ここから本文です
kzのブログ
気ままに・気の向くままに!

書庫全体表示

記事検索
検索

全153ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

前回

2017.11.5
まぁ・・旧街道見物していると
 色々と不可解なものを観ることが出来るね 
旧中山道の中でも3峠に閉ざされた長久保宿
 茂田井間の宿芦田宿と自然な侭の旧街道が、

  こんな日本の原風景が、イイんだなぁ 

動画編


タイムライン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
中山道六十九次のうち江戸から数えて27番目宿場
元々は長窪宿と表記していた・
 久しく保つの意味の「久保」に縁起をかついだらしい 
イメージ 5
難所に挟まれた宿場だったので、比較的大きな宿場
イメージ 6

イメージ 7
宿場の発展と共に町並みが横丁の先に広がり、
 カギ型に曲がった珍しい形の宿場町 
イメージ 8

イメージ 9
信濃諸藩では、「信濃全国通用銭札」を発行し、また主要な街道の宿場では
宿場札を発行し対処した。特に中山道では多く発行されたが、長久保宿では
明治2年10月まで使用された「縮限通貨」を六百二十四分、百分、四十八分、二十四分の4種類を発行し利用した 
イメージ 13


イメージ 32


イメージ 10
長久保城祉に上る道案内があり、石仏めぐり
イメージ 11
旧中山道は斜め斜面に道があった」と表示されている(標高900m)
  雁取峠とも呼ばれた
イメージ 12

イメージ 27


イメージ 25

イメージ 26

イメージ 34

イメージ 14

イメージ 15
松並木小諸藩が幕府から下付された七百五十三本の松を領民とともに峠道
約十五町(約1.6km)にわたって植樹した
イメージ 33
安藤広重中山道六拾九次の「 長久保宿 」「 芦田宿 」「望月

イメージ 16
銀明水金明水という立て札があったが、水は出ていない 

イメージ 17
中山道26番目の芦田宿は、芦田(依田)氏の浪人、岩間忠助と土屋右京野左衛門が、神官今井曽五郎とともに、慶長二年(1597年)に蓼科神社に納めた文書(願文)により、新駅の設立を願い出たことが伺えます 
このことから北佐久地域では最古の宿場とも云われています
イメージ 18
南縁には蓼科山八子ヶ峰がそびえ、
 白樺湖女神湖蓼科牧場などの観光地がある
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22
かつての 旅籠等も残されて  昔の町並みの面影が いたる所にある 
イメージ 23
イメージ 24

ノンさんお気に入りのモニュメント 
イメージ 36

既に廃業されているのに屋号代わりに吊るされた大きな下駄に(゚Д゚;)

イメージ 28
間の宿も整っていて素晴らしい 茂田井 

イメージ 35
茂田井村は「間の宿」と呼ばれ、旅籠を持たない休息処
これは幕府による本宿保護のために出した禁令によって、
本宿以外での宿泊を取り締まったためです 

イメージ 29
澄んだ水が流れる用水路に沿って続くイメージ 30
白壁の堂々たる構えの造り酒屋が2軒
イメージ 31

    坂に沿って 江戸時代の面影の残るいい旧街道だ

         さて 朝廷の牧場・・とは? 



この記事に

前回

2016.8.10
見事な曲線の「鶴の舞橋」からすぐの青森県田舎館村 
近頃は、あちこちで「田んぼアート」が、騒がれているけど
1993年村起こしの一つとして始まったそうな
 2010年以降になるとこれが日本全国にまで広まり、
  全国田んぼアートサミットも開催されているね 

禅林街33の曹洞宗の寺院が林のように並木道
山形県酒井市 日本一の大地主として知られた酒田の本間家
おもてなしの心」や商人としての気概、地域貢献の精神は、
 今も酒田の人々に語り継がれています 


動画編

タイムライン
イメージ 1

岩木山の雄姿を眺めながら田舎館村へ 

イメージ 2
田舎館 青森県中央部、津軽平野に位置する
イメージ 3
田舎館城址中世城郭の跡地 垂柳遺跡 
イメージ 4
イメージ 5

イメージ 6
田んぼアートは田んぼをキャンバスに見立て、
  の異なるを植えることで巨大なや文字を作る 
イメージ 7
大規模なものの多くは斜め上から見る前提で図案を設計し、
 これに基づいて遠近を考慮して植えられている 
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13



