ここから本文です
kzのブログ
気ままに・気の向くままに!

書庫全体表示

前回


 「天災は忘れた頃にやってくる
  を最初に唱えた寺田寅彦の警句
 「起きてしまった災害を忘れることなく日々の備えをしよう」
                      という意味
寺田寅彦(1878〜1935年)物理学者
第五高等学校(現・熊本大学)で夏目漱石に英語を習い、漱石が主宰する
俳句結社に参加したことから、生涯親交を結び、「漱石の一番弟子」
イメージ 1
『吾輩は猫である』に登場する水島寒月は、寺田がモデル
『三四郎』にも、寺田は、野々宮宗八の名前で登場している

イメージ 2
防災学者でもあった 寺田は物理学者として数々の業績をあげたが、
防災学者として地震・台風・火山などの被災地を調査し、
そこから得た教訓を一般向けの随筆に著した

吉村冬彦(大正11年から使用)、寅日子牛頓(“ニュートン”)
藪柑子(“やぶこうじ”)筆名でも知られる。
高知県出身(出生地は東京市

絶対に忘れない 2011.3.11 東日本大震災現状視察

東京電力福島第1原発事故で、福島県から新潟県に避難した人の
生活実態を把握するため、新潟県はアンケート調査を実施した。
今後の生活について「帰還予定がない」と回答した人は全体の39.7%「判断がつかない」と答えた人を合わせると全体の約7割に上る。
原発事故から7年
故郷での生活再建の難しさが改めて浮き彫りとなった。
 調査は新潟県と民間調査会社が昨年10〜11月に実施

新潟県内に避難中か、過去に避難して現在は他県に住む
計1174世帯が対象で、約4割から回答を得た。
 帰還予定がないか、判断がつかないと答えた人に理由を尋ねたところ、
「残留放射線による健康への不安があるから」が60.6%で最も多く、
「子どもの将来を考えると不安」「帰っても仕事がないから」が続いた。
 就業形態の変化では、正規職員が避難前の
40.7%から29.6%に減少
パートやアルバイトなど非正規職員は18.9%から24.0%に増えた
現在の賠償制度については全体の66.1%が不満と回答
特に避難指示区域以外から避難した人では72.0%に上った
 被ばくに関する将来の健康への影響を問うと、54.3%が不安と答えた
結婚や出産の際、被ばくに関する差別や偏見が不安と答えた人も56.9%
不安の割合は、いずれも避難指示区域外が区域内の避難者を上回っていた
避難による人間関係の変化では
「避難元の近所や地域のつながりが薄くなった」
と答えた人が全体の約7割を占めた。
 新潟県は、県内にある東電柏崎刈羽原発の再稼働に同意するかどうか
判断するため、福島原発事故の検証を独自に進めている
米山隆一知事は検証に約3年かかるとしており、
原発事故が健康に及ぼした影響なども調査する と・・

昨年の福島ツーで改めて見た現状は、悲惨だった、
人が立ち入ることのできない地域は、ますます荒廃し
人々が本当に戻ってこれるのかと・・
広大な被災地の中でも目を見張るような
復旧し復興している地域も見受けられているが、、
帰宅困難地域では、
忘れられて見捨てられる不安が、増幅しないように
現地で献身的に地道に続けられている作業を
我々は、忘れてはならないと 


  • 顔アイコン

    おはようございます
    こちら河内地方は、南海トラフ地震が恐怖なんですよ・・・☆

    n.yoshii

    2018/3/11(日) 午前 8:26

    返信する
  • 顔アイコン

    「この下に家作るべからず」
    の先人の
    言葉を無視した結果
    皆の税金投入 削除

    [ 897969 ]

    2018/3/11(日) 午前 8:32

    返信する
  • もう、あんな恐怖は勘弁して欲しいですよ…
    南海トラフ地震がきたら実家が…
    ((((;゚Д゚)))))))

    [ hk_littlewing ]

