ここから本文です
kzのブログ
気ままに・気の向くままに!

書庫気ままなブラブラ・サイクリング

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]




3月も中旬になると気持ちの良い日中に自転車に乗って 音譜
イツモノ 『観善寺』へ

戦国大名の末裔である今川氏菩提寺

境内にある今川氏累代の墓は、東京都の旧跡に指定



枝垂桜紅葉などの名所としても知られている


慶長2年(1597年)9月、中野にある成願寺の住職・鉄叟雄鷟によって、
多摩郡下井草に創建された。当初は観音寺と称していた
今川氏は、室町時代戦国時代駿河国(現静岡県)などを治めた
一大大名であったが、
桶狭間の戦い今川義元織田信長に敗れたのち没落した
今川氏は明治時代に断絶したが、
現在の当地の地名「今川」の由来となっている
今川氏累代の墓…都指定旧跡。今川氏真以下歴代の領主が眠っている



さぁ‥目的のランチタイム
日本一のカツ丼と称される「坂本屋」・・・は、休みかぁ ショボーン
でも・
西荻駅周辺は、美食の店が、沢山・・何処にするか ウシシ

ならばと・・西荻窪で地元に愛されているステーキ屋さんナイフとフォーク クラッカー

続きは、こちらへ

前回

夏日の東京は、ほぼ真夏の様相 
少し風もあるので、近場のサイクリング 
そう云えば、、昨年から修復中の「観泉寺」の庭をと・・
自転車に乗って出かけてみました 
山号宝珠山
イメージ 2
宗派
曹洞宗
イメージ 3
イメージ 4
創建年
慶長2年(1597年
イメージ 5
開基
今川氏真
イメージ 6
戦国大名の末裔である今川氏菩提寺である
イメージ 7
などを治めた一大大名であったが、桶狭間の戦い
今川義元織田信長に敗れたのち没落した
イメージ 8
今川氏は明治時代に断絶したが、
現在の当地の地名『今川』の由来となっている
イメージ 9
オォ‥すっかり工事が、終了している
イメージ 10
枝垂桜紅葉などの名所としても知られている
イメージ 11
綺麗に苔が、一面を覆う
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
イメージ 15
さり気無く・・静かに眺められる庭園
イメージ 16
イメージ 17
夏日の暑さも 何処か涼しげだ
イメージ 18

イメージ 19
文化財
今川氏累代墓(都旧跡)
今川氏累代の墓…都指定旧跡
   今川氏真以下歴代の領主が眠っている
イメージ 20
イメージ 21
ふっと落ち着く一言が、、
イメージ 22
当寺院が母体となって、
隣接してある『観泉寺幼稚園』を運営している
環境が良くって広々した園内なのだ
イメージ 23