イメージ 14
元和元年(1615)には城下町と禅林街との出入口部分に枡形土塁が設けられ、禅林街全体が弘前城の出城や郭のような軍事的な施設的存在として位置づけられていました 
イメージ 15
黒門のある上寺通りに20ヵ寺、赤門のある下寺通りに12ヵ寺、
上寺通りから離れた場所に1ヵ寺の合計33ヵ寺 
イメージ 16

イメージ 17
全てが曹洞宗という全国的にみても類例がない寺院街で貴重な存在 
イメージ 18
イメージ 19
「津軽氏城跡 弘前城跡長勝寺構」
イメージ 20

イメージ 21
仏語・解脱に至る方法である3種の三昧 (さんまい) 
一切を空と観ずる空解脱
一切に差別相のないことを観ずる無相解脱
その上でさらに願求 (がんぐ) の念を捨てる無願解脱
三三昧 (さんざんまい)  
イメージ 22



イメージ 23
秋田も見所の宝庫だ
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28


イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35


ミスコースも早めに気付いて 
イメージ 36

イメージ 37
酒田を代表する廻船問屋
イメージ 38
江戸時代を通じて繁栄し、
日本海海運に大きな役割を果たした姿を今に伝えております 
イメージ 39

イメージ 40
井原西鶴の「日本永代」にも紹介されたほど 
イメージ 41
本間氏(ほんまし)は佐渡本間の分家で、山形県酒田市を中心に農地解放による解体まで日本最大の地主だった家
本間様には及びもせぬが、せめてなりたやお殿様」という歌も詠まれ、
  琵琶湖の所有者でもあった 
イメージ 42
江戸時代は他に北前船交易の盛隆もあり三井家住友家に劣らぬ大商家
本間ゴルフ創業者の本間敬啓、裕朗兄弟は酒田本間氏庶流にあたる 
イメージ 43


    ヤッパリ此処は、

       寄って行かなければね 
































この記事に

前回



    生命の言葉  平成二十九年十二月

イメージ 1


和風月名「師走」:歳月不待人、一年の総決算の月
今年一年を振り返り、新しく来たる年を笑顔で迎えられまするうに
体調管理を十分に行い計画的に過ごしたい慌ただしい年の末です
一方では、極月臘月氷月春待月などと称され
二十四節気では12月7日に大雪、22日に冬至となります 

12月25日のクリスマスまでの4週間をアドベント(待降節)
キリストの誕生日を待つ期間で、いただく「シュトーレン」という
焼き菓子があるそうな 
我が家では、家内が、焼いた干支パン 
イメージ 2

イメージ 3
  チョイと見 タヌキかクマに見えるけど 
イメージ 4

イメージ 5



2018年(平成30年)は戌年(いぬ年)「干支は戌・いぬ」
「干支」とは、正確には「十干」と「十二支」の組み合わせです
十干は「戊(つちのえ・ぼ)」、十二支は「戌(いぬ・じゅつ)」
干支は「戊戌(つちのえいぬ・ぼじゅつ)」が、正式なようです

いよいよ我が家のお犬様たちの出番がやってきたかな 
イメージ 8

風邪などひかないように用心して 
イメージ 6

そうそう・・クリスマスが楽しみだね 🎄
イメージ 7

年末のご挨拶を既に頂いておりますが、
直ぐに食べる事の出来るものは、特に嬉しいですよね 

イメージ 9

イメージ 10


イメージ 11

イメージ 12


イメージ 13
早速にいただいてます 
イメージ 14

イメージ 15

公園もすっかり冬景色 
イメージ 16

イメージ 17
渡り鳥達も数が増しました 
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21
公園で元気よく遊んでいる子供達を見るのはうれしいね 
イメージ 22

イメージ 23


     さぁ‥残り1か月 

        無事に過ごせますように 

この記事に

前回


2017.11.5
信濃国一之宮 諏訪大社下社春宮と川を挟んで鎮座している 
 何とも不可解な石像が、「万治の石仏
  あの岡本太郎レベルではないと解らないようだね 
中山道一の難所を控えた和田宿にある
 拘りの蕎麦師 徳田偉そば技 


