ここから本文です
kzのブログ
気ままに・気の向くままに!

書庫全体表示

前回


医学界

イメージ 1


イメージ 2

エルヴィン・フォン・ベルツ

Erwin von Bälz1849年1月13日 - 1913年8月31日)は、

ドイツ帝国医師で、明治時代に日本に招かれたお雇い外国人

ひとり。27年にわたって医学を教え、医学界の発展に尽くした。

滞日は29年に及ぶ。

妻・戸田花子 (1864-1937)

草津温泉を再発見蒙古斑の命名ベルツ水」など。





(Julius Karl Scriba、1848年6月5日 - 1905年1月3日)は

ドイツ外科医である。明治期のお雇い外国人日本における

西洋医学の発展に重要な貢献をした。


1870年代はじめ日本の明治政府はヨーロッパで最も進んでいると

考えたドイツ医学界から、医学教育を革新するために医師の派遣


招かれ内科のエルヴィン・フォンベルツとユリウス・スクリバ

その次の世代として日本の医学教育に貢献した。


を教えた。


目の前には、医学部関連施設群

イメージ 3


北側には、広々として緑が広がるサッカーグランド 

イメージ 4

恵まれた都心の空間だ

イメージ 6

ゆっくりとお弁当を広げる外人さん達も

イメージ 7

裏には、剣道部

イメージ 5


イメージ 8

弓道部の部室が続く

イメージ 9

 

イメージ 10

チョイト高台に向かうと

イメージ 11

むして滑りそう 

イメージ 12

ここは、そう・・

イメージ 13

三四郎池を見下ろす休憩ベンチ

イメージ 14


久しぶりに降りて回って観ようか 


次回

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事