    2018/3/11(日) 午前 10:00

    返信する
  • 顔アイコン

    > n.yoshiiさん
    本当に日本中、
    心配な天災にビビってますよね

    [ kz ]

    2018/3/12(月) 午前 8:52

    返信する
  • 顔アイコン

    > 897969さん
    昔から先人の教えを基に
    人類は、活きてきたんですからねぇ

    [ kz ]

    2018/3/12(月) 午前 8:55

    返信する
  • 顔アイコン

    > hk_littlewingさん
    世界中に大きな災害が起きてきてますが、
    多くの惨状を克服してきながら・・
    の繰り返しは、自然界の力に人類が、
    未だに敵わないという事なんですね

    [ kz ]

    2018/3/12(月) 午前 9:01

    返信する
  • 最近はありませんが
    昨年も被災地に荷物を運びました

    1度は津波で無くなってしまった小学校の新築現場へ・・・・
    それまで子供達はどこで学んだのでしょう?

    そしてレンタルビデオ店
    道の駅で「やっとビデオが借りれる」って言われて
    こんな私でも役に立ってると実感できました(^ー^)

    阪神大震災では多くの同級生を亡くしましたから
    被災された方々に役に立てるのは嬉しいことです(*´∀`)♪

    [ マジ ]

    2018/3/12(月) 午後 2:20

    返信する
  • 顔アイコン

    > マジ?さん
    ホントですね!
    TVなどで放映されていない状況が、
    現地に出向くと目の当たりにして呆然とします。
    風評被害も現実とは、大きく異なることが、分かります。
    毎年のように出かけて被災地地元の計り知れない
    ご苦労を知ります。
    何んにもできませんが、三陸の海産物を沢山食べたり
    福島の桃をまとめ買いをしながら回り
    被災地の復興・復興を願ってます

    [ kz ]

    2018/3/12(月) 午後 4:38

    返信する
  • 顔アイコン

    こちら静岡はもろ地震が恐怖なんですよ・

    eigekaii

    2018/3/14(水) 午後 5:54

    返信する
  • 顔アイコン

    > eigekaiiさん
    忘れたくても忘れられない地震への恐怖は、
    日本中では、常に必要ですね。
    万全な対策はないにしろ
    心構えは、忘れたはならない後思いますね

    [ kz ]

    2018/3/15(木) 午前 7:23

    返信する
  • 顔アイコン

    この震災で 良くも悪くも 確認できたことは
    多々あったのかと 思いますが・・・
    自分に家族 ペットに友人 等々
    出来れば みんな
    経験したく(させたく)ありません
    だからこそ 心構えや準備など..... 必要ですね。

    [ 篠束白猫会 ]

    2018/3/15(木) 午前 8:19

    返信する
  • 顔アイコン

    > 篠束白猫会さん
    ・・ほんとですね!
    他人事ではなくて自分自身に降りかかった災害は、
    どんなに深く辛い事だと 想像もつかないほどに
    大きなものだと思います。
    忘れた頃にやってくる・・なら
    ・・忘れない事なんですね

    [ kz ]

    2018/3/16(金) 午前 7:50

    返信する
  • あの時は本当に酷かったです…
    揺れでドアが開かず
    猫と二人、死を覚悟した瞬間でした…
    自身のブログにも当時書いていますが
    食べ物も無くひもじい毎日。
    大きく報道はされませんでしたが
    茨城は間違いなく被災地でした。

    かぁまたきち

    2018/3/20(火) 午後 1:32

    返信する
  • 顔アイコン

    > かぁまたきちさん
    小生も凄い揺れで、TVが、棚から落ちそうになったので、慌てて押さえに・・その瞬間に座っていた処に 大きな馬の置物が落ちてきてばらばらに・・
    報道もされない沢山の被害が、各地で、
    起こっていたんですね

    [ kz ]

    2018/3/20(火) 午後 5:02

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事