動画編


タイムライン
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

長野県諏訪郡上諏訪町(現・諏訪市)出身の小説家新田次郎も万治の石仏を賞賛しており、新田は万治の石仏がイースター島の石人の頭部が日本へもたらされたとする大胆な想定を行い、この想定を基に
小説「万治の石仏」を書いている 
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

この石仏は自然石で石質は安山岩でつくられています

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19



イメージ 20
元治元年(1864)11月20日水戸浪人(天狗塔)の総勢千余名が、和田峠で、待受けた松本・高島藩士と争い、多数の死傷を出した。それを慰霊する塚
塚の周りは多数の桜の木があり、開花時には見事だそうだ 
筑摩山地を越える峠の一つ
イメージ 21

中央分水界にあり、峠の北側は千曲川を経る信濃川水系で水は日本海に注ぎ、峠の南側は諏訪湖を経る天竜川水系で水は太平洋に注ぐ

イメージ 22

国道142号に昇格してからの和田峠は、対向2車線を確保できない狭隘ぶりから、年々増加する自動車交通を捌ききれなくなったため、代替路として大きくルートを変え、低い標高の新和田トンネルで貫通する

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

和田峠の戦い
1864年12月18日元治元年11月20日)、和田宿から下諏訪宿へ向かって峠を通過した水戸浪士天狗党高島藩松本藩連合軍が交戦し天狗党が勝利した

イメージ 26
日本橋から50番目の一里塚

イメージ 27

尾根道のビーナスライン旧霧ヶ峰有料道路旧中山道と交わるかたちで通っており、旧道のトンネルの長和側出口付近で接続されている 
ビーナスラインが有料だった頃は料金所が設置されていた 

イメージ 28

イメージ 29

冬季の降雪も多く、中山道最大の難所 このため、途中に何箇所か旅人のための避難所や茶屋が設けられていた これらの茶屋は「西餅屋(下諏訪宿側)」「東餅屋(和田宿側)」接待(和田宿側)」などと呼ばれ、
いまでも地名にその名を残している

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

中山道は、江戸幕府によって整備された街道であり、平均すると2程度の間隔で宿場町が置かれていたが、この和田峠は険しい山の中にあり、
峠の江戸側の和田宿と京都側の下諏訪宿の間隔は実に5里半弱と長い
イメージ 34
文久元(1861)年3月 大火で 大半を焼失したが  
既に 皇女・和宮の 宿泊が決まって
いたため  慌ただしく 昼夜兼行で再建復旧につとめ 
無事迎えることができた 

イメージ 35

イメージ 36
12:50
イメージ 37

イメージ 38

三種盛」手前の黄色っぽいのが「韃靼蕎麦(だったんそば)」
中ほどの白いものが「更科蕎麦奥が「田舎蕎

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42


さぁ・次は、長久保宿へ 


次回





この記事に

前回


2017.9.29
中禅寺湖畔での旧大使館で洒落たランチを諦めて 
 日本ロマンチック街道をルンルンクルージング 
尾瀬市場で、「こんにゃく7種を土産に
 尾瀬ジャンボバーガーで腹ごしらえ 

  帰り道までもキラキラな景観でしたね 


動画編


タイムライン
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

784年、日光開山「勝道上人」によって建立されたお寺で、
世界遺産日光山輪王寺」の別院
坂東三十三観音霊場の第18番に位置付けられている
イメージ 4

イメージ 5

今頃はこんなかなぁ
イメージ 6

イメージ 8


イメージ 7

全長約320km

イメージ 9

イメージ 10

戦場ヶ原という地名は、
山の神がこの湿原を舞台に争いを繰り広げたという伝説に由来している 
イメージ 11

イメージ 12

かつては太平洋戦争後の満蒙開拓団入植者の引き上げ地と知られ、
農地内の『戦場ヶ原開拓之碑』にその歴史が記されている
イメージ 13

標高1,843mで、国内のトンネルでは最も標高が高い。トンネル延長は755m

このルートは、とても清々しい気持ちの良いライディングが楽しめる 
群馬県片品村 ”菅沼
イメージ 14

イメージ 15


イメージ 16
丸沼の南側に位置する日光白根山片品村の北東部、標高2,578m
群馬県と栃木県の県境に位置する日光火山群の主峰

イメージ 28



イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22


イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25



イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33


イメージ 34
イメージ 35


イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38




    いゃぁ・・今回もいい旅が出来ました  







この記事に

全153ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事