気ままに山歩き

今年はブログ開設11年目に突入、山登り15年目、自然解説員8年目、富山県山岳連盟の役員6年目、昨年から日本山岳会に入会しました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

<僧ケ岳・東又コース>
魚津市街から片貝川沿いの道を進むと東又谷に入り片貝東又発電所のそばの片貝山荘まで車で入れる。ここから300mほど行くと遭難碑がありその脇が登山口である。取付からいきなり急登でしかも長い。あせらずにゆっくりと登ったらやがて傾斜が緩くなり伊折山に着く。ここからは雪山となり広い尾根歩きが成谷山へと続く。ここからは目指す僧ケ岳が正面に見える。幾つもピークを越え森林限界を抜けるとあたり一面真っ白な雪山となりアルペン的な山登りが楽しめる。標高差1100mあり登り4時間、下り3時間のハードなコース。

片貝川・東又谷の僧ケ岳登山口よりいきなりの急登が伊折山まで続く

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/9e/f4/kyutyan410/folder/1133944/img_1133944_48160372_0?-1

伊折山(標高1336m)からは多少のヤブ漕ぎはあるが快適な雪山歩行

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/9e/f4/kyutyan410/folder/1133944/img_1133944_48160372_1?-1

お椀を伏せた形の成谷山(標高1600m)からは360度の大パノラマ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/9e/f4/kyutyan410/folder/1133944/img_1133944_48160372_2?-1

僧ケ岳までは幾つもピークを越えていく。あちこちに割れ目が目立つ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/9e/f4/kyutyan410/folder/1133944/img_1133944_48160372_3?-1

最後のヤセ尾根を越えるとやっと僧ケ岳(標高1855m)山頂にたどり着く

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/9e/f4/kyutyan410/folder/1133944/img_1133944_48160372_4?-1
(4月30日に撮影)

閉じる コメント(1)

顔アイコン

ずいぶん雪が少なくなってますね。この尖ったところは、歩いてみたかった。行った時は、魚津岳友会の前会長、中島さんとお会いした4月15日でした。 削除

2007/5/6(日) 午前 7:49 [ ほこら2号 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事