました。

イメージ 3


15時を過ぎるとウネリが更に大きくなってきました。
17時半まで竿を出すつもりでしたが16時半で納竿するプランで釣りを進めます。

イメージ 4


マダイのアタリが止まって15分、待望のヒラマサが掛ってくれました。
第一投のヒラマサとは全く違う物凄い引きです。
80cmクラスのヒラマサと確信しました。
根に入られないようにはじめは強引に、そして根を切ったら魚を疲れさすようにしながら
ヒラマサを寄せてきたのですが・・・船まで20mを切ったところで急に猛烈に引きました。
そこで痛恨のミスをしてしまいました。
ドラグを少し緩めるつもりが・・・間違ってドラグを〆てしまいました(笑)
その瞬間ブチっつ。バラシてしまいました。
脱力、悔しさでしばらくボーっとしてしまいました。

仕掛けを回収して見てみると・・・三方編み込みで枝スを出しているのですが上針の編み込み部分が
引き千切れています。
さすがヒラマサ。物凄いパワーです。
人間でも引っ張って切れないハリス7号を意とも簡単に引き千切ります。

絶対に自己記録更新サイズのヒラマサだったので本当に悔しかったです。

これがラストドラマとなりこの日の釣行を終えました。

これからの季節、なかなか自分の休みと海のコンディションがリンクしないでしょうが
逃がしたデカイヒラマサをもう一度フカセで狙いたいです。

2018年10月13日第18回目ヒラマサ狙い釣行

開くトラックバック(0)

2018年9月2日大アジ釣り

この7日間で三回目のマイボート釣りとなりました。
本業が閑散期ということもあり立て続けの釣行となりました。

イメージ 1


3日前の釣行では深場のポイント(水深70mライン)でアジ釣りとイサキ釣りを楽しみました。
イサキは良く釣れたのですが大アジはイマイチでした。
前回釣行の釣果を考慮して今回は深場ではなく水深60mラインの前回より浅いポイントでアジ釣りをすることにしました。

イメージ 2


普通アジ釣りは根周りや魚礁を狙うのですが・・・
今回入った水深60mのポイントは海底に何も無い場所でアンカーを入れて胴突き釣りで狙います。

いつものアジ釣りは8割方アンカーの入れ方で釣果が決まるようなものですが今回のポイントは魚の通り道にボートを留めて釣るので簡単です。

狙い通り朝から40cm級の大アジがポンポン釣れます。
昼までに30匹近い40cmUPのマアジを釣ることができました。

イメージ 3

イメージ 4


釣法に何の工夫も無いですが・・・ひとつ間違いなく確信したことがあります。
5号ハリス仕掛け、4号ハリス仕掛け、3号ハリス仕掛けでは全く魚の喰いが違いました。
細い3号ハリスの方が圧倒的にアジの食いが良かったです。
細ハリスが有利なことは分かっていたこととはいえ3本の竿で明確に釣果の違いが出ると面白かったです。
ただし青物や大きいマダイ、大鯖が混じる時は細ハリスは危険です。

クーラー満タンになった11時半に竿を下ろしました。

帰りは恒例のランチです。

今回は熊川宿にある「saba cafe」さんに入りました。
一年ぐらい前に一度入ろうとしたのですが・・・売り切れ早終いで入れませんでした。
今回はランチタイムにも関わらず並ばずに入れました。

イメージ 5


迷わず名物であろう「サババーガー」をオーダーしました。

イメージ 6


特製ドレッシングを火加減バッチリの鯖がジャストマッチ。
かなり美味しかったです。

釣ったアジはその日の夜にさしみとたたきにして食べました。
やはり釣りたてのアジは最高です。
家族にとても喜んでもらえました。

イメージ 7


トータルして楽しい一日でした。

2018年9月2日第17回目釣行

開くトラックバック(0)

2018年8月29日中二日釣行

8月26日に釣行して中2日、家族の冷たい視線を感じつつ海に向かいました(笑)

例年であればこの時期から約1ケ月ほどは秋アオリイカをボートエギングで狙う釣行をくり返すのですが・・・26日の釣行であまりにもアオリイカの気配を感じなかったのでこの日は沖でアジとサバを狙うプランで出船しました。

イメージ 1


東グリ西グリその周辺の人工漁礁天然礁胴突き仕掛けor天秤フカセで狙うプランです。

イメージ 2
常神半島の岬からのお日さん

先ずは水深68mあたりにある人工魚礁でアンカーを降ろしエサ撒きを始めました。
エサを撒き続けること30分待望のアタリがありました。
幸先良く40cmほどのアジが釣れました。

イメージ 3

続いて40cmのアジが釣れたので爆釣タイムがはじまるのかと期待しましたが潮が急に早くなり胴突き仕掛けではつりにくくなりました。
魚礁を見切り、目と鼻の先にある常神半島エリアで一番魚影が濃い有望ポイント「東グリ」に移動しました。

魚礁の釣りと同じく胴突き仕掛けで釣り始めたのですが先ほどの漁礁と同じく潮が早いのでやりにくいです。
魚探には良い反応が映っているので重めの錘を付けて天秤フカセにシフトしました。
水深70m、天秤を55mほどに下ろすとスグあたりがありました。
その正体は見る前から分かりました。
そう、イサキです。

イメージ 4

食べるには旬を逃している魚ですが小気味良い引きで楽しませてくれます。
写真には無いですが最大40cmのイサキが30匹以上釣れました。
アタリが遠のいてから西グリに移動しました。
ここでも東グリ同様イサキが釣れました。
でも東グリよりサイズダウンです。

午前中だけの釣行と決めていたので次ぎのポイントをラストにしようと決め手場所移動です。
もう一度朝にアジを釣った漁礁に入りました。
潮が緩くなっていたのでドウツキ仕掛けで攻めました。
アジ釣りには期待できない時間帯です。
案の定、エサ取りとシイラしか釣れませんでした。
AM11時半、竿を置くことにしました。

アジ、イサキは30匹ぐらい、50cm〜60cmのぺんぺんシイラが10匹ぐらい釣れました。

この日の帰り道はひとつ楽しみがあります。
琵琶湖の高島白髭神社近くにあった焼肉バンバンさんが移転したので、新しいお店で焼肉を食うことです!!

イメージ 5

一人焼肉でいささか寂しかったですが、新しいバンバンさんの焼肉を堪能することができました。

イメージ 6
タン定食

イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9


早く帰宅できたので釣ったマアジとイサキを料理しました。
何とか晩飯タイムに間に合いました!
アジはさしみ、イサキは刺身、カルパッチョ、塩焼きにしました。
海の恵みに感謝ながら美味しくいただきました。

2018年8月29日第16回目釣行

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事