たまにお寺にサイクリングもいいもんだね 

前回

早朝の犬の散歩から気持ちの良い日差し 

久しぶりに自転車に乗って近隣をぶらついてみた 

まだ・・秋の気配が、色濃く見られると云うわけでもないし

歩道には、沢山の落ち葉が、落ちているが、この時間になると

もう綺麗にかたずけられているところがほとんどだ 

イメージ 23


坂の途中にこんな大きなケヤキが、、

イメージ 24


ほぉ・・此方の角は、こののために残した公園なんだ

イメージ 25


日差しの強い時は、この木の下で、休憩もいいねぇ 

イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28

ホットできる小さな公園だね
イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

誰も居ないときに是非一度滑ってみたい 
なが〜い滑り台
イメージ 33

辺りを見わたすと
イメージ 34

イメージ 35

叔母ぁちゃまが、お一人で黙々・・体操中 
イメージ 36


以前にも紹介した

気ままなブラブラ・ランチ・サイクリング 後篇


大朝露童子:薮内佐斗司 作


 不老長寿の仙薬は、早寝早起き朝の露

  日の出とともに飲み干せば
精気横益 回春萬歳 

イメージ 37



イメージ 3
このを観ながらコーヒーブレイクランチもできる 
イメージ 1
美味しそう‥

まだランチには早いし

イメージ 2

あちこちの店を覗きながら西荻窪駅周辺まで、、、

日本一の「かつ丼」の坂本屋も

まだシャッターが、下りているし、、

よかった・・もしも開いていたら
ヒョイット・・・入っていたかも 

自転車を手引きしながら南口へ

ほぉ・・流石

絶品・・タンメンの「はつね」にはもう行列が、、
もうそろそろ11:00
こんなそんなで、、小腹が、空いてきた

イメージ 4
さっきの公園で見かけた童子
イメージ 5

イメージ 6
今度、廻ってみようかな・・
イメージ 7

と振り返ると・・
イメージ 8
シッカリト店の前に止めてあるのだ

外にも券売機がある

イメージ 9

えぇ・・丼ぶりもをやっているんだぁ 
先日の元禄寿司屋のカレーや天丼も驚いたが
イメージ 10
いつの間にやらこんなにメニューが、豊富に・・
イメージ 11

昼には早いが,後学のために・・・
店内も相変わらず、、綺麗にしているね
イメージ 12
でも…お決まりの天玉蕎麦
温泉卵も同じ値段で¥480
イメージ 13

いやぁ…美味しそう
ラーメンとは、また趣が違うねえ 

イメージ 14

うっ・・めぃ  

此れは、、飲み物かぁ 
イメージ 15

駅前立ち食い店が、どんどん近代的になってますが、

お味は、変らず・・・名代ですなぁ 

イメージ 16

あれっ・・

帰りの住宅街には、

イメージ 17

もうこんな時期なんだと思いながら帰ると


えぇ・・

家内が、お昼にと 

・・ふわふわシホンケーキ肉まんが、、、


「チョイト食べて来た」


とは、、言いずらい雰囲気  

ベルが、「お手伝いしましょうか」と待っている 

イメージ 18
今度のは、更に美味しく改良したとかで、、
イメージ 19
沢山・・どうぞぉ、、って 
イメージ 20

此方も魅力的とばかりに

遠慮なくバクつきまして
イメージ 21
すっかり「富士そば」を忘れてました
イメージ 22

満腹です 

十二分に時間差で、

と味わえました・・・

次回


前回

近所でのお花見スポットNo1は、やはりナントいっても此処


イメージ 1



今回は,既に盛りを過ぎてしまった感があるが、どうだろうか
此処は、吉祥寺駅から近くで、何でもそろっている 

1917年大正6年)5月1日開園。
イメージ 2


その代わりに物凄い人出で、世界中の言語が飛び交っている


池の周りには、楽しげなお花見宴会が、繰り広げられている

イメージ 3


やはり平日でも団体やグループが多くかなり賑わっている

イメージ 4


今日は、あいにくの曇り空と強い風が吹いているが
ボートの数は、石神井公園の比ではない、、待ち時間も大変


井の頭という名称は一説には家光によって名づけられたものと伝えら

れ、自ら小刀で弁財天の傍らのこぶしの木にその名を刻んだとも伝えら

れる。現在、その場所にはその伝承を記した石碑が建てられている。


井の頭公園を管理している東京都ならびに東京都西部公園緑地事務

所は、公園内での露店による販売行為を禁止している。


イメージ 8

彼方此方で、順番待ちの列ができている 

イメージ 5



井の頭という名称の由来については、えんかしら、この水の美しさ」と

家光が驚嘆したことがその後に転じて「いのかしら」になった、

とする説もある。

イメージ 6


自転車をひきながら南はじの「ひょうたん橋」まで来たが、、
今回は、ジブリ美術館の方まで、この混雑の中、とても行く気には
なれず駅方面に戻ることにした


イメージ 7


今日も「いせや」によって

アツアツの「焼き鳥」でチョイト 一杯やって帰ろう・・・



前回

昨年と比べると随分と脚力が落ちていることが分かる
情けないなぁ・・などとぶつくさ独り言を言いながら 
僅かな坂道でも、喘ぎながらペダルをこいでいる自分がいる

イメージ 1

石神井川は、小平市・西東京市では「悪水」、西東京市・練馬区の

一部では「大川」、練馬区・板橋区では「石神井川」、北区では、

音無」「王子川」「滝野川」と呼ばれていた 

イメージ 3

東京小平市花小金井南町にを発し、東京都北部を東へ流れて

北区堀船三丁目で隅田川合流する。

東京都小平市、西東京市練馬区板橋区、北区の各自治体を等

東京都を流れる一級河川で、荒川水系の支流であり

流路延長25.2kmも続く 

イメージ 4

小平市花小金井南町の
小金井カントリー倶楽部西側付近に

源を発している     ☜そう云えばし此処 暫く 行ってないな 

石神井川は武蔵野台地東端の北区王子付近で渓谷音無渓谷)を

作り、いくつものを落としていた。これは埋没谷上の沖積低地

ゆったり流れることの多い、武蔵野台地の川の流れ方としては例外

的である。武蔵野台地を流れる川で渓谷を持っているのは、他に

沢川等々力渓谷)と神田川 (お茶の水渓谷)のみである

イメージ 2

小平市・西東京市に含まれる上流部は湧水のみによって涵養され
る小河川であり、流量は少ない。
練馬区に入ると、武蔵関公園の富士見池、石神井公園の三宝寺
池、豊島園などの湧水や河床からの湧水を合わせ、流量を増し
てくる。現在、富士見池三宝寺池は湧水が減少し、地下水の
水などによって池の水が維持されている。

前回の三宝寺池石神井池石神井川に接続していないのだ

毎年のように訪れるこの一帯は、整備されている 

イメージ 5

1時間あたり75mmまでの大雨に耐えるための拡幅工事が進んでお

り、川沿いに存在する「桜の辻」と呼ばれるの名所が失われる

可能性がある。

イメージ 6

両岸の都営アパート内にも沢山の花壇があり今が盛りの草花が、

色鮮やかにその美しさを競ってくれている 

イメージ 8

近所の養護施設からだろうか

車いすに乗って多くのお年寄りが付き添われながらいる。

ユッタリノンビリ安全お花見を楽しむことのできる場所だ

イメージ 7

昨年までなら武蔵関公園小金井公園まで足を延ばすところだが

どうも今年は、チョイト無理っぽいので 

井の頭公園へ向かおう・・

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事