第七期 九州文学 Kyushubungaku ブログ 文芸同人誌

第七期「九州文学」は、火野葦平、劉寒吉、岩下俊作、原田種夫らが築いた伝統を継承する創造の場 〜昭和13年(1938年)9月創刊〜

★第七期 九州文学 1〜37号★

すべて表示

第37号通巻(560号)2017 平成29年4月1日発行

 「九州文学」掲示板←波佐間義之氏が管理。

第37号通巻(560号)2017
平成29年4月1日発行
イメージ 1
巻頭エッセイ 南洋桜/八重瀬けい
詩 野の仏/坪井勝男‖四月十日 天神地下街 朝/金子秀俊‖桜/吉永賀津子‖太宰府頌(一)/秋山喜文‖蝦
蛄よ 果報は寝て待て/麻田春太‖行方不明/小松桂子‖焼きリンゴ/上野眞子‖新しい年の初めに/高森保
リレーエッセイ 風雪八十年「九州文學」その愛と航跡(7) ・少年物の得意な長谷健/雲江征人‖・九州を舞台に書いた林逸馬/阿賀佐圭子
随想 戦時下の「九州文學」とその周辺/濱松伸作‖
天窓舎“走馬灯”季録(その5)/椎窓猛‖川端康成と筌ノ口温泉/富田幸男
掌(短)編小説 朝の恋人/緑川すゞ子‖激流の結晶/林由佳莉‖ふたつの顔/見良津珠里子
俳句 島の椿/古賀昌代‖袖の露/中園倫‖春光/津田富子
「九州文學」年度賞決まる 平成二十八年度「九州文學」年度賞選考について 興膳克彦
小説 狐の棲む家/三東崇昇‖りゃんけんほい/江口宣‖パパと呼ぶな/中村弘行‖不惑のキックオフ/宮川行志‖或る「ネズミ男伝」/木島丈雄‖オカダの残した赤い石/深水由美子‖望郷五十年/園田明男‖内縁のムラ(後編)/森田盪
九文文芸季評 戦争の悲劇と傷跡を心優しく描く中尾賢吉と波佐間義之。原爆投下直後の長崎の悲惨な状況を伝える富田幸男のエッセイ。/志村有弘‖「現代詩」の制作過程―詩はどのように作られるか/秋山喜文
定期総会のお知らせ・同人募集・編集後記・同人名簿
表紙絵
/石川豊(1926)・題字/椎窓猛
カット/千原稔
 
 
第七期「九州文学」は火野葦平、劉寒吉、岩下俊作、原田種夫らが築いた伝統を継承する創造の場 〜昭和13年(1938年)9月創刊〜
78年の輝かしい歴史と伝統を基盤に良質の文学を目指し新生「九州文学」を模索しています。
主な活動地域:九州全般
掲載ジャンル:小説、詩、エッセイ、俳句、他
創刊:1938年(昭和13年)9月 
七期「九州文学」は、2008年春号4月号第1号(通巻523号)スタートです。
発行:年4回(季刊)
団体名:「九州文学」同人会
参加同人数:100名(2015年1月1日現在)
代表者: 
 波佐間義之         ごあいさつ
連絡先:九州文学編集発行所 (福岡県)
・同人募集中!
文学に熱意を持つ人は第七期「九州文学」編集発行所まで作品をお送り下さい。
《年会費2万円+作品掲載費が必要です。年4冊の本を郵送します。》
・定価 :800円
(福岡県)
紀伊国屋福岡本店  Tel (092-434-3100)
福岡金文堂本店  Tel (092-741-2106)
福岡金文堂大橋駅  Tel (092-511-2311)
ブックセンタークエスト黒崎井筒屋店  Tel (093-643-5530)
朝日書店  Tel (093-652-3636)
積文館新天町本店  Tel (092-781-2991)
(佐賀県)
日新堂書店 Tel (0955-72-4721)
(宮崎県)
岩切書店 Tel(0985−52−5700)
 
国会図書館、福岡県立図書館、北九州市立図書館、北九州文学館、福岡市総合図書館、福岡市立文学館(天神赤レンガ館)などにあります。 
 

☆投票☆

すべて表示

貴方はどんな本が読みたいですか?


.


みんなの更